芝居を手にした黄兎の日々

芝居を再び手にした私が繰り広げる、やや外れた日々。
でも、きっと面白い日々に違いない。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

シアパラ公演ありがとうございました。

24時間ぶっとおしライヴにて、シアターパラダイスの
公演が終了いたしました。
観に来て下さった皆様、どうもありがとうございました。

いくつかのハプニングもありましたが、
無事に公演を終えることができました。

出演していないですが、1つ公演が終わると、本当に
ほっとしますね。

私はゲネのほうと本番のほうを見せていただきました。
シアパラの前、ということもあって、桜井高校吹奏楽部と
それから初参加の桜井高校放送部も見せていただきました。

放送部は朗読劇だったのですが、人前で読む機会が少ないので、
生の反応を感じながら朗読できると言うのは凄くいいことだなと
思いました。(むしろ私がやりたい!)
本当、コンテスト以外ではあんまり人前で読まないんですよね。
コンテストも優劣がつくので、(悪く言えばコンテスト用の
勝てる朗読とかアナウンスになってしまうとか)
純粋に楽しむとか感じるというのは、出ているほうも見ている方も
なかなかできないんじゃないかなと思いました。
(私もコンテスト出場時はライバル校のアナウンスとか朗読って
純粋に聴けなかったです。メンタル弱いなー。笑)

これからしばらくは公演など予定は無いのですが、
機会があったらやりたいなーと思うことはいくつかあるので、
そのいつかの「機会」がくるときのために、色々準備
しておきたいなーと思いました。

JUGEMテーマ:演劇・舞台


シアターパラダイス | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

24時間ぶっとおしライヴinシアパラ

来週の24時間ぶっとおしライヴに参加するシアターパラダイスの
テクニカルリハ&ゲネプロにお邪魔させていただきました。

私が参加していた第1回とはがらりとメンバーが変わっています。
劇団フロンティアからも数名出演しますので、ぜひ
お時間のある方はご来場下さい。


「24時間ぶっとおしライヴ2010」
8月28日(土)19:00〜29日(日)19:00まで

黒部市国際文化センターコラーレ マルチホール
入場は無料 出入り自由です。

今年のテーマは「I Belive」
24時間テレビに賛同した企画です。


シアターパラダイスの公演時間は
8月29日(日)12:30〜
※舞台は60分を予定

テーマから、今年は「ロミオとジュリエット」を
取り入れ、作品にしております。

堅苦しくなく、さらりと、おいしいとこどりで見られる
作品だと思います〜。
私は出演しませんが、当日お手伝いで会場におりますので、
どうぞよろしくお願いします。


シアパラの舞台も気になるのですが、
ライヴのチラシをみると、29日の11時半くらいから
「桜井高校放送部(朗読劇)」って書いてあるんですよね。

なにこれっ!!
見たい!!(笑)

そしてなぜ私が現役だったときにやってくれなかったのだ。
私も朗読劇したいよ・・・・・・。

というわけで、その時間から会場にいると思いますので、
顔も名前も知らない後輩たちではありますが、
どうぞよろしくお願いします。

JUGEMテーマ:演劇・舞台


シアターパラダイス | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

今年もやりますぶっとおし!

あっという間にお盆休みが終わってしまいましたね!
何だかにぎやかだったという感じで終わってしまいました。

まとまったお休みに入る前はあれもやりたい、これも進めたい、
あっちを形にしたい・・・などなど色々思うことはあるのですが、
なかなか現実になってくれないものですね(笑)

映画も見に行きたいな〜というものが何本かあったのですが、
映画館の人の多さに、あっけなく帰ってきてしまいました。
やはり、映画は金曜の夜が一番楽しめるかもしれません。

今年はフロンティアの公演も今のところ無いようですので、
ゆるゆると年末まで過ごせる・・・(というか、ゆるゆる
過ごしてしまいそうです!)ような気がします〜。

そしてそして!
毎年恒例になっております、
24時間ぶっとおしライブ!
今年もシアターパラダイスが参加しております!
お時間ある方は、コラーレの方へ足をお運びいただければ
嬉しいです。
私は出演しませんが、メンバーサポートでお手伝いする
予定になっておりますので、どうぞよろしくお願いいたしますっ。

