芝居を手にした黄兎の日々

芝居を再び手にした私が繰り広げる、やや外れた日々。
でも、きっと面白い日々に違いない。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2019 SUPER GT Round6 オートポリス 初心者観戦レポ - その2 - | main | 劇作家大会2019 in 上田 参加レポート >>

2019 SUPER GT Round6 オートポリス 初心者観戦レポ - その3 -

その1、その2から続いて、その3はいよいよ決勝日です。
決勝日の朝〜オートポリス〜終了後サーキットを出るまで
をまとめていこうと思います。

その他の記事はこちらから。

2019 SUPER GT Round6 オートポリス 初心者観戦レポ - その1 -
http://yellowrabbit.jugem.jp/?eid=1740

2019 SUPER GT Round6 オートポリス 初心者観戦レポ - その2 -
http://yellowrabbit.jugem.jp/?eid=1741


過去の初心者観戦レポート一覧
http://yellowrabbit.jugem.jp/?eid=1611


レースの内容や結果は、公式サイトやほかのブロガーさんの
記事を参考にした方が良いと思います。
こちらでは、オートポリスを不安なく過ごせるように、
また、初めてオートポリスに行くというかたの参考になる
ような情報をまとめております。

オートポリス決勝日のスケジュールはこちら
https://supergt.net/races/index/2019/Round6/
(下の方の決勝日のタブをみてください)


それでは「続きを読む」からどうぞ。
決勝日は、湯布院のホテルから出発です。
ほぼ毎回なのですが、ホテルの朝食を待っていたら
絶対に出遅れるので、決勝日の朝食はコンビニで
済ませます。この日も、前日にコンビニで買ってきて
おいて、済ませました。

7時にホテルを出発。
(ただし、この時間でも本当は遅い)

道はあまり混雑していないため、快適でした。
ミルクロードに入った頃から、
「あ、これはオートポリスに行く車だな」
という車を前後に見かけるようになります。


入場入り口手前から渋滞。じわじわと進んでいくのと、
そこまで長い渋滞ではなかったのでさほど苦では
無かった感じです。


8時30分、場外駐車場に到着。

決勝日は場内駐車場券を買えなかったので、
おとなしく場外駐車場に停めました。
ちなみに、駐車券を持っていなくても、停めた
段階で買えるので、焦らず場外駐車場へ停めたら
良いと思います。


初日にもらったスケジュールとマップ。

右端に書いてあるP9、P11が場外駐車場です。
ちなみに、P10もあります。(間のグレーになって
いる所がP10です。)

どうやら、P11→P9の順で駐車場をオープンして
いるようです。そこが埋まったら、P10を使う、
という感じのようでした。
熊本側から来るならP11、湯布院側から来るならP9に
素直に止めた方が速いと思います。

私たちはP9に停めました。
まだ半分くらい?で、余裕があった感じです。
P11も余裕がありましたが、車が繋がっていたので、
快適さはP9の方があったかもしれません。

シャトルバスは頻繁に運航している感じでした。
サーキットに降ろしたバスがそのまま戻ってくる
スタイルだと思います。朝だったので、お客さんが
すぐにバス一杯になったので、その時点ですぐ出発
しました。
5〜7分程度でサーキット場へ。
場外駐車場からのシャトルバスは、場内駐車場とは
別の場所に発着するので、違う場所から入場します。


サーキット側のシャトルバス乗降場所。
まだサーキットの外にある場所です。


チケットはシャトルバスを降りて、サーキットに入る
ところで確認されます。この日は半券があるチケットの
場合はもぎられます。


場内駐車場へ向かう車の列。
場内駐車場は確かに行き来ができて楽ですが、この
入場と退場の時間を考慮したら、場外駐車場にとめた方が
速いかも...と思いました。

決勝日は、雨が降るという話だったので、昨日とは
少し違った装備で行きました。

・帽子
・グラフィックTシャツ(ミクさん)
・アームカバー
・タオルマフラー
・ジーパン
・スニーカー(濡れても大丈夫なやつ)
・雨にぬれても大丈夫なパーカー(モンベル)
・カッパ
・日焼け止め

日差しが強いので、日焼け止めは必須だと思います。
特に、首、耳は注意した方が良いと思いました。
雨の時は、傘はNGです。危ないですので、カッパが
必須です。

オートポリスは、ライト層が多いので、普通に傘を
指している方もいるのですが、人が密集すると
傘は危ないので、カッパにするというマナーを
取り入れていただきたいです。(他のサーキットでも
もちろんですが)


