芝居を手にした黄兎の日々

芝居を再び手にした私が繰り広げる、やや外れた日々。
でも、きっと面白い日々に違いない。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2015 SUPER GT Round2 富士スピードウェイ 初心者観戦レポ - その1 - | main | こうやって台本の読み方を知ってきた >>

2015 SUPER GT Round2 富士スピードウェイ 初心者観戦レポ - その2 -

引き続き、富士スピードウェイの初心者観戦レポです。

予選・1日目のレポはこちらへどうぞ。
2015 SUPER GT Round2 富士スピードウェイ 初心者観戦レポ - その1 -

レースのポイントやレース解説、撮影ポイントなどに
ついては、他のブログさんの方が詳しいと思いますので、
他のサイト様を検索下さい☆

富士観戦の感想やピットウォーク・グリッドウォークに
ついての感想が多めです。


2日目もいい天気!


GSRを応援しておりますので、そちらの写真が多めです。
他チームの写真はあんまりないのです><

2日目の様子は「続きを読む」からどうぞ!

1日目・予選と同様いいお天気で迎えた決勝当日。
昨年観戦に行ったSUGOが天気も悪く、スケジュールも
厳しかったので、それに比べればとても条件のいい
観戦両日になりました。

決勝日はホテルの朝食が7時、ホテル出発が8時くらいでしょうか。
他の方に比べるとかなりゆっくりとした出発時間かなと思います。
この時点で駐車場は昨日よりも遠いところを覚悟。

富士は関東方面からもアクセスしやすく、大型連休中の
開催と言うこともあって、毎年人出が多いです。
「早すぎるかな?」くらいでも丁度いいと思います。


富士には8時20分くらいに到着。
昨日は西ゲートから入りましたが、この日はP2駐車場
周辺に誘導されることを見越して、東ゲートから入場。
遅いスタートではありましたが、昨日と同じP2駐車場に
止めることができました。

また、決勝日は人出が多いことを見越してか、
P2駐車場の上、「トヨタ交通安全センターモビリタ」の
コース横が臨時駐車場になっていました。


コース横に並ぶ車が圧巻。

こちらは西ゲートから入場で、無指定駐車場券の人が
誘導されているような感じでした。
東ゲート側からも行けないことは無いと思うのですが、
誘導の方次第では入れるかどうか不確かなので、
モビリタ臨時駐車場にとめたいという方は、西ゲート側から
入ったほうが無難かもしれません。


予選日とは違い、かなりこの時点で混雑しているのが
感じられた決勝。入場してからも人が多い!です!
人手が多いといわれている富士、流石です。

中に入るとVitzカップ決勝が行われているところでした。
このあとは昨日確認できなかった場所から、撮影に
いいところがないか散歩。


アドバンコーナーの165R側から見た30Rコーナー方向。
手前の金網が邪魔ですが、私よりも寄れるカメラを
お持ちの方は十分狙える場所かと思います。


トリミングして限界・・・のミク号><

屋根など日陰になる場所は無いですが、芝生の
斜面に座れる段差があるので、じっくり見られるポイント。

ピエールさんが最初に「キャンプみた〜い!」と
言っていたのはこの場所↓です。

カラフルなテントが並んでおりますね。
日差しが強いのでテントはかなり重宝されていた様子。
ただし、道など邪魔になるような場所は避けて設置して下さいね。



フリー走行が終了したら、グリッドウォークにあわせるため、
早いお昼をとることに。
メインスタンド側にしか食べ物を買うところがほとんどないので、
そちら側へ移動。結構歩くので、足元は歩きやすい靴推奨です。

メインスタンド裏のスペースは日陰になっていて、
休憩するのにかなりいいです。ベンチもあるので、空いていたら
利用させてもらうと◎
床スペースはレジャーシートなどでの場所取りが行われていて、
ほぼスペースがありません。他のサーキット場より人手が
多いとはいえ、この場所取りがかなり目立つので、あまりこういうのが
好きではないな、という方は、ピットビルAの2階スペースがオススメです。
(ただし、ピットビル上のスペースへ入れる入場券必須です。)

あと、親子連れが多く、メインスタンド側は騒々しい・・・!
かもしれません><。それだけいろんな人が楽しめるサーキット場で
設備も充実しているということだと思いますが、やはりそういうのが
苦手だな、という方もいると思います。
お互いに気持ちのいい距離感で楽しめるように、お互いに配慮
しあえるといいなと思います。
余裕が持てるかたは、パドックまで入れるちょっと上の入場券を
持たれた方がストレスがないと個人的に思いました。

