芝居を手にした黄兎の日々

芝居を再び手にした私が繰り広げる、やや外れた日々。
でも、きっと面白い日々に違いない。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< こえ部ブログパーツ | main | 役は狙ってとるか、狙われてとるか >>

過去を振り返るな前を見ろ

いよいよシアターパラダイスの稽古が始まりました。
公演までの稽古日数はたった20日。
目の前に積まれている課題は山積みです。
でも、芝居が始まると毎日のテンションも高くなるし、
生きているなぁという実感を感じますよね〜…。

そんな中で今日はメンバーが全員そろっての本読み。
やっぱりフルメンバーでやる稽古はテンションも上がって面白い!
(私だけ?テンション高め…爆)
台本について私は凄く心配していた部分が多かったのだけれど
(私がやりたいとかいって持ってきた台本だったので、
周りの皆はどう感じるかなぁとか、ちゃんとわかるかなぁとか
複雑な思いが稽古が始まる前はぐるぐるしていました。)
わかりにくい部分はあるものの概ね面白くなるという雰囲気が
あったので、ほっとしています。
やっぱり、台本とか演出とかを信じられないまま進んでいくと
作品に影響を及ぼしそうだし…。そういう部分で作品の質が
あがらなくなるのは凄く嫌なのですよね。

前回の公演から間が開いているので、ブランクを心配していた
演出さんも、それほどまでの劣化がなくてとりあえずは
安心しているようです。私も同感でした。


逆に、私のほうが一人で勝手に不安を色々抱えているかもしれません。
私は、上演される作品を昔から知っています。
初めてこの作品が上演されたものも観ています。
その時の素敵な感じが忘れられなくて、今回この作品をできないかと
候補に挙げたわけです。
だから、私に初演のイメージや役者が残っています。
私はこういう過去のイメージに捕らわれるとずっとそれを引きずって
しまう方です。あの時ああやっていたから、初演はこうだったから。
そういう思いが凄く強く残ってしまうのです。
今日も稽古をしていてそういう思いが出てきてしまいました。
「この台本はこうやって欲しい。」
「どうしてそんなイメージになるのかな…。」
そういう気持ちがぐるぐるしていたわけです。

でも、そういうのって凄く自分で嫌で嫌でたまらないとも思っています。
なんでそういうことが私の中に生まれてくるんだろうと考えたら、
私は「その初演のメンバーが面白くて、好きで、羨ましくてたまらない。
そのメンバーと同じようにその作品に関わりたい。」という風に
思っているからなんだろうなってふと思ったわけです。
なんか未練がましいというかなんというか(笑)
あんなに面白いと思った作品に関われなかったなんて、凄く悔しくてたまらない。
なんで私は出来なかったんだろう。
演じていた皆が羨ましくてたまらない…。

新しく作られようとしている世界が受け入れられないすごくすごく小さい自分。
いつかあった面白いことが全てで、塗り替えられることが、どれだけ
新しい面白さを持っているかわからなくて。
そういう芝居作りの面白さが、今の私にはまだわからないんだなぁと。
今まで関わってきた舞台とは全然違う楽しみ方をしなきゃ、これから舞台を
楽しんでいくことなんて出来ないのに。まだまだ芝居の楽しみ方を私は
知らないんだなぁ…。


今、現実目の前にいるのは初演のメンバーじゃない。
台本も変わったし、演出も全然違う。
だけれど、周りの皆はこの作品に向き合って面白くしようと
色々考えてる。
私の中で、少しずつ、あぁ、今は昔じゃない、あのメンバーではなくて、
私は私を入れてくれるこの面白い人たちと芝居をやるんだと
自分に染み込ませて初めて、ようやく初演とは別の作品だと思えるように
なったわけです。あぁ、なんという自分勝手で自己完結(笑)

だから、ようやく今日の今という時間がスタートライン。
私の過ごしたかった作品と時間はもうやってこないけれど、
今できる面白い作品に出会えるかもしれない。
作品使用を許可してくれた後輩は、作品を見てがっかりするかも
しれないけれど、それでもなんとか形にしよう。
全く別の、新しい世界。

すれてしまった自分をもう一回リセットして。
どんぴしゃのイメージで表現できない、周りを納得させられない
自分自身を責めながら、それでも何とか納得させられるものにしたい。
過去を振り返るな前を見ろ。
色んな汚い感情が渦巻いているけれど、それを越えて、もっと大人で
もっと子供な私で頑張ろう。

JUGEMテーマ:演劇・舞台


シアターパラダイス | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック


よく読まれてます☆ どうでもいいことから壮大なことまで答えてます。











 携帯からも!
qrcode
経済指標