芝居を手にした黄兎の日々

芝居を再び手にした私が繰り広げる、やや外れた日々。
でも、きっと面白い日々に違いない。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 朝日町 舟川べり桜 | main | 黒部峡谷鉄道 トロッコ電車の旅 〜雨編〜 >>

黒部峡谷鉄道 トロッコ電車の旅 〜晴れ編〜

黒部で有名な観光スポットで真っ先に
挙げられるのは、黒部峡谷鉄道、トロッコ電車
と呼ばれる列車です。

公式サイト
http://www.kurotetu.co.jp/


室井滋さんのアナウンスと共に列車に揺られて
欅平までの旅です。
列車に乗りながらの景色は何度見てもいいもの
だなぁと思います。

そんなトロッコ電車の旅を、
「晴れ編」と「雨編」に分けてご紹介しようと
思います。

車両がいくつかあるのですが、
「晴れ編」は「普通客車」(オープン車両)
「雨編」は「特別客車」(窓付)
での旅となっています。

http://www.kurotetu.co.jp/about_troko/

「雨編」はこちら↓
http://yellowrabbit.jugem.jp/?eid=1731


地元民だとなかなかこれに乗ろうと思って
行ったりしないのですが、県外から来た友達
なんかにはよく聞かれたり、乗りに行きたいと
言われることが多いので、説明するためにも
乗っておかなければなぁと思って出掛けました。

ちなみに地元民ですが、小さい頃に2回くらい
乗ってそれっきり乗ったことはなかったです(笑)
(ましてや、雨の日に乗るなんてことはまず
ないです。なぜ地元なのにわざわざ...)

基本的にトロッコ電車は「普通客車」、
オープン車両一択です。
これに乗らずしてトロッコの面白さはない、と
私は思っています。なので、天気が良ければ
迷わずオープン車両を選んでいただきたいです。
逆に雨の日や寒い日は窓付がいいと思います。
とにかく寒いので、乗っているだけで体力が
奪われます。行きは何とかなっても、帰りは
疲れもあり、少しでも体に負担がかからない方が
いいと思います。




こちらが乗車駅。
この下に黒部地方鉄道の宇奈月駅があるので、
そちらと間違わないように注意です。


切符売り場。10月下旬の平日、だったかな?
空いていますが、シーズンの休日は混雑しているので、
事前に切符を予約しておくのがいいと思います。
予約した場合は、奥のカウンターで発券して貰えます。



記事は「続きを読む」からどうぞ。

「晴れ編」ということで、「普通客車」、
オープン車両からのレポートです。



これがオープン車両。乗りながら真下を見ると、
場所によっては、とても怖い。

行きは右側がおススメです。
大体のスポットは右側にあります。
行きで取れなかった時は、帰りに左側に乗るのを
お忘れなく。



お城に見えるけれど、お城ではない建物。
後ろが溜池なので、中世っぽい雰囲気がとてもあります。



猿橋。
運が良ければお猿さんたちが渡っているのを見られるとか。





景色は実際に見るのが良いと思います...!
(素敵な写真が私の腕では撮れなかった言い訳)


そしてトロッコの終点、欅平駅へ。




欅平周辺は歩いて散策になります。
駅を中心に逆の方に散策スポットがあるので、
どのくらいの時間がかかるのか表示を見て、
どんな過ごし方をするか決めたらよいかと思います。
帰りの電車の時間もあると思いますので、それに
合わせて散策するのもいいかもしれません。

疲れたら、駅の2階にある食堂がおススメ。
メニューも豊富で、富山の名物、ブラックラーメンや
白えびも食べられます。


欅平周辺。

この後、この赤い橋は改修されていたような気がするので、
今はもっと違う雰囲気なんじゃないかなと思います。

足湯。




この時は、ほとんど時間が無くて、欅平周辺を散策する
くらいしかできませんでした...!

個人的には、散策に2時間くらい、休憩に1時間くらい
ほしいなぁと思います。サクサク散歩すると結構
早く見終えてしまうので、もしかしたらもっと短くても
いいかもしれません。


お天気が良いときの写真は色々な所にアップされて
いると思うので、もっと素敵な写真を見られたら
いいかなと思います。また、実際に行って空気や
湿度や温度なんかを感じてもらった方が楽しいかなと
思います。そういうのを全部含めて楽しんでもらえたら
いいなと思います。


この時の服装
・普通の厚さのトップス
・パーカー
・ストール
・ジーパン
・スニーカー
・薄手のナイロンジャンパー

10月下旬の平地では普通の格好だったように思うのですが、
トロッコに乗ったら寒かったのを覚えています。
「レッグウォーマーも履いてくればよかった。」と
思った記憶があります。

首、足首に風が入ってこない装備にすれば、多少
寒く感じても何とか耐えられると思います。


次はトロッコ電車の旅「雨編」です。
地元民は雨の日に乗りに行くということはまずないです。
それでも、ご旅行の日程が雨になってしまって、
どうしても雨の日にトロッコに乗る必要がある場合も
あるかと思いますので、何かの参考になればと思います。


「雨編」はこちら↓
http://yellowrabbit.jugem.jp/?eid=1731
  富山地元情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yellowrabbit.jugem.jp/trackback/1730
この記事に対するトラックバック


よく読まれてます☆ どうでもいいことから壮大なことまで答えてます。











 携帯からも!
qrcode
経済指標