個人的にざっと見ただけですが、富士は関係者の方やパドックに
入れる入場券以上を持っている方が多かったように感じました。
ストレスなく見て回るために、個人的にはゲストグリッドパス以上の
入場券じゃないと富士はちょっと行きたくないな・・・と思いました。
(なぜかはこのあとのピットウォークの様子を見れば・・・)



そしてピットウォークの時間!になるのですが・・・。

決勝当日、ピットウォークに並ぶ列は、3箇所ほどありました。
入場券の種類によって、多分待機列が変わるのでは?と思いますが、
はっきりと確認したわけではありませんし、その時々によって
変更になる可能性もありますので、あくまでも参考として
見ていただければと思います。


「ピットウォーク券」のみの入場券を持っている方が並んでいたと
思われる待機列です。小さな看板が立っているので、
見つけやすいと思います。
ピットウォーク開始が12時00分からですが、この時点で10時半。
ここから1時間半ほど並ばれるようです。


パドックに入れる入場券でピットウォークが可能な場合、
ピットビルAの左のゲート前の待機列に。
ここも先頭に「ピットウォーク待機列」の小さな看板が
あるので、わかりやすいと思います。
写真は12時前頃。奥のほうの駐車場くらいまで列がのびて
いました。

もう一つは、ピットビルAとBの間の第3ゲート。
ここからも入場していた列があったので、ここからも
待機列が伸びていると思います。
予選の日は、こちら側の待機列に並んでピットウォークに
参加しました。

かなり並んでいる人が多かったので、これに参加していたら
次のグリッドウォーク列はかなり後ろになってしまうと思い、
ピットウォークは諦めました。
予選の日に既にピットウォークには参加していたので、
決勝はグリッドウォークに集中することに。

このあと、ピットビル上からピットウォークの様子を
見たのですが・・・




動ける状態ではありますが、ピット側に行って写真を撮ったり
サインをもらったりする余裕がほとんど無いんじゃないかと
思います。

予選・決勝両日に参加する方は、富士の場合予選のうちに
ピットウォークに参加したほうがいいと思います。
それだと決勝日のスケジュールがあいてしまうので、
その分グリッドウォークに参加できる入場券にして・・・
という感じがいいのかなと参加して思いました。


レーススケジュールにはのっていないのですが、
このあとグリッドに車が並んでからグリッドウォークに
なります。ピットウォークが始まってから割りと早めに
グリッドウォークの待機列に並ぶことに。

ただ、「グリッドウォーク待機列」というような看板も
ありませんので注意です!
ちなみにこのときはピットウォーク待機列だった
ピットビルAの左のゲート前の所に
そのままグリッドウォークの待機列をつくっていました。


このゲートの前辺りです。
毎年同じとは限りませんので、あくまでも参考程度に
見ていただければと思います。
ピットウォークよりも並んでいませんでしたが、それでも
グリッドに入るとかなり混雑していました。
お目当ての車があるならば、しぼって行ったほうが
いいと思います。また、このあとすぐにレースが
スタートします。選手の方や車の調整を行っている
スタッフさん、関係者の方にご迷惑にならないように
気をつけたほうがいいかと思います!


そしてグリッドウォーク!!
すっごい近くで見られます!!!うおおお!!!!


SUBARU BRZ
子供にめちゃくちゃ人気がありますよね!!


GSR 初音ミク
ミクさんかわいいいいいいい!!!!


そしてそして、サポーターズのガールズも><
つっつこと荒井つかささん☆☆☆
小さいデジカメおばさんの私に気がついて
ポージングしてくれました>< 嬉しいっ!!
小さいおばさん大勝利です!w

グリッドウォークは時間は短いですが、
近くで見られるのと、ピットウォークよりも人が少ないので、
こうやって写真もばっちり撮ることが出来ます!

