芝居を手にした黄兎の日々

芝居を再び手にした私が繰り広げる、やや外れた日々。
でも、きっと面白い日々に違いない。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< [PFK]演劇サークル「キャンドルは燃えているか」公演 | main | [PFK]演劇サークル「サマーナイト・デコレーション」稽古 >>

<N>養成所進級審査

新年が明けて初めての演技は、毎年恒例の進級審査。めでたいのかめでたくないのか、謎である。

今年は去年より上のクラスということで、課題もそれなりのものになってきている。いつものように先渡しの演技課題と、当日の当日課題が課せられた。

今年の先渡しは、セリフが既に用意されているものを演じる課題と、自分で自由に創作する課題の2つがあった。そして当日課題は、セリフを演じなさいというものと、フリートーク。フリートークはくじ引きでお題を選び、それについて話す。くじを引いてから考える時間もあまりなく、それが緊張を誘う。もちろんフリートークのお題は一人一人違うもの。

フリートークの制限時間は30秒。待機場所に座っているので、ストップウォッチは使えない。しかし、30秒という感覚は、私がやっているラジオ「うさぎの時間」のOPトークの秒数と同じなのである。ラジオをやってきて良かったなぁと思った瞬間である。自分のやってきたものがプラスになってきたのは良いことだと思う。欲を言えば、もっと中身を考えて、相手に伝えることができればなと思った。

そして先渡しの課題なのだが、やってしまった。セリフが飛んだのである。
舞台でもセリフが飛ぶことはよくある。だから、それ自体については、「あー、今セリフ出てこない。」と冷静なのだが、それと同時に、つけていた動きが止まってしまったのだ。練習不足の点も反省すべきところなのだが、それ以上にセリフが飛んだとき、動きでカバーできなかったのがよくなかったと思う。
結局適当につなぎましたが……。

部分部分反省すべき点はあったが、審査を受けていてとても面白かった。観ていてくれる人がいる。そして、その人たちに伝えるというのがとても楽しかったのだ。今回はこの審査をとても楽しく終えることができたので、それが一番大きかったと思う。
結果は後から。
どんな結果が出ても後悔しないと思うくらいだったので、いい経験になったと思う。
他養成所 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック


よく読まれてます☆ どうでもいいことから壮大なことまで答えてます。











 携帯からも!
qrcode
経済指標