芝居を手にした黄兎の日々

芝居を再び手にした私が繰り広げる、やや外れた日々。
でも、きっと面白い日々に違いない。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【舞台】命ギガ長ス | main | 2019 SUPER GT Round6 オートポリス 初心者観戦レポ - その2 - >>

2019 SUPER GT Round6 オートポリス 初心者観戦レポ - その1 -

2018年、SUPERGT観戦は大分オートポリスの予定でした。
ところが、旦那ちゃんの都合により、宿などを手配して
いたのにすべてキャンセル。結局2018年は現地に行くことが
できませんでした。

そして2019年、念願のオートポリス現地に行ってきました...!
ちなみに、初めてSUPERGTに参加したのは鈴鹿。そこから年に1回
くらいのペースで現地に行き、今年のオートポリスで、タイを
除くSUPERGT300,500開催サーキットをすべて回ることができました。

鈴鹿は本当に最初すぎて、レポートを書くという発想がなかった
ので、レポートがありません。(いつかもう一度行って書きたい
ですね。)それ以外は、こちらに一覧にしましたので、
参考にしたい方はご覧ください。

SUPER GT観戦レポート 一覧
http://yellowrabbit.jugem.jp/?eid=1611


2019 SUPER GT Round6 オートポリス
9月7日(土)〜9月8日(日)
https://supergt.net/


今回は住んでいる所から一番遠い遠征地、大分です。
陸路、空路、と行く手段は色々ありますが、そこはレース。
やはり車で行きたいというのが常というものではないでしょうか。

というわけで、車で行く方法を探してもらった結果、
「フェリー」
になりました。
地元からもちろん九州行きのフェリーが出ているわけは
ありません。いくつか海路があるようなのですが、
時間などの都合も考えて、このようなスケジュールに
することになりました。

地元出発(車)→神戸(フェリー)→大分(車)→オートポリス

ただし、帰りはちょうどよい時間のフェリーがなかったため、

(決勝日)オートポリス(車)→北九州
(次の日)北九州(車)→富山

という鈴鹿1000kmならぬ、九州→富山1000kmを開催することに
なりました。(笑)


そんなわけで、今回の観戦レポは、

その1・・・富山〜フェリー
その2・・・フェリー〜予選日
その3・・・決勝日〜北九州


の3つに分けたいと思います。

行く前にオートポリスに参加された方のブログを探したりしたの
ですが、欲しい情報が見つからなかったので、今後オートポリスに
行ってみたいな、という方の参考になるように書ければなと
思っています。

それでは、「続きを読む」からスタートです。

初日は移動のみ、富山→神戸まで車で進みました。
朝の7時半出発、途中休憩を挟みながら、神戸に着いたのは
16時前くらいだったでしょうか。

お昼ご飯の時間にちょうど良いSAがなく、というか、
SAが全くない区間で、(高速を降りると道の駅がすぐそばに
あるみたいな山奥でした)途中舞鶴によってお昼を食べました。


これが舞鶴で食べた海鮮...!いくら美味しい...!
そして何よりもご飯がとーーーっても美味しかったです。


この寄り道が無ければもっと早くつけました(汗)
田舎道を走るときは、SAがあるかどうか確認したり、
ご飯を予め買っておくなどの対策が必要な場所があるなと
思いました。

そして神戸着。
1時間ほど観光をして、フェリー乗り場に着いたのが18時半前。
フェリーは出発の1時間前には搭乗手続きをして欲しいと事前に
聴いていたので、結構ギリギリの到着になってしまいました。

今回の旅で乗るフェリーは、こちらの「フェリーさんふらわあ・パール」

https://www.ferry-sunflower.co.jp/

こちらの、「神戸→大分」航路で行きました。

「大阪→別府」航路もありますが、オートポリスへ少しでも近い、
着時間が少しでも早い、ということで、こちらの航路を選んだん
じゃないかなぁと思います。



フェリー乗り場へ向かう途中。一応看板が頻繁に出てくるので
道は迷わないと思います。また、フェリー乗り場へ向かう途中の
橋が渋滞しますので、時間には余裕を持った方がいいと
思います。


入り口がわかりにくいですが、誘導のおじさまが立っているので、
聴くと丁寧に案内してくれます。
右奥のあみあみになっている建物が乗り場受付です。
手前のすぐ右に、守衛所みたいな小さな建物があります。
その前で誘導のおじさまが立っています。

到着したフェリー乗り場。


左側が車の待機場所。右側がバイクの待機場所です。
バイクの右側にさんふらわあ号が停泊しています。
バイクの前方くらいにある、赤い鉄骨の下を通って、
さんふらわあ号に乗ります。

車で来た場合は、まずこの待機場所に停めます。
誘導の方がいらっしゃるので、必ず指示に従って、
言われた場所に停めてください。
(この配置のままフェリー内に停めるので、勝手に
場所を変えると困ると思います。)

停めたら、搭乗手続きに受付へ。


受付窓口の上には空室情報も。
受付で各種情報の確認等をするのですが、事前に
クレジットカード決済済みでも、クレジットカードの
番号を照会されるので、カードは手続きの時に必要でした。

受付終了後は、そのまま車も戻って待機OK。
時間になったらアナウンスが流れます。
誘導の方が来て、乗船券を確認されるので、ここで提示。
(もぎってもらう)

乗用車→トラック→乗用車の順で乗船するので、
トラックが終わったら乗り込みです。
(この日はトラックの後、先にバイクが入って行きました)


乗船〜〜〜〜〜!!!

