芝居を手にした黄兎の日々

芝居を再び手にした私が繰り広げる、やや外れた日々。
でも、きっと面白い日々に違いない。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【舞台】Like Dorothy | main | 【舞台】無差別 >>

【舞台】CHECK IT OUT

劇団すばるさんの公演を観に行ってきました。
「露出狂」から1年ぶりです。
若い方々も増えてさらに活発になっている劇団さん
だと思います。

今回はすばるの中でもレベルの高い方が演出をされる
ということで、気合の入り方やお芝居の魅せ方も
こだわりがあるんだろうなと期待しつつ観に行きました。


劇団すばる 第56回公演
『Check it out』
作:越川大介(D.K HOLLYWOOD)
演出:麻保良

2019年7月20日(土) 19:00開演
at 砺波市文化会館 多目的ホール

上手中央よりやや後方より観劇



http://subaru1971tonami.sunnyday.jp/



今回の作品は、1950年代初期のアメリカニューヨークが舞台。
TV業界では生放送が全盛期の頃。大手テレビ局は
人気司会者を起用してのバラエティショーなど
オリジナイティ溢れる番組を生み出し、人気を集めていた。

主人公のギャング・ダニーは取り立てに行き、
お金の代わりに弱小テレビ局の権利書を受け取ってしまう。
テレビで稼げる!とふんだダニーは、部下のギャングを
引き連れテレビ局に。そこで待っていたのは、生CMを
放送中の、駆け出しダンサー・ジェニー。
生放送のCM中に乱入したダニーたちはそのテレビ局の
ヘレンに怒られてしまう。ところが、そのヘレンは、
実はダニーの元妻だった...!

弱小テレビ局を乗っ取ったギャングたちと
乗っ取られたテレビ局のヘレンたちが繰り広げる
スタイリッシュコメディ。


海外を舞台にした作品という事は、登場人物ももちろん
日本人ではありません!演じる方も難しいですが、
私なんかは観る前に一瞬ひるんでしまいます。
なかなか日本人が海外が舞台の作品を演じるっていう
ところに自分の中での落としどころや着地点を
見つけられないと見ていてしんどいなぁと思ってしまう
からです。

すばるさんのこの作品も最初のシーンは
オーバーリアクションや洋画のような独特の言い回しを
していたのですが、それがわかりやすくキャラクターや
世界観を出していたなぁと思いました。
演出としてしっかりそういった表現を最初はつけて、
お客さんに世界観を見せるというのは効果的だなぁと
思いました。それがお話が進むにつれ、少しずつ
無くなっていったり、違和感が消えて行ったりしていたので、
役者さんがそういったところから一歩自分の中に進んで
お芝居や表現をしようとしていたからかなと思いました。
そういうところは印象やイメージを残しながら、
自然になっていっていたと思いました。

テレビショーの中でダンサーさんが踊る所や、
ショーのオープニングの雰囲気はとても良かったです。
振りなども含めて、キャストさんが沢山稽古をされたんだなと
思いました。スパンキー坊やのCMは本当に何もかもが
ずるいとしか言いようがなかったです(笑)
きっちりやり切れるのが凄いなぁと思いました!

キャストさんが多かったにもかかわらず、一人一人や
シーンひとつひとつに演出が付けられていて、
演出さんの熱心さと作品に対する思いが良く伝わって
きました。キャストさんも演出に対してしっかり答えよう
というのが見えて、よい関係で作品作りを
されているんだろうなぁと思いました。
客入れの演出も含めて、サービス精神をもって、
お客さんと関わっていこうというのもとても良かったと
思いました。



全体的な感想を書きつつ、「続きを読む」からは細かい部分や
いつものような感じの感想をまとめていきたいと思います。
すばるさんの大ファンの方、関係者の方など、思い入れの
強い方で、何を言われても良い印象を持てない方、今回の
作品を気持ちよく観終わったお客様はご自身のお気持ちなどと
ご相談の上、読むかどうか判断をお願いいたします。


■舞台はそこにあるのに近くて遠い

私はたいてい中央より若干後ろの上手に座ることが多いです。
前すぎると全体が見えないし、後ろすぎると引きの絵すぎて
細かい部分が見えないことがあるからです。
(あと目があまりよくないので、細かい表情が見えない
のです...)

