芝居を手にした黄兎の日々

芝居を再び手にした私が繰り広げる、やや外れた日々。
でも、きっと面白い日々に違いない。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< フライングカラオケ | main | ひととなり >>

打ち合わせ4

もはや毎週恒例になりつつある、台本打ち合わせ。
…早いもので4回目ですか。台本は本日で5回直したものを持参。

前回流れが非常に悪く、展開もわかりにくいということで、
今回はとにかく単純な展開に気をつけて行くことに。
なるべく不自然にしている台詞や描写をカット。
それから、全体を見て前半で投げまくっていた台詞から、
伏線で最後につなげられそうなものだけをチョイス。
拾えなそうなものは、カットするか放置プレイ(爆)

ようやく、何とか作品にまでできそうな雰囲気になりました。
後もう一度今日指摘された箇所を修正です。

今回は演出がちょっと凝っているので、芝居の方も台本を
書きながら、ニュアンス等を決める感じになっています。
…原案とは大分違う形になってしまいましたが、そこには
なかった良さとか幅も出てきたので、聴いて頂く方を選ばない
感じの作品に最終的にできるんじゃないかなと思います。


私の作る作品のターゲット層って、多分他のラジオドラマを
聴く人たちよりも年齢が高いと思います。
ファンタジックなものって出てこないし、たとえあったとしても、
それが最終的には現実にかえってくる。そういう部分で、
物凄く若いリスナーよりは、同じ年齢かそれ以上の人たちに
向けたものを作っているような気がします。
私のサイトに来てくださっている方も、私と同じくらいか、
それ以上の方が多いと思うので、自然にそうなる感じがします。
…むしろ、私が結構現実的な考え方をするので、私よりも
大人な人たちが自然に集まってくるのかもしれませんが。

とりあえず目標の収録には何とかこぎつけられそうです!

  つきはいつも | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック


よく読まれてます☆ どうでもいいことから壮大なことまで答えてます。











 携帯からも!
qrcode
経済指標