トラックの前にさらに乗用車が泊まっていたみたいなので、
もしかしたら早めにくれば先に乗船できるのかも?と
思いました。


乗船駐車後、エレベーターで客室へ。
今回の客室は、4名室だったのですが、キャンペーン?
とかで、4名室に2名で宿泊できました。

特になにも買ってこなかったので、荷物の整理をして
船内レストランのバイキングへ。
この時19時20分頃。まだ船は出発していませんが、
レストランなどの施設は使えます。

バイキングは大人2000円ですが、隅から隅まで食べれば
意外とリーズナブルかも。


豊後のとり飯、イカゲソ揚げが好きでした。
何気なく名物的なお料理があって良かったです。

生ビールのサーバーもあって、それも飲み放題だったかも。
シーズンオフだったのか、この時間でもひとは少なめ。
10人くらい座れる大人数の席もいくつか空いていました。


船から見た景色。風がありましたが、お天気は良かったです。


お風呂は23時まで、と記載されていましたが、この時は
22時半まででした。これもシーズンオフだからなのかな?
21時にアナウンスがありました。(結構頻繁にこういった
アナウンスがあります。レストラン閉店とか。)
私はアナウンスを聴いて21時過ぎにお風呂に行きました。
その頃は空いていましたが、出る頃、22時前くらいから
混んできました。

男性は22時過ぎ頃、洗い場待ちが発生していたそうです。
ご飯を食べ始めたくらいに、お風呂は空いてる、と話して
いた男性の方がいました。乗船してすぐの方が空いていそうです。
アナウンスを聴いてお風呂に行く人が多かったのか、
飲み会などが終わってお風呂に行く人が増えた時間が22時頃
だったのかもしれません。


この日はお風呂に入って早めの就寝。
23時頃だったでしょうか?
ちなみに、船内にwi-fiはありますが、弱い。
めっちゃよわくて4Gでずっとスマホを触っていました。

宿泊した客室は、エントランスの階段から近い所でしたが、
音がとても聞こえました。
自販機の音、トイレにあるドライヤーの音、隣の部屋の
男の子の赤組応援の歌(笑)、かなり聞こえたので、
音が気になる方は対策したほうがいいかもしれません。



橋の下を通過するときも船内アナウンスでお知らせしてくれます。

ベットは、自分でシーツを敷いて利用するタイプですが、
疲れたのもあったのか、十分ぐっすり眠れました。
お風呂にはシャンプーやボディーソープ、ドライヤーもあって
手ぶらでも利用できる感じでした。お風呂場のロッカーは
投入コインが戻ってくるタイプのもので、100円で利用できます。
タオルも客室にはありました。

浴衣などの部屋着はないので、持参、それから、ティッシュが
ありません。メイクに使ったりもするので、無かったのは
結構不便でした。車に積んであるなら、持ち込んだ方が良いと
思います。
客室のドアはカードキー式ですが、トイレは客室の外に
あるので、カードキーを忘れずに持って行かないといけないです。
トイレには、シャワー室もあり、こちらはお風呂と違って24時間
利用できます。ドライヤーも備え付けてありますが、近くの
客室にはドライヤーの音が聞こえるので、使用する時間帯は
ちょっと配慮した方がいいかなぁと思いました。


色々なところで書かれていますが、一度客室にあがったら、
車が停めてある場所には戻れません。忘れ物が無いように
気を付けましょう。


そして一夜明けて。

朝は5時45分から朝食バイキングスタート。
オープンと同時にはいりましたが、人か少なく快適でした。
もしかしたら一部メニューはまたでてないのかなぁ?
みたいな品揃えでした。オフシーズンだからかしら?

瀬戸内海をでると、揺れが体感できるくらい。
風が強く、そのせいで揺れているのもあったのかもしれません。


無事大分に到着。ちょっと濡れているのは、雨が降って
いたのかなぁ?


別府湾に着岸後は、案内放送が入り、順次下船になります。
先に乗車なしの方々が案内されていきますが、車の方々も
同じ頃に車に戻られているようです。
案内放送に従って車に戻りましたが、最後の方だったかも(笑)

放送と同時に、船内を歩き回って声でお知らせしてくれている
乗務員さんがいました。あと、このタイミングでしか聴けない、
さんふらわあ号の歌も必聴です。

車に戻ったら、エンジンはかけずに待機です。
前の車が動きますが、誘導の方が指示してくれますので、
待った方がいいと思います。出る順番も考慮しておられるので、
誘導に従いましょう!


そしていよいよオートポリスに向かって出発です!
  SUPER GT ほか | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック


よく読まれてます☆ どうでもいいことから壮大なことまで答えてます。











 携帯からも!
qrcode
経済指標