そういう意味では、演出さんが座って見て、演出をつける
位置からは少し遠い位置から見ているので、演出が最適化
されている席とは違うところで見ています。
なので、最適化された場所から見れば演出がわかるのに、
この席に座っているせいでわからないという場合が
あります。

今回もそういう感じで、最初に舞台を観た時に、演出さんが
最適化された場所じゃないからこういう風に私には見えている
のかなぁと思いました。
けれど、感情が乗ってくる場面でも、ちょっと違う気がする...。
そんな風に思った時に、あぁ、お芝居が前に飛んでいないんだなぁ
と思いました。舞台はすぐそこにあるのに、遠く感じる。
その舞台の上からお客さんの方に向かってお芝居が
飛んできていないと感じました。

台詞もきちんと意味がわかるし、役者さんたちも達者で、
下手な方がいない。とても見やすい舞台づくりだと
感じたのに、動いている気持ちがこちらに飛んでこない。
だから、感情移入しにくい。
女性ならば、ジェニーかヘレンに感情移入しやすいと思います。
それがなかなか起こらない。世界観とか雰囲気が素晴らしい分、
かっこよく見える、素敵に見える、という外側の部分の魅力
だけにとどまってしまっているのが勿体ないなと思いました。

もちろん、そういったカッコよさ、素敵さを魅せたい、という
感じだったら十分伝わっていると思います!
衣装も凝っているし、立ち方、キャストさんのミザンス、
わかりやすくシーンを伝えるという部分はとてもとても
丁寧に演出が付けられていてとても素晴らしかったです。

個人的にミュージカルであれ、時代劇であれ、ストレート
プレイであれ、根底にあるのは役の行動と動機だと思って
います。だから、その部分がすっぽり抜けてしまうと、
お芝居、演劇の魅力が半減してしまうような気がして
勿体ないと思ってしまいます。
なぜこのキャラクターはこの台詞を吐くのか、その根底に
あるものは、表現方法が洋画っぽい台詞であれ、
シェイクスピアの台詞であれ、変わらないんじゃないかと
思います。そういう部分の演出も深めていければ、
メインキャラクターにもっともっと感情移入や共感が
起こったのではないかなと思いました。



■テンションを高く持つという事

先に書いた部分に、テンションも関係しているのでは
ないかと思っています。

テンションが低い。
そう。テンションが低いなと思いました。

最後のカーテンコールでみんな揃えて時のテンションが
最低限だと感じました。
だから、あのカーテンコールの楽しそうな、嬉しそうな、
あのテンションがお芝居の最初に出て、そこから
女優シャロンを迎えた後半の生放送のシーンに向かって
テンションが上がっていくのが良かったのかなと
思いました。

テンションが高いというのは、大きな声を出したり、
アップテンポにすればよいというものではないと
思っています。静かなお芝居でもテンションは高く
あるべきだと思うし、楽しいお芝居であればそれを
ずっとキープしている状態が長い、あるいは伝わり
方が大きいのだと思います。

イメージや感覚になってしまいますが、気持ちの
大きさがずっと胸のあたり位でキープされている
ような感じ?.......なのかなぁと思います。
呼吸する位置が高い、ということではなく、
常に気持ちの高揚がある状態、という感じなのかも
しれません。

静かなシーンでも、テンションが高ければ、
小さい声でも、静かな声でも伝わり方が大きいし、
それが難しいので、稽古からテンションを高く持って
やって、本番でもそれを出せるようにするために
稽古をするのです。

また、テンションが低いと感じたのには、
全体のテンポが常に一定だったせいもあるのかなと
思いました。
盛り上がるシーン、緊迫するシーン、場面が
たたみかけるように変わっていくシーンでも、
同じテンポが続きます。(これは私だけかも
しれませんが、テンポの間隔が目に見えてきます。
舞台上にテンポの間隔が肉眼で見えるようなそんな
感じです)

テンポを変える、緩急をつける、というのは、
台詞を早く言う、ということではないと思います。
自分と相手の台詞の間の間(ま)をコントロールする
ということだと思います。

演出として見やすくするためにそうしていたの
だと思いますが、もっとそこはスピード感があっても
良いのでは?という動作もところどころにありました。
一列に並んで隣の人を首の向きを変えてクイッと見る
シーンも、わかりやすくするためだと思いますが、
私はもう少し速くして、流れるように(ウエーブの
ように)なった方が、お客さんがドッと笑ったような
気がします。

多分、お客さんは最初の二人が首をクイッと
したときに、「あぁ、これは最後の人がオチになるやつだ!」
と心の中で思ったと思います。思った状態で見ている
ので、今のテンポだと遅く感じるのです。
演出はその時点で伝わっているので、それを面白いと
思ってもらうには、お客さんの想像する斜め上にいく
ことが必要になります。そうなると、思った以上に
テンポが速いか、予想しない方向の人がオチになる、
(そこに並んでいる人以外にもう一人いいタイミングで
人がでてくるとか)というようなもうひとひねりが
いるんじゃないかなと思うのです。

