芝居を手にした黄兎の日々

芝居を再び手にした私が繰り広げる、やや外れた日々。
でも、きっと面白い日々に違いない。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 演劇を始めた頃に言われた注意することあれこれ | main | 朝日町 舟川べり桜 >>

ももクロ春の一大事2019 in 黒部市 初心者参戦レポート

地元黒部!しかも宮野山でももクロのライブが!
ということで、地元民ならば行かねばなるまい、
ということで行ってきました。

私が行きたかったのもありますが、お義母さんが
「ライブに行ったことが無いから行きたいし、
 ももクロちゃんなら行きたい。」
と言ってくれたので、ならば行きましょう!という
ことで、お義母さんの接待も兼ねつつ行ってきました。

モノノフさんはマナーもすごくいいと聴きますし、
メンバーも4人と覚えやすいので、お義母さんも
大丈夫だな!と思いました。

私もホットフィールドくらいしか野外は行ったことが
ないのですが、コールやサイリウムのあるライブは
大丈夫なので何とかなるかなと思っていました。


そんな超初心者がももクロライブに初参戦した
レポートを覚書程度にまとめておきたいと思います。
土地土地によって色々違うと思いますが、来年の
春の一大事に参加してみたいと思った方々の
参考や足しになったらいいなと思います。


ももクロ春の一大事2019 in 黒部市
〜笑顔のチカラ つなげるオモイ〜

【DAY1】 2019年4月20日(土)
【DAY2】 2019年4月21日(日)
<両日共通>
open 13:15 / start 15:00 / (17:30終演予定)


https://www.momoclo.net/haruichidaiji2019/

【!】あくまでも黒部市の場合です。
必ず開催地の要綱を確認してください。
自治体や会場によって待機場所等は異なりますので、
あくまでも「黒部市はこうだったよ」という参考に
お願いいたします。



「ももいろクローバーZが宮野山に来る!!」
というのを聞いた時に、「マジか...。」というのが
最初の感想でした。(笑)

当日や次の日の噂で、黒部のホテルが全部埋まった、
魚津(隣の市)のホテルが埋まったっていうのを
聴きました。ホテルのスタッフさんも、なぜ急に
予約が殺到したのかわからず、予約のお客さんに
聴いたところ、ももクロのライブの日だからという
のを聴いて、びっくりしたというのも聴きました。

宮野山は、ホットフィールドという野外フェスが
数年前から復活しているので、ライブで沢山
人が来る、という下地みたいなものはあると
思っています。ただ、ももクロでは規模が違う!
ので、その点受け入れキャパ的に大丈夫なのかしら〜、
後は交通の便がめっちゃ悪いけど大丈夫なのかしら〜、
というのは思っていました。

そのあたりは、臨時便がでたり、ももクロの
メンバーが宮野まで歩いてくれたりして、できる
最大限をやってくれているんだなぁと思いました。
交通の便は本当に自治体とかが動いてくれないと
どうしようもできないですし、地元民としても
一番申し訳なく思う所なので、何とかしようと
してくれるのを見ると本当に感謝しかないです。


そんな地元民の私は、出発するまでゆっくりと
家で過ごし、お義母さんの体調や体力も考えて
11時に家を出発。
旦那さまに会場近くまで送迎してもらいました。
(この辺りは、通行止め付近のスペースとかを
確保してもらって、送迎を誘導してもらえたら
県民にもよかったような気がしています。
宮野の麓まで乗り入れたいとは言わないから、
ちょっと近くくらいまで乗り入れ出来たら
よかったなぁ)

マップはこちら。結構ギリギリまで出店のお店が
出ていなかったりしたのですが、数日前までには
しっかりしたマップが出ていて、とても助かり
ました!





12時前には会場に到着。
そのまま事前認証へ。


最寄りの新幹線駅、黒部宇奈月温泉駅から会場の
宮野山まで、こんな看板が立っているそうです。
めっちゃ応援されますね!


事前認証は少し山側にあがったところにある
体育館で。


チケットと顔写真付きの身分証明書をここで提示して
認証タグをつけてもらいます。


こんな感じのタグ。

クロークもここで受付。45Lのゴミ袋を購入して、
その中に荷物をまとめて入れる方式です。
長机を組んで棚にしていて、かなり預けられそうな感じ
がしていました。12時くらいだと、3分の1も埋まって
いない感じでした。
オールスタンディングで、もうぎゅうぎゅうになるので、
リュックくらいの荷物だったら預けた方がいいなぁと
スタンディングしている方々を見たら思いました。

認証を出たところにフラワースタンド(通称フラスタ)
が置いてありました。初日だったので、もしかしたら
2日目はもっとあったのかも。






そのまま、無料エリアのウォー太郎パークへ。
「ウォー太郎」というのは黒部市のマスコットキャラで、
富山出身の藤子先生がデザインされました。
水の妖精らしいです。ゆるキャラにするには、
キャラクターデザインがしっかりしているし、
マスコットキャラにするには、もうちょっとかわいい
感じでもよいんではないだろうか、という地元民の
感想が多々あります。(笑)

