芝居を手にした黄兎の日々

芝居を再び手にした私が繰り広げる、やや外れた日々。
でも、きっと面白い日々に違いない。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2019 SUPER GT Round6 オートポリス 初心者観戦レポ - その1 - | main | 2019 SUPER GT Round6 オートポリス 初心者観戦レポ - その3 - >>

2019 SUPER GT Round6 オートポリス 初心者観戦レポ - その2 -

引き続き、オートポリスの初心者観戦レポートです。
その1は、地元を出発してからフェリーで大分に渡るまで
をまとめています。

記事はこちら
2019 SUPER GT Round6 オートポリス 初心者観戦レポ - その1 -
http://yellowrabbit.jugem.jp/?eid=1740


その2では、大分に着岸してからオートポリスへ、
そして予選日の様子をまとめておきたいと思います。

オートポリス予選日のスケジュールはこちら。
https://supergt.net/races/index/2019/Round6/

フェリーが港に着岸したのが定刻通りの7時20分頃。
そこから誘導されて出発したのが7時40分頃でしょうか。

そのままカーナビでオートポリスへ向かって出発
しました。高速と下道を使って、ひたすら走ります。


途中、ミルクロードを通ります。
(後程、解説席でだったかな?ミルクロードの話題が
出たので、おおっと思いました。)

阿蘇カルデラがよくわかるような地形。
この時点ですでに予選日はスタートしていたと
思うのですが、どうしても写真が撮りたいとのことで
車を止めて写真撮影。結構曇っていて、いいところに
霧が......。



オートポリスの入り口に着いたのが、10時頃。
予選日は場内駐車場をとれていたので、入場ゲートから
車のまま入ります。



入場ゲート入り口で、場内駐車場券をチェックされます。
また、入場券も確認されますので、一緒に出しておきます。
2日間通し券の場合は、半券側に丸い穴をあけられます。
(2日目は半券側をもぎられます)


場内にはいくつも駐車場があります。看板も立っていますが、
どこを走っているのかわからなくなりそうなので、
目的の駐車場をいくつか決めていった方がよさそうでした。

オートポリスの駐車場に着いたのが10時15分頃。
この時間に空いていて停められたのはP3駐車場でした。



入場の時にもらえるマップでみると、左上の場所。
下の写真が拡大したP3駐車場の場所。
わかりにくいですが、コースサイドロッジのスペースの
さらに奥が駐車場です。ロッジの建物が並んでいるので、
その横を通って奥に行きます。

駐車場からはイベント広場の前までシャトルバスが
出ています。シャトルバスでは5分くらい、歩くと
男性の足で10分くらいかかるようです。


乗降場所には看板も。

そんなに広いサーキットではないので、歩けないことは
ないです。シャトルバスは、はじめはそれなりの間隔で
走っているようですが、新規の方が少なくなってくると、
発着時間がランダムになるようなので、急いでいる時は
注意した方が良さそうです。
(バスが半分くらい埋まったら出発するときもあれば、
埋まるまで待つときもあるみたいです。次のバスが来ると
出発するのかもしれません。)


そのまま11時50分スタートのピットウォークの待機列へ。


写真の位置は、列の途中。
道路を挟んで向かい側のトンネルの方から列は形成
されています。列に並んだのが11時ごろです。
岡山など他のサーキットでも1時間前くらいから列に
並んでいますが、他よりも並んでいる人が多いような
気がしました。
(予選日は2列形成でしたが、それを加味しても
並んでいる人が多く感じられました。)


私が並んだ後ろの列はこのくらい...。
この先にT字路があるのですが、2列でそこまで並んで
いたそうです。(スタッフさんが会話していた情報)

初心者にもわかりやすく、最後尾札がありました。
列に並ぶときにパス確認をされますので、わかるように
しておいたら良いと思います。

全体的にですが、オートポリスのパスチェックが
しっかりしていていいなと思いました。
立っているスタッフさんも若い方が多く、仕事を
しっかりされている印象でした。

列に並んだ感じを見ると、他のサーキットよりも、
チームのTシャツやキャップなどを身につけている人が
少ないように感じました。
観戦券の種類もオートポリスは少ないです。
割とライトな層や家族連れが多いような印象を
受けました。


そしていよいよピットウォークへ移動です。
2列形成だったせいか、真ん中くらいかなーと思って
いましたが、思ったよりも早く入場できた気がします。


チケット購入を忘れていたそうで、今回はグリッド
ウォークなしになってしまったので、その分
ピットウォークはじっくりいくぞ!と臨みました。


つっつとTK。
この前にサイン会(片岡選手&右京監督)をやっていて、
それが終わるまで待っておりました...!