そして決勝日のサーキットへ。
この日もまずピットウォークへ。
昨日もピットウォークに参加しているので、そこまで
焦る感じはなく、待機列に並びました。

決勝日は4列形成です。
50分前、9時40分頃から並びはじめました。
この時点でトンネル内に並ぶことができ、かなり楽でした。
(日よけが出来て過ごしやすかったです)
予選日よりも人は確実に多かったですが、他のサーキットと
比べると人が少ないので、余裕がありました。

他のサーキット開催のSUPERGTと比べてですが、
オートポリスのお客さんは、列形成する時間が速いです。
他なら、1時間前に並べば結構前の方ですが、オートポリス
だと、思ったより並んでいる感じです。
来ているお客さんの目的がはっきりしているのか、
選手やマシンへの関心、興味が高いのかもしれません。
ですが、トータルの人が少ないので、後ろの方でも
ピットの方へ入れば空いていますし、レースクイーンの
みなさんの写真も、確実に他より待ち時間が少ないです。

この日もピット前では選手のサイン会がかなり行われて
いました。私が入場した段階で、GSRのサイン会には余裕で
並べましたし、SUBARUも混雑していましたがサインが
貰える範疇内だったと思います。
他のサーキット場よりはサインをもらえる確率が高そうな
印象を受けました。

私はサインは以前にもらっているので、ミク号など、
昨日撮れなかったマシンを中心に撮るのに集中しました。
グリッドウォークに行けなかったので、マシンをとるのは
このピットウォークの時間が大事です。



SUBARUの井口選手&山内選手
予選で調子が良かったですし、さわやか〜。


昨日は撮れなかったミク号とGSRのピット。
側面と上の看板、サイドのミクさんも毎回チェックして
います!今年もかわいいな〜><


HOPPYは、いつもポイント争いで絡んでくるので、
ぐぬぬ...と思いながら見ていますが、速いんだな〜
これが。


サイン会が終わったので、マシンを撮りに再度SUBARUへ。


きっと混雑してるんだろうなぁ〜とダメ元で、
ミクサポちゃんの所へ。人だかりが引いたところ
だったのか、なんとすぐに最前列に出られました!!
こっち側を見てくれたので...嬉しい。


決勝日のピットウォークは、コース上にもでられることが
多いのですが、オートポリスもコース側に出られました。
コース側でレースクイーンの方の撮影が行われていました。

それほどの混み具合でもなく、じっくり見ても時間に
余裕があるピットウォークでした。
本当にオートポリスはこの辺りが快適です。



ピットウォーク終了後は、入れるところを回って
みました。
レクサスと書いてあるところは、実は通路になっていて
そこを通るとこちら側に回ってこられます。
もちろん、特定のチケットが無いと使えない通路なので、
注意が必要です。ピットウォークで並んでいた場所からも
歩いて回ってこれますが、ここにあがってくるにも
特定のチケットがないと入れません。
この裏手にある駐車場までは入れるので大丈夫です。

こちら側は特定のチケットが必要なので人が少なく快適
ですが、食べ物屋さんが無いので(吉野家のキッチンカー
1台と、足湯のお店でドリンクが買えるくらい)
事前に買ってくるか、イベント広場で買って持ってくるのが
必須です。この辺が不便だなぁ〜と思いました。

イベント広場に戻って、お昼ご飯。
少しずつ混雑してきているので、すぐに食べたい人は、
列の短いお店に並ぶのが〇


ぐるぐるウインナー。食べ始める場所を間違えると
崩壊する......。
決勝日は本当にドリンク補充が追いついていなかったので、
午後からは冷たさ弱めのが当たり前になっていました。
つめたいのが飲みたい方は、屋台で買うのがよさそうです。
地元の方は凍らせてきても良いかも。(お天気にも
よりますが、この日は暑かったので、冷たいのがよかった
ですね)


そしていよいよ決勝レースです。
写真の撮りやすさを考えて、ファイナルコーナーに
陣取りました。この日、確実に途中雨が降るという
雲の動きだったので、ファイナル側は人がめっちゃ
少なかったです。(これまでも少なかったのかも
しれませんが)


レース後半、雨が降り始めた時に見られた、
HOPPYの貴重なワイパー立ち上がり事件(笑)
(この後ピットに入って直してました)


水しぶきがタイヤから上がるミク号。
このしっとりした雰囲気の中のマシンもいいですね。

レースは、途中の雨をいかに攻略したかで明暗が
分かれた、面白い内容でした!スリックかレインか、
セーフティーカーとどう絡んで攻略するか、様々な
要素がからんできたぶん、最後まで見ごたえがありました。