ホットフィールドではステージ設営場所になる
芝生広場ですが、春の一大事では、競技場にステージを
つくるということで、無料エリアになりました。
地元民にはお花見でもおなじみの場所です。
黒部宇奈月温泉駅から歩いてくると、この宮野運動公園に
入ってからの坂道がきついですよね......。


その坂道を頑張って登っていき、物販のはるえ商店さんへ。
私がいつも見ている某ライブ物販の基準しか知らないので、
どのくらい並ばなければならないのか時間が読めず...。
とりあえず早く行っても損はないということで、
12時過ぎくらいへ物販へ。


道中にも物販の看板。
多分売切れたら×されたりとかソールドアウトの
シールが貼られるんじゃないだろうか。


物販前には大きめの看板。入ったすぐのところには
実物が展示してあるスペースがあるので、サイズとかも
確認できます。物販も初のお義母さんはここで結構
じっくり見ていましたね。


物販出口側からみるとこんな感じ。

今回は初心者にも扱いやすいマフラータオルをゲット。


そのままウォー太郎パークをステージ側に降りていき、
軽く食べることに。


キッチンカーがステージ向かって左側に。


行く前から食べよう!と思っていたもも角煮まん。



外袋のパッケージもめっちゃかわいい。
角煮がどーん!と1個入っています。食べるとめっちゃ
スッととろけていくぜ...。皮もふわっとしてて
一瞬で角煮まんがなくなっていきますね。


キッチンカーの反対側には富士見市や東近江市の
物販コーナー、ファンクラブの受付などのブースが。


一番上から見るとこんな感じ。日本海、富山湾まで
一望できます。ホットフィールドの時は、この景色を
バックに夕日が沈んでいく中ライブが見られます。

その後はステージを横目にウェルカム黒部エリアへ。


12時半前だったので、入場の待機列が形成され始めて
いました。
ウォー太郎パークへ続く坂道を半分に区切り、上り
向かって左側が待機列に割り当てられていました。
ただ、1日目は待機列かどうか、待機場所の先頭や
最後尾がわからなくて、列形成が混乱していた
感じでした。多分参加者のみなさんもそんな風に
思っていたのではないかなぁと思いました。


左側が待機列側。


ところが次の日、2日目!スタッフさんが凄い!




少しでも来てもらった方に不自由な思いをさせない
ようにというももクロスタッフさんのお力、
本当に凄い。多分参加した方々のちょっとした
会話とかから改善されているんだろうけど、
こういうのがすぐできるっていう体制があるのが
とてもいいなぁと思いました。

ちなみに、1日目はエリアの分け方がアルファベット
でした。ツイートを拝見すると、2日目はひらがな
なのですね。こういう、両日参加する方が混乱しない
ような「仕組み」が作られているというのは凄いです。
スタッフさんにももちろんこの仕組みはいいですよね。


この列形成の間を縫ってウェルカム黒部エリアへ。
こちらでは、黒部のお店などがブースを出してくれて
いました。
地元民からすると、あの店とあの店が出てる!とか(笑)
中には知り合いの方もいらっしゃいますしね。


エリア入り口から見たらこんな感じ。
元々は宮野山の駐車場になっている場所ですね。
こうやって使われると意外と広く感じます。


「富山ブラック」のラーメンは人気。
カレーも早く出来上がるので、名水ポークカレーも
食べられた方が多かったかもですね。
花朝月夕さんは、メルシーさんの隣にある居酒屋ですね。
結婚式の2次会とかでもよく使われます。
個人的にはその2階にある、「サゴジョウ」という
お店が好きです。チャーハンとかエビマヨとか大好き。


地元のお店とのコラボ商品も。結構力が入っていたと
思います!


私は肉のたなはしさんのメンチカツを!
このお店の近くにある高校に通っていたので、よく
目にしていました。たなはしさんの近くにある和菓子屋
さんの大判焼きとかも実はいい。(今はもうやって
いなかったような気がします。)



あげたてめっちゃおいしいいいいいいいいい!!!
サクッっていう音がする衣に、じゅわっとくる肉汁。
食べた感ありました。


食べながら休憩。
お隣に座っていたモノノフさんとおしゃべりをさせて
いただいたりして、あぁ、これが醍醐味だよなぁ〜
って思いました!本当にお近くになった方や、席の
お隣の方とかいい方ばっかりでとても居心地がよかった
です。


私たちは「着席指定券」という席を取れましたので、
入場は開場した13:15分以降ならいつでもOKという
チケットでした。
「スタンディング」の方々は、認証時に発券された
指定時間になったら、列形成場所に並んで入場する
という形式です。ブロックエリア毎に入場する形で、
柵で区切られたエリアに入場する際にチケットの
確認がありました。柵で区切られたエリアに入った
方から自由に場所を取れる感じです。