富士は人手が多いので、先ほどもちょっと書きましたが、
「ちょっと上のパス(入場券)にして、人がちょっとでも
 少ない場所(イベント)を狙う」
というのがコツかなと思いました。

あと、親子連れでお子さんがいる方は、予選日の最後、
「GTキッズウォーク」がオススメだそうです。
子供連れ限定でのウォークになるので、人がさほど多くない
状態になるようです。無理やりお子さんを混雑した中に
連れて行くよりは、最初からこれを狙って過ごすというのも
手かなと思いました。



そして決勝レース。
心なしかいつもより実況のピエールさんのテンションが
高いような!!(笑)お客さんも多くてテンションが
あがったのか、第1戦のストレスからなのか!(笑)

レースは序盤の混戦やらトラブルやらで面白い展開になりました。
最後の最後もサイドバイサイドの接戦で見ごたえがあった
レースで面白かったです。


表彰式も間近で見ることができました!


この後はコースを通って駐車場まで歩く、
コースウォークになります。
駐車場までの道の混雑を分散させる目的など色々あるのですが、
このレースの後にコースに出るのはめちゃくちゃ嬉しくなります。



まだレースの余韻が残るコースから見る景色はとても綺麗です。
ちなみに、コース上に落ちているタイヤの破片というか
切れ端みたいなものがあるのですが、お持ち帰りOKのようです!
記念におひとついかがでしょうか。


メインスタンドも静かな雰囲気。


富士山には雲がかかっていて残念でしたが、こんな雰囲気の
富士もとても良かったです。
レースだけではなく、景色もひっくるめて満喫できるのが
富士スピードウェイの魅力の一つだなと思いました。


この後、駐車場から脱出になります。
私たちが並んだ、駐車場から出る車の列はたまたま
流れの速い列だったのですが、ひどいときは、駐車場から
でるのに2時間かかることもあるそうです。
駐車場を出てからゲートまでの道は全て一方通行で
出るまでにさほど時間はかかりませんが、とにかく
駐車場から道に出るまでに時間がかかりそうでした。

これを見越して、最後のコースウォークをゆっくり過ごす、
という方もいるそうです。それもいいなと思いましたので、
工夫されてみてはいかがでしょうか。
まだ、この夕方の時間は風が冷たくなってきました。
長袖一枚だけだと肌寒く感じます。長居される方はもう一枚
何か羽織るものがあったらいいと思います。



ということで、富士の初心者レポートでした。
全体的に設備が整っているので、それに関するストレスが
あまりなく、また、パスもパドックまで入れるものだったので、
人ごみを避けてすごすことが出来ました。
逆に何度も行くなら、入場券だけでテントなどを持ち込んで
コーナーあたりの段差で過ごすのもいいなと思いました。
(その場合は朝6時入場必須ですが・・・)

見るポイントも多いので、色んなすごし方ができる
コースだなと思いました!ふらりと入場券だけで次は
行ってみたいかもしれません。

日々、日常 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント


初めまして、としおと言います。

毎週、テレビでSUPER GTを観ています。
仕事柄、平日休みで今までサーキットへ観戦に行った事がありません。
あなたのブログがとても読みやすいので、この度コメントさせて頂きました。


僕はHONDAのRAYBRIGが好きで応援しています。
来年には、休暇を取ってSUGOのサーキットへ観戦に行きたいと思っています。

すいませんが教えてください。
山本選手や伊沢選手のファンなので、サインを欲しいのですが、普通の観戦券だけでサインを貰う事は出来ますか?

又、ピットウォークやグリッドウォークとは何でしょうか?

まだ観戦に行った事がないので、サーキットの事がわかりません。
教えて頂けたら、ありがたいです。
すいませんが、宜しくお願いします。
としお | 2015/10/14 4:16 PM

としおさん
コメントありがとうございます!
閲覧するのが遅くなってしまいすみません。
不安にさせてしまっておりましたらごめんなさい><

現在チケットについてなどまとめているので
もう少々お待ち下さい!
取り急ぎコメントお返ししておきます。



のとえみ | 2015/10/28 9:16 PM
こんばんは。

お返事ありがとうございます。

お手数かけます。

すいませんが、宜しくお願いします。
としお | 2015/10/29 7:07 PM
記事が長くなってしまいましたので、
新規記事として書かせていただきました。

http://yellowrabbit.jugem.jp/?eid=1593

↑こちらのアドレスから記事の方へ
お願いいたします。

また、ご質問の文章を使わせていただきましたので
ご了承いただければ幸いです。
のとえみ | 2015/11/03 9:19 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yellowrabbit.jugem.jp/trackback/1581
この記事に対するトラックバック


よく読まれてます☆ どうでもいいことから壮大なことまで答えてます。











 携帯からも!
qrcode
経済指標