芝居を手にした黄兎の日々

芝居を再び手にした私が繰り広げる、やや外れた日々。
でも、きっと面白い日々に違いない。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

第一歩が始まります

公演が終わってすぐくらいに、Facebookにアップした
文章をこちらにもアップします。
他のブログ記事とかアップしてからブログに書こうと
思っていたことだったんだけど、勢い余って、先に書いて
しまったので、ここにアップするのが遅くなってしまいました。

良くみたら千秋楽の日に書いてあったので、
割と勢いとか気持ちで書いたので、意味が解らないところも
あるかなと思うのですが、きっとそれは、これから
分かってくる所だと思います。
もしよかったら読んでください。






劇団フロンティア シアター第43回公演 実験リーグVol.2
「みんなの宅配便」
全6回公演 すべて終了いたしました!

この作品をやりたい、というのは、2015年の12月位から
思っていて、2016年3月のフロンティア「赤シャツ」の
楽屋で、てらしーに初めて声を掛けました。

そこから1年間。

思ったよりも時間が無くて、企画としての、のとえみや
制作としての、のとえみに時間を結構とられて、稽古も
なかなか思うようにスタートできませんでした。

芝居がこの公演で観ていただいた形にようやくなり始めたのは、
2017年2月の下旬。

3月に入ってからは初日まで毎日稽古をして、ようやく
皆さんに何とか観てもらえるものになりました。

わたしとてらしーだったから出来ることだったって思いますし、
この2人だから何とかなる、何とかする、っていう、なんか
よくわからない信頼がありました(笑)

数年前に初めて会って、一緒に芝居をするようになって、
本当に縁というのは不思議なものだなぁって思います。
きっと中学とか高校生時代に出会っていたら、
こんな風に一緒に舞台を作ることもなかっただろうなって
思います。

ちょっと遅咲き、30も半ばに差し掛かってからのスタートで、
残された時間は短いかもしれない。けれど、それでも、
今この2人でスタートをしたのがベストタイミングだと
思っています。

なにか、面白いことをもっともっとしていきたいと
思いませんか?わたしとてらしーがなんかすっごい楽しそうで
あー、この輪の中に入ったら楽しいかもしれない、
そんな風に思ってもらえたら凄く嬉しい。

あのね、わたしも結婚していたりして、色々制約があるんです。
遠慮したり、お願いしたり、時間を貰ったり、自分のやるべき
ことは必ずやらなければならなかったり。

それでも、これだけなんとか演劇をする時間を作っています。
恵まれているのはわかっています。本当に周りには感謝して
います。周りの人のお蔭で私は演劇を続けていられます。

不安で、辛くて、しんどくて、お金もかかって、時間も
なくて、仕事も忙しくて、そんな毎日かもしれません。
その中に、全力で何かをする時間ってありますか?

人間は弱いから、ひとりではできないかもしれない。
でも、もし、私たちと一緒で、私たちがほんの、ほんの
ちょっとだけ前を走るとしたら、ついてこられるって
思ったりしません?
いや、わたしが転んじゃったり、私の方が走るのが
遅かったりすることももちろんあるんだけど。

いつか、そう遠くない未来、そんなことがあるかも
しれません。その時に、わたしはそんな誰かに声を掛けても
いいのでしょうか。こんなわたしたちを待ってくれる人は
いるのでしょうか。

もうちょっと頑張ります。

だから、その時がきたら、力を貸してください。






これが、3月26日のこと。
そして、終わりからの始まり。

また、あの楽屋で、シアターの舞台の上で、
別の始まりをすることになろうとは・・・。
私もこんなことになるとは全然思ってなかったので、
めちゃくちゃ動揺して(むしろ今も動揺してます)、
なんとかその気持ちを整理するためにこの文章を
書いたんだろうなと、察します・・・自分のこと
ながら・・・。


そんなわけで、私は半ば強制的に走ることに
なってしまったわけですが、それも楽しんでいます。
楽しい。
また楽しいことがやってくるんだと思うと本当に
嬉しいです。

そして、まず第一歩として、わたしたちは行動を
起こそうと思います。うーん、むしろもう起こしてる、
のかな。うん、起こしてると思います。
まだそれが始まりだとは思っていないと思うけれど、
わたしたちは始めています。

とりあえず一番最初にしたいことは、ちょっとずつ
進んでいます。こちらからアプローチすること。
それでも上手くいかないこともあるから、全部が全部
叶うとは思っていないけど、それでも出来るだけ叶えたい。
逆に、アプローチをくれるのも嬉しいって思う。
きっとわたしたちは最低限のラインをまず見つけようと
するんだと思う。だから、それがひっかかったのなら、
声を、かけてくれればいいと思う。
そこから改めて始まることもあると思う。





なにか面白いことをしたい。
今からじゃ遅いとか、そんなことは関係ない。
どうなるのかわからないけど、本当に楽しみです。


演劇ムーブメントえみてん | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


よく読まれてます☆ どうでもいいことから壮大なことまで答えてます。











 携帯からも!
qrcode
経済指標