芝居を手にした黄兎の日々

芝居を再び手にした私が繰り広げる、やや外れた日々。
でも、きっと面白い日々に違いない。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< [PFK]演劇サークル「大晦日SPIRAL!」稽古 | main | <MP>稽古第22回目 >>

[PFK]演劇サークル「大晦日SPIRAL!」稽古

2日ぶりの稽古。今までやった場を確認して、新しい場をやる。自然な感じで場に出たり、セリフを出したりすると、彼女(私のやっている役)の感覚に近い状態でやれる…というか、空気が見え始める。

それ以上にすごいのは、私と絡んでいる役者さん。
その人の変化がすごい。それまでに話していて、どんな風にやろうとか、こうしたいというのが、形に現れ始めている。こうやりたいという方向性が見える。私なんかは全然曖昧。そして、私はそれを受けて感情を出しているだけ。でも、それでも彼女はそこに現れるようになってくれるような気がする。

私は何をしたらいいんだろう。
どうやって表現していったらいいんだろう。
めちゃくちゃ悩む。

自分がどうしたいのか、ちゃんとはっきりさせていかなければいけないんだろうなあ。
Petit French Kiss | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック


よく読まれてます☆ どうでもいいことから壮大なことまで答えてます。











 携帯からも!
qrcode
経済指標