芝居を手にした黄兎の日々

芝居を再び手にした私が繰り広げる、やや外れた日々。
でも、きっと面白い日々に違いない。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ≪AE04≫キャスト決定 | main | 【鑑賞12】「アネモネ♭」 >>

新人さんに会いました

下級生の子が芝居に出るというので、そのチケットを買うというのを口実に、プチフレの稽古場にお邪魔しました。本当に邪魔だったと思いますが(爆)


そんなわけで、今年初めて新人さんに会いました。

いや〜…みんな初々しいです。これぞ新人!っていう感じでした。去年の新人さんの雰囲気とは違います。学年ごとにカラーが大分違うんですよね。今年はどうやら経験者と初心者が半分半分くらいらしく、まだどうしようみたいな雰囲気がありました。これからどう出てくるのかまだ未知数です。演出さんの腕の見せ所でしょうか?


稽古場にお邪魔して、更に本読みとかちょっと参加してしまいました。うひゃー、すごい緊張しましたよ(汗)

で、皆とやってて思ったのですが、「あー、もうここでやるのは去年までとなんか違うな」って。いい意味で。やっぱり目指しているものが違うと、質が違うのです。レベルがどうとかではなくて、私のいるところはここではないっていう感じです。この場所でいろいろやりたいけれど、私の中で足踏みしている感じがして、ここで芝居をするのであれば、いろんなものを求めちゃいけないなって思いました。プロとして芝居をしていくならば、私の居所はここではないのでしょう。

新人さんと芝居をしてちょっとそんな事を思いました。


新人公演はどうやら7月頃あるらしいのですが、演出さんが演出っぽいです。私にしたら下級生なんだけど、下の子からしてみたら、立派な上級生だなあと思いました。皆1年生の頃から見ている子達ばかりになったので、その成長振りにとても嬉しくさせられました。ああ、すごいなあ。頑張ってるなあって。


ただ、ちょっと気になった事もありますが(汗)これがよくないとかうんぬんとか言うつもりではないのですが、「大きな声を出す」っていうのは、物理的なものだけで終わって欲しくないなあとちょっと思いました。


私たちの公演場所では、肉声で広い範囲まで聞かせなければなりません。だから、それなりに聞かせることは必要なのです。けれど、それだけだったら叫ぶだけで終わってしまう。だから、「気持ちを伝えたい」→「だから大きな声になる」っていう過程を忘れて欲しくないなあと思ったのです。


ただ台詞を大きな声で言うのは、1ヶ月とか基礎訓練やってれば、それなりにできるようになると思います。リハで実際の舞台に立てば「ああ、もっと大きな声じゃないとだめだ」って思えると思います。だけど、それだけで終わって欲しくない。ちゃんと気持ちを伝えられるようになって欲しいです。メッセージとか台本に詰まってると思いますし。

だから、単に声を出せっていうのじゃなくて、気持ちを大勢の人に聞かせるために声を出してとか、伝えてって言う風になっていって欲しいです。エチュードみたいなので、やってるんですけどね、毎年。


まあ、何であれ、新しい年度が始まりました。どんな新人公演見せてくれるのか楽しみです。頑張れー。

Petit French Kiss | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック


よく読まれてます☆ どうでもいいことから壮大なことまで答えてます。











 携帯からも!
qrcode
経済指標