とても演出さんがやりたいことは伝わってきていて、
凄いなぁ〜!!と思った半面、役者さんたちが
演出に100%応えきれていないなという印象を
受けました。もっと稽古をすればいいのか、演出さんの
意図を役者さんが理解すればいいのかわかりませんが、
演出さんにこう言われたからそれをただやっているんだな、
という風にも見えてしまいます。
そう見えたけれど、私は演出さんが役者さんに求めて、
役者さんがそれに応えようとしているのだけで十分
感動しました。もしもう一歩前に進みたいと思っている
方がいたとしたら、その点も気にしてみてもいいのかな
と思いました。


■台本の台詞を自分のものにするということ

お芝居を前に飛ばす、テンション、演出さんの意図を
くんでやる、というのにもつながってくるのかなと
思うのが、台詞を自分のものにするということ
じゃないかと思います。台詞を自分の言葉として出す、
という風に言った方がわかりやすいかもしれません。

舞台が遠いなぁと思った理由にはこれもあるのかなと
ちょっと思いました。

洋画のように表現する(演出)という部分はありますが、
根底には動機があって行動、あるいは感情につながります。
どういう風に表現するかに関わらず、この部分があって
お芝居というのは作られるのかなと思っています。

表現について色々演出が入っているのかなぁと思った
のですが、言われたからやっている、というように
見えて、役者さんがその演出をどうかみ砕いているのか
あまり見えなかったなと思いました。
演出さんの意図を考えてその演出と台詞の間を埋めるのは
役者さんのお仕事だと思っています。難しいことだとは
思いますが、それをやっているかどうかで差が生まれるの
かなぁと思いました。

もちろんしっかりやっておられる役者さんもいて、
やっぱり目を引くなぁと思いました!
ダニーは流石!!もうこのキャラ!いるんじゃない!?
と思いました!こういう役似合うん
だなぁ〜と思いました!
シャロンもとても良くて、舞台映えする存在感なのは
もちろん、ダニーの死に対しての長台詞のシーンは
とても良くて、私もとても共感しました...!
しっかり自分の言葉にしてシャロンとして演じようと
いうのが伝わってきてとても良かったです。

そういったお芝居は前に飛んでいて、客席の雰囲気も
役者さんに引っ張られている、あるいは満たされている
という感じがして、とても良いシーンだったなぁと
思いました。


■踊りでも歌でもキャラクターがそこにいる

生放送で放送する中で、ダンスがあって、それがとても
面白かったです!ダンス!!私は苦手ですがとても
好きです!!振付とかとてもいいなぁ〜〜〜と思って
見ていました。

最初の方でメリーとロリーがテレビ局に来て
勝手に踊りだすシーン。そこのメリーが私はとても
好きです!!!あのシーンのメリーは、見ているだけで
あぁ〜〜こういうキャラなんだな〜〜〜っていうのが
伝わってきて良かったです。特に、指先の表現や表情、
振りの動き方にキャラクターを感じてとても可愛い!!
と思いました!

ダンスが上手い下手、ということではなく、
きちんとキャラクターとして演じているというのが
見えてとても良かったと思いました。
また、ロリーもメリーと違うキャラクターというのが
このダンスの差異で感じられて、面白かったです。
この最初のシーンに比べて、最後に生放送のダンスは、
妙な緊張感を感じて勿体ないなと思いました。
キャラクターが生放送で緊張している、というよりは、
役者さんが緊張しているのかな?振りを間違えないように
しているのは役者さんの空気がでちゃっているのかな?
という風に感じました。

こういった生放送、ロリーとメリーだったら、大胆に
楽しんじゃうのかな?というイメージだったので、
振りを気にせず、キャラクターとして生放送という
時間をどう過ごしているのか(楽しんでいるのか)
というのが伝わったらもっとよかったなと思いました。

ジーナは、踊る弁護士、というキャラだったけど、
その「踊る」という部分がどういったギャップに
繋がったら面白いのかなというところまで踏み込んだら
良かったかなと思いました。
弁護士なのにめっちゃダンスが上手いのか、上手くないけど、
「嫌です」と言っておきながらノリノリなのか...。
そういう部分でもキャラクターが出ると思うので、
役者さんの個性や特徴をどうキャラクターに生かすのか
明確にわかったら面白かったなと思いました。

ジェニーの最後の生放送でミスをしてしまう、という
所への持って生き方が私はちょっとしっくりこなかったので、
どういう感じだったのかなぁと思いました。
うーん......個人的にはジェニーは一所懸命で真っすぐで
突っ走ってそれでも自分の悪いところは反省して直して
キラキラ輝く、それがケントが惹かれる理由のひとつかも、
みたいなかんじなのかなぁと勝手に観てイメージを持ち
ました。そう考えると、ミスをするのが、一所懸命ゆえに
失敗してしまう、ということなのかなぁと思ったの
ですが、一所懸命した結果起こったミス、のように
見えなかったなぁと思いました。
その後の「ミスしちゃった」のシーンの下りも、
「ん?一所懸命やってミスした、という解釈じゃない?
何か別のことに気を取られてた??」と思うと、ジェニーの
魅力が半減してしまうような気がしました。
1回観ただけなので、解釈違いのような気もするのですが、
ジェニーの真っすぐさがダンスや台詞の無いところで見えると
より魅力的だったのかなと思いました。