今年のレーミクさんのお衣装もかわいいなぁ。


ミクサポの3人とチラリのぞくミクカー。
今年のミクサポちゃんのきららちゃん...わたし何か
この子、好き...。ちょっと慣れてないのかしら、
みたいな感じもあるんだけど、それも含めてとても、
私、好きです...。見守っていきたい...。

そして、まなちゅん!昔も可愛かったけど、
断然今の感じが私は好きです〜〜><
コスも似合ってるのか、すごい!!カワイイ!!
って思いました。はぁ〜、今年見れて良かった。

今年のミクさんのイラストは、杏仁豆腐先生、
ということで、アイマスファンの私は絶対絶対
現地でミク号を見たかったし、Tシャツは
絶対欲しかったので、現地に行けて本当に嬉しかった
です!!

予選日は、ミクサポちゃんたちがずっとピットに
居てくれたので、ミクサポちゃんを沢山撮れました!
いつも最前列でグラTとかミクTとか来てるおばさん
ですが、本当にいつも癒されているのでありがとう
ございます。



エヴァンゲリオンレーシング、ピットで待機中、
まだ様子をみてるのか、上がオープン。


ピント後ろにあっちゃってるんですが、マリ、めっちゃ
クオリティ高くて最高です。


そして、その後はご飯。
屋台は、イベント広場にほぼ固まっているので、
移動する前にご飯を済ませるか、買ってから行くのが
ベストだと思います。座って食べられるテント&椅子も
快適なので、おススメです。




良く見ると九州でないところの名物も混じっているので、
現地の食べ物狙いの方は、自治体とか地元の方がやって
いるテントを探すのがよいかも。

いつものことかもしれませんが、ご飯ものが少ないので、
地元の婦人会系の方々が出しておられたおにぎりは
人気でした!見かけたら買っておかないと、お昼くらい
には完売してます。


この左側のテントで売ってたおにぎりが食べられなかった
のが残念だった...(食べたかった)


焼肉丼。肉とご飯がおいしい。


ホルモン焼うどん。


ご飯を食べた後は、GSRの物販に行き、無事Tシャツを
ゲット...!いい買い物をしました。

そしていよいよ予選がスタートです。
撮影スポットをチェックしながら、写真を撮る練習を
します。年に1回くらいしか私はまともに一眼レフで
撮影しないので、いつも苦労してしまいます。


最終コーナー、ファイナルスタンド。
最終コーナーを曲がってくるマシンと、メインスタンドへ
抜けるマシンが撮れる人気ポイント。

まずはここでQ1の撮影をします。


今年のミク号もかわいい!!!

Q2に入る前に場所移動。
同じくファイナルスタンドですが、最終コーナーに
入るところが見える位置へ移動。


大型モニターもあるし、観戦にも最終コーナーは
おススメです。モニターが見える位置にやはり
お客さんは固まっている感じです。


毎回なのですが、なぜかホッピーは上手く撮影できる...。


ファイナルコーナー側にも屋台が少しあります。
ただ、こことイベント広場以外には食べ物屋さんが
本当に無いので、それは結構不便です。
自販機とトイレはめっちゃありますが、自販機は
補充と冷却がおいついていないので、冷たいのが
欲しい方は、テントで売っているものを買った方が
冷えている場合があります。(特に決勝日。予選日は
まだ大丈夫な気がしました。)


この日は、予選を見てそのままホテルへ向かいました。
P3から若干出る方向を間違えましたが、割とスムーズに
ホテルへ抜けられました。熊本側へ出る方が多い中、
私たちは湯布院でホテルを取っていたので、混雑なしで
かなり快適でした。特に温泉や宿にこだわりがないので
あれば、同じ1時間くらいで行ける湯布院とか側でも
よいのかもしれません。

そこまで念入りに準備をしていませんでしたが、いつもの
感じで気軽に楽しめました〜!
お客さんも予選日ということで少なめ、物販もお店も
ほぼ並ばなくてよく、快適でした。

この日はまだお天気が良かったので、服装も下のような
感じです。

・Tシャツ
・薄手のパーカー(UVカットあり)
・帽子
・ジーパン
・タオルマフラー(首用)
・スニーカー
・アームカバー

寒さよりは、日差しを和らげるための羽織モノや
アームカバーがあった方がいいと思います。
まだ、日焼け止めはしっかり塗った方が後々辛く
ならないと思います。
薄手のパーカーは持っていきましたが結局使わず、
アームカバーの方が使い勝手が良かったです。


というわけで、1日目・予選日でした。
この後は、決勝日のレポートをしていきたいと
思います。


  SUPER GT ほか | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック


よく読まれてます☆ どうでもいいことから壮大なことまで答えてます。











 携帯からも!
qrcode
経済指標