芝居を手にした黄兎の日々

芝居を再び手にした私が繰り広げる、やや外れた日々。
でも、きっと面白い日々に違いない。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< もしも、もしも当たったら | main | 役者さんのバイト事情 >>

デジタル化計画



今時、カセットテープ!?って感じですよね(笑)
ですが、これが高校時代の記録です。

放送部に入ってて、色々ラジオドラマ作品をつくっていたのは
割と有名な話ですが(笑)、その時代、作品を提出するのは
カセットテープでした。
その作品達がコンテストに出されるごとに、私も自分用に
ダビングさせてもらっていたわけです。
さらに、入賞してラジオ放送で流れるとそれもまた録音して…。

それがくり返された歴史がこれらのカセットテープなのです。


でも、これカセットなので、劣化していくし、カセットを再生
する機械自体がなくなってしまうかもしれないし…。

というわけで、これらの作品達をデジタル化することに。
これでパソコンで楽しめるわけですね!(笑)


もう10年くらい前の作品になるわけですが、
芝居の勉強をする前はこんなんだったのか〜とか、
色々面白いです。
  外部作品 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

 同世代の人間として。
 当時はMDが最先端。直に声をMDに録音と
言うのはあったのか?という時代。まだまだ
カセットが主流でしたね。それが今じゃねぇ。
時の移ろいと技術の進歩は恐ろしいや。

 うちの学校は見学しか出来ませんでしたが、
見学とはいえ「NHKホール」に入ることが
できるのは楽しみでした。ただのコンサートや
演劇・収録のホールなのにね。いわば「放送界の
甲子園」だったから、それだけ熱も入ってたん
でしょう、10年前の俺は。


 ところで・・・pixivの「アレ」は一体?
仕事人 | 2009/06/29 10:43 PM
昔の編集に比べたら、今はすごーく
楽になったんじゃないかなぁと
思います。
エフェクトもつなぎも、自分達のやりたい
ことが凄く近い形でできそうですしね。

pixivは完全趣味なので、アレです。
「アレ」は元ネタ動画がニコ○コにあるので、
インスパイア物です(笑)
のとえみ | 2009/06/30 7:19 AM
わーなつかしい!
今度聞かせてくだされ(笑)
まりこ | 2009/06/30 8:38 PM
>まりこー
なんか笑えてくるけど、
作品自体は未だに劣化してなくて
新鮮だよー!是非渡したいw
のとえみ | 2009/07/05 10:05 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック


よく読まれてます☆ どうでもいいことから壮大なことまで答えてます。











 携帯からも!
qrcode
経済指標