ピエールさんの現地勢へのアナウンスが、とても
丁寧で、こういったレースにあまり来たことが無い
という方が多いんだろうなぁと思いました。

superGTレース、300と500が一緒に走る説明や見どころ、
どちらのクラスで走っているのかの見分け方
(はちまきと呼んでいるフロントガラス上部の色や、
ナンバーの背景色の違いとか)あたりも丁寧に説明して
おられたのが印象的でした。
こういったところを丁寧に解説してもらうと、楽しさが
まして、次も観に行こうかなというお客さんが増えるん
だろうなと思いました。


表彰式。表彰式も盛り上がりました!
人込みも少なかったので、いつもよりも前で見られました。

そして、事前のスケジュールなどには載っていなかったの
ですが、最後にコースウォークをさせてもらえました!
文字通り、限定的ではありますが、コースを歩くことが
できるイベントです。(富士なんかはコースを歩いて
出口まで行けたりします。)



HOPPY86。傷や汚れがついているのが、レース後の
実感をよりイメージさせてくれます。
レース後のマシンって、戦った感があって好きです。




グリッドウォークに行けなかったので、最後にマシンを
撮れたのは最高に嬉しかったです。オートポリス
ありがとう...!


雨も上がって、夕暮れが濃くて素敵でした。


さぁ、最後の難関がサーキットからの脱出です。

列が繋がっています。
この時点で18時過ぎです。


奥の方までつながっています。

私たちは場外駐車場だったので、シャトルバス乗り場へ。
シャトルバスは待機状態で何台もいたので、かなり
出発までは快適でした。
また、誘導スタッフの方も多く、手慣れているようで、
場外駐車場まではあまりストレスなく着くことが
できました。ただ、P10駐車場にシャトルバスは
着きますので、P11、P9に停めた人は、そこまで徒歩で
移動する必要があります。大した距離は無いので
自分で移動できる分楽だと思います。


こちらも誘導スタッフの方がいるので、歩行者も優先
してもらえます。手厚いですね...!

シャトルバスも優先して流してもらえていた感じが
したので、場内でずっと渋滞しているよりは、
場外駐車場を元々予約してサクっと脱出する、という
方法もよいかもしれません。

そして、この後が大変です。
高速に乗るまで、ずっと渋滞が続きます。
渋滞といっても、普通に車を走らせるくらいの
スピードで動くのであまりストレスはないかも
しれません。夜道で暗いですが、車が続いているので、
テールランプを頼りにすればOK。

この日は、なんと大雨が降って、前が見えないくらいの
状態が続きました。前の車を頼りに走っていたので、
車が続いていて逆に安心でした。
(前を走ってくれていたポルシェ...ありがとう)

私たちはこの日、北九州のホテルを予約して
いたので、そこまで行きましたが、高速近くになるまで、
休憩できるような場所やお店がありませんでした。
お腹が空いていると辛いので、サーキットを出る前に、
屋台で何か買っておくといいかもしれません。
(途中コンビニも本当に無いです。)

高速に乗ると、渋滞も解消されてきて、走りやすいです。
ただ、高速も食べられるところに辿り着くまでちょっと
時間があります。北九州の方に向かわれる方は、
「山田サービスエリア」まで頑張っていけばよいと
思います!


https://w-holdings.co.jp/sapa/2786.html
22時までフードエリアもやっているので、
18時にオートポリスを出発しても、20時半くらいには
SAにつけると思います。周りを見ても、オートポリス
帰りの方がほとんどだったと思います。


とんこつラーメンにどれだけ癒されたか...。
SAでも十分に美味しいです><

そして22時半、北九州のホテルに到着。
そのままお風呂に入って寝るだけで精一杯でしたが、
とても満喫できたオートポリス遠征でした。
次の日は朝から車で富山に向かってひたすら走りました。
(夜20時半くらいには帰れました)



初のオートポリス、長距離遠征でしたが、とても楽しかった
です!レースも見ごたえのある内容だったのと、食べ物が
(主にお肉)どれを食べても美味しかったので、九州は
また行きたいと思いました!行ったことのない県が
まだあるので、普通に観光で行きたいな〜と思いました。

写真は、今シーズンゲットしたミクさんのグラフィックT
と、ステッカー。チケットホルダーは、今まで買ったもの
です。映っていないですが、Tシャツ2種、グラT1種、
タオルマフラーも2枚あります。

だいぶsuperGTに行ったんだなぁ〜と思って、感慨深いです。
来年は、海外旅行が控えているので、superGTには
行くかどうかはわかりませんが、次はSUGOか、鈴鹿に
もう一度行きたいという話が出ているので、また
現地に行けたらいいなぁと思っています。
  SUPER GT ほか | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック


よく読まれてます☆ どうでもいいことから壮大なことまで答えてます。











 携帯からも!
qrcode
経済指標