着席指定券で席が決まっているので、14時過ぎ
くらいに会場に向かいました。

着席指定券とスタンディング券の入場口が同じ
だったので、スタンディング列の入場タイミングと
かぶらないように入った方が良かったなぁと思いました。
(列に巻き込まれてしまいました。)
開催地によっては入場入り口が違うと思いますので
その点は確認してくださいね。

14時過ぎくらいに入りましたが、その時点で
ライブ会場内は半分くらいが埋まっている感じでした。

スタンディングエリアの入場は、
ステージ向かって右側のブロックから入場して
いっているようでした。ステージ前列→ステージ右奥
→ステージ中央右→ステージ中央左→ステージ左奥、
といった感じで入場していました。
(エリア番号Sが右奥、エリア番号Rが左奥。)
先ほども書きましたが、2日目はエリア番号がひらがなに
なっていたので、どういう順の入場だったかは
わからないですが...。

着席指定の場所は、これらのスタンディング席の後ろに
なります。ライトスタンド側とレフトスタンド側に
分かれていて、一般発売でチケットをとった私は
レストスタンドでした。(黒部市民枠はもしかしたら
ライトスタンド側に固まっていたのかもしれないですね)

入場に時間がかかっていて、15分押しでライブはスタート。
ライブの前には黒部市の紹介映像なんかも流れていました。
歴代の開催地市長の登壇もあり、つながっているなぁ
という演出も印象に残りました。

終了は18:00頃。
セットリストはこちらのモノノフさんがまとめて
下さっているので、お借りします。




終演後は、ブロック毎の規制退場でした。
ファミリー席や、入場とは逆にステージ向かって
左側のブロックからの退場でした。

また、クロークに荷物を預けている方は、
クロークに近い場所から退場できていました。

ライブ会場を出てからは、
「ファミリー駐車場」
「シャトルバス」
「徒歩」
という感じで、利用するものによって
分かれて移動になっていました。

ウォー太郎パークにあったキッチンカー等は、
ウェルカム黒部エリアに移動しての販売になって
いました。

17:00くらいから、黒部というか富山らしく、
風が冷たくなってきて、寒くなってきました。
帰るときには1枚羽織っていかれたらよいかも
しれません。


気が付かなかったのですが、雲が「Z」に見えると
教えてもらいました。黒部の空、サービスしてくれる
なぁ。

このくらいの天気は、1年に何回あるかなぁっていう
いいお天気でした。当日の私のツイートはこちら。





本当に来て下さったモノノフさん方、みなさんから
感じられる雰囲気がとてもいい雰囲気でした。
黒部側がちゃんとそれに応えられるような受け入れが
できていたかなぁって思います。みなさんに
ストレスにならないような対応ができていたら嬉しい
です。


そして当日の私の装備。
<服装>
・インナー
・薄手の服
・長袖(春物)
・薄手のセーター(秋物)
・パーカー(春物)
・ジーパン
・スニーカー

<持ち物>
・ペットボトル(お茶)
・水筒(温かいお茶)
・レジャーシート
・タオル
・サイリウム×2本
・お財布
・スマフォ
・ナイロンの上着

着席指定席だったので、タオルをベンチに敷いて
座っていました。(だいぶ良かった。)
レジャーシートは芝生広場で1回使っただけだったので、
必要なかったかもと思いました。タオルで代用できた
気がします。芝生も乾いていましたしね。
気になる方はあった方がいいと思います。

日中は一所懸命歩いていたら、上の服装では
汗ばむ感じでした。帰りはこれだとちょっと寒い感じ
でした。黒部は朝夕の寒暖差が結構あるので、
服装は結構調整が難しい気がします。
地域によって加減していただけたらいいんじゃない
かなと思いました。




もっとゆっくり黒部や富山を観光したい、という
方が居てくださったら嬉しいなぁということで、
他のブログ記事へのリンクも。

宇奈月観光〜駅周辺〜
http://yellowrabbit.jugem.jp/?eid=427

ホットフィールド2013 初心者参戦レポ!
http://yellowrabbit.jugem.jp/?eid=1494

入善町フラワーロード
http://yellowrabbit.jugem.jp/?eid=385

このほかにも、ちゃんと黒部峡谷鉄道、
トロッコ電車に乗りに行ったり、舟川べりの
桜を見に行ったりもしているので、ちゃんと
記事を書いておかなければと思いましたね...。

ブログの右のメニュー、
「富山地元情報」のところに、近くのお店なども
書いていますので、数少ない地元のお店ですが、
必要なことがあれば幸いです。



本当に遠いところからみなさん黒部に来てくださって
ありがとうございました...!
レポート色々 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yellowrabbit.jugem.jp/trackback/1728
この記事に対するトラックバック


よく読まれてます☆ どうでもいいことから壮大なことまで答えてます。











 携帯からも!
qrcode
経済指標