芝居を手にした黄兎の日々

芝居を再び手にした私が繰り広げる、やや外れた日々。
でも、きっと面白い日々に違いない。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 実家襲来 | main | さらりと、「お紅茶いただこうかしら。」 >>

頑張れとしか言えなくて

今日、久しぶりに、PFKの稽古場に行ってきました。
下級生達が、4月の新歓公演に向けて稽古をしているというので、ちょっとお邪魔しました。


久しぶりの稽古場なのですが、なんだか空気がゆるゆるしているぞ??だい、大丈夫かなあと思いました。なんだか心配です。でも、私たち上級生が、ずーっと手ほどきをしていくわけにも行きません。そうしてばかりいると、今度はその子達のためにならなくなります。

難しいところです。



結局、私の言いたいことは言ってきたのですが、これからどうなっていくのかはわかりません。陰ながら見守っていきたいです。


演出の子とちょこっと話をしたのですが、サークルといえども、私は、何か伝えるものがなければお客さんの前で芝居をするのは意味がないと思っています。


それが例え拙い表現方法であっても、その演出がこうしたい、これを伝えたいということがあって欲しいと思うのです。でなければ、時間を割いてわざわざきてくれたお客さんは、そこで何も得るものが無いと思うのです。


ただ芝居をみて、「あー面白かった。」「よかった」
で終わってしまうのです。せっかく舞台を作るのに、勿体無い。


後、私は演出をしたことがないのでわからないのですが、役者として、困ったことがたくさん有ります。やっぱり、この芝居の目的とかどんな芝居にしたいかがわからないと、どうしていいかわからなくなります。どうやってこの芝居に関わっていったらいいのか、何をしたらいいのか困ってしまって、なんとも宙ぶらりんなまま本番を迎えるのです。


こんな感じに陥ったことが何回かあります。役者さんと演出間の話し合いとかなかったこともたくさん有ります。なくてもわかればいいんですけどねえ…。
(無くてもわかる人もいます。なんとなく稽古してるとみえてきます。)


ということで、PFKらしさとか、その演出さんらしさがでた芝居とか、その演出さんだからできる舞台をみてみたいと期待しつつ、どんなダメだしをしたらいいかなあと日々考える私でした。
Petit French Kiss | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック


よく読まれてます☆ どうでもいいことから壮大なことまで答えてます。











 携帯からも!
qrcode
経済指標