■ジェットコースターのような疾走感

こういった楽しい!面白い!というお芝居は、やはり
スピード感が大事だなと思ってしまいます。

気が付いたら最後だった!!みたいな時間感覚で
見られたらベストなのかなと思いました。
個人的には大分長く感じて、ロリーとメリーが来て、
電話番をしているシーン辺りで集中力が一回途切れて
しまいました。後半の生放送くらいまではスピード感、
その後のジェニーとケントのシーンはじっくり...
そこからの最後のヘレンの一言は勢いと迫力!みたいな
感じで全体の緩急をコントロール出来たらもっと
良かったのかなと思いました。お客さんが見やすく、
という感じで丁寧に全体を作りこんでいた印象が
あったのでこういう風にしたんだろうなというのは
思ったのですが、多分そこまで丁寧にしなくても
お客さんには伝わる部分もあったと思うので、
どこが一番見せ場で、どこを魅せるためにお芝居の
流れをつくるのか、というところにもう一歩踏み込んだら
最高の最高、最&高!!だったなぁ〜と思いました。

個人的には最後のジェニーとケントのシーンで、
「うおおおおおおおおお!!めっちゃ!!!いいシーン!!
好き!!!」
という感じだったので、そこもぐっと時間を使って魅せて、
その後バーーーン!!とヘレンの声が入って、
「えええええええええええええええ!!!」
って感じになったらとてもとても好き.....と思いました。

ジェニーとケントのシーン、めっちゃいいですよね。
あそこのジェニーは、もっとたっぷり(ゆっくり)と
近寄って、それまでに、「驚き→嬉しい→何かに気付く→
とまる→考える→考えたことが事実か確かめにゆっくり
近づく→気づく→感情」みたいなお芝居が明確に見える
ようにやってもよかったのかなと思いました。
めっちゃ、良いシーンですよね、あそこ.....。(好き)





というわけで、全体に関してはこんな感じです。
あとは箇条書きでメモ程度に。


・ヘレンの最初の洋画芝居最高で上手すぎる。本物?
・メリーがかわいい(5000兆点)
・ロリー、好き(5000兆点)
・キャメルの「レディースアンドジェントルメン」の
 掛け声が150000点。あの一言完璧だった。
・シャロンがマジで大女優だった。
・ロビンソンは最初のシーンでアレだったけど、あそこで
 言葉を出さなかったのがベスト演技賞。
 下手に言葉で何とかしようとしなかった機転と度胸に拍手。
・スパンキーずるい。スパンキーずるい。(大事なことなのでry)
・フィリップが急に紳士になった。(笑)
・照明良くない?夜系の明かり好き......。
・音はもうちょっと煽ったりデカくても良かった気がする。
・客入れの演出は凝ってて良かったけど、「WBS」という単語が
 劇場に入った瞬間聴こえると意味が解らなくて戸惑う。
 お客さんがどういう立ち位置なのかもうちょっとわかりやすく
 フォローしてもよかったのかもと思った。
(観覧者でも、どういう観覧者、なのか?この奇跡の瞬間を
 見に来れた幸運な方々!、抽選で当たって選ばれた観覧者の
 皆様!とか。)
・拍手の練習の時が一番盛り上がった(よくあること)
・拍手のメッセージパネルが暗くなると見えなかった。
・シャロンがいい匂いしてそう。
・当日パンフ最高にいい。
・ただ、スタッフの所の文字間とかがバラバラなのかパンフが
 良すぎたゆえに目立った。
・歳のせいで寒さで足が病めた(精進します)
・終演後にあのパネルで写真取れるの最高にイイ。
 考えた人天才か?
・ホワイトボード凝ってて凄い。
・受付の対応がやっぱり気になる。
・大ホールの列形成が凄くて、入り口わかりにくかった。
・お客さんの入り方が流石すばるさん。いつ見ても凄い。
 羨ましい。
・衣装めっちゃ凝ってた。ダンサーの衣装めっちゃ着たい。



その他細かいところでも凝っていたりして見どころが沢山
あったので、楽しまれた方ばかりだったと思います。
お客様からのアンケートにもきっと良かった!という
感想が沢山あったと思いますし、それが全てだと思います。
自分の気に入ったところだけ取捨選択していただければと
思います。
舞台・映画鑑賞 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yellowrabbit.jugem.jp/trackback/1737
この記事に対するトラックバック


よく読まれてます☆ どうでもいいことから壮大なことまで答えてます。











 携帯からも!
qrcode
経済指標