芝居を手にした黄兎の日々

芝居を再び手にした私が繰り広げる、やや外れた日々。
でも、きっと面白い日々に違いない。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新しい小説が生まれて、読んで | main | 緑茶をいっぱいもらったから >>

ノミの心臓

久しぶりにブログを日常的な事項でかけそうです。
3月の公演以来すっかりひきこもってしまった私で、
会社の全体会議の発表ですら、緊張しすぎて呼吸困難に
陥りそうになるという失態です。(笑)
でもマイクを持ってしゃべるというのは凄く気持ちのいいことで、
社内の発表ですら沢山の拍手をいただくと本当に嬉しくなって
しまうというのは、今までの役者人生のせつなさ、
というものなのでしょうかね。

オツイチ小説再生工場の記事も書き溜めていたものは
全部アップし終えました。今年はこれ以上に凄いことは
起こらないんじゃないかと思ってます(笑)
後は予定を少しずつ進めていければいいかなと思います。


来年、2010年で、私の芝居歴が10年に到達します。
10年かぁ。

というわけで、10年目なんだから、やっぱり何かしないと
いけんだろうよ、形に残る何かをさぁ〜と思って、
何かしようと思います。
とりあえずその準備を今年中に、できないもんかと。
少数精鋭でがんばります。
  新作(予定地) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック


よく読まれてます☆ どうでもいいことから壮大なことまで答えてます。











 携帯からも!
qrcode
経済指標