シアターパラダイス | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

個人反省文・長文

ご来場いただきました全ての皆様、本当にありがとうございました。
これから書くことは、メンバー個人として、役者として、この公演に
関わったものとして書くことです。
この公演に対して私が勝ってに、個人的な思いをいつものように書き綴る
ものです。憤り等は全て私個人に対してぶつけてください。

以上のことをふまえていただき、ご自身の判断でお読みいただくことを
切に願っております。よろしくお願いいたします。
続きを読む >>
シアターパラダイス | permalink | comments(11) | trackbacks(0) | pookmark |

ご来場いただきまして有難うございました

3月21日、何とか公演を終えることが出来ました。

ご来場いただきました全ての皆様、

本当にありがとうございました。



今回の自己反省文はひどく長く、険しい道のりになると思います。
書く私もそれなりの覚悟で書きます。
読んでいる方も相当辛くなると思いますので、自己判断を仰ぎたいと思います。
改めて長文で、書こうと思います。
色々と大丈夫な方だけお読み下さいませ。


友人と会ってくるので、帰ってきてから書きますね。


唯一の救いは、アンケートで私と同じ思いをした方が
1人はいらっしゃったということです。本当に救われました。

本当にご来場いただきました全ての方々、ありがとうございました。



それから、受付で「のとえみ」の知り合いだと言ったのに
チケット代金が発生してしまったお客様がいらっしゃいいましたら、
お手数ですがご連絡いただけますでしょうか?
チケット代金を返金いたします。
全て私の手違いです。本当に不快な思いをさせてしまい、申し訳
ありませんでした。
シアターパラダイス | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

残り少ない人生だから…!

本番まで残り4日。
最終的なテクニカルリハーサルを行って、
照明、音響も決まってきました。

やっぱり音が入ると役者さんも乗ってくるわけですね。
いつもいまいちしまりの無かったシーンも、ぐっと引き締まります。

まだチケットの方もご用意できますので、
お時間のある方はいらしてみてください。
ちなみに、受付で「のとえみの知り合いです。」という感じで私の
名前を出していただけますと、そのまま入れます〜。
ちょっと寄ってみようかな?という方は、あらかじめHPのメールフォームから
ご連絡くださいませ。こちらは前日の夜まで受付できます。
携帯をご存知の方は当日でもかまいませんのでメールをお願いします〜。


JUGEMテーマ:演劇・舞台


シアターパラダイス | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

残り時間で成長を



いよいよ3月に突入!そして本番まで残すところ20日…!
今日から稽古場がシアターフロンティア(本番の劇場です)に移って
初日です。フロンティアの舞台に立つのは初めてだけど、
これくらいの広さの小屋とかって慣れてるから、なんだか懐かしい
感じがしました。私のサイズにしたらちょうどいいかもしれないです(笑)

3月からはバンバン通し稽古をする、ということで、今日もメンバーが
揃ってから通しをしました。
私と相手役の子が出るシーンは、木曜日・土曜日と稽古をくり返してきたところ。
通し稽古だと、他のシーンとつなげていくので、どこがどう出来ていないか、
流れが悪いかなどがすぐ見ている人にわかってしまいます。
そういうところをチェックして直していく作業がこれから続きます。



どの芝居でも「成長」ということが描かれていることがよくあります。
今回の芝居も、「成長」「変わること」それがテーマにあるんじゃないかと
思います。それは、役が芝居の中で成長することでもあるし、
演じている役者が成長することでもあるかもしれません。
そういう役や役者をみていると、私もまだまだだなって思います。

観に来てくださった方は、何を思うでしょうか。
それも楽しみです。
JUGEMテーマ:演劇・舞台


シアターパラダイス | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ちょっとは器用に

今日も平日ですが自主練習に行ってきました。
会社を終えて、晩ご飯の支度をして、それからようやく出陣。
大変だろうなぁ〜と思うかもしれないけど、割と日常ではない世界に
入っていくので、いい気分転換。仕事のことなど1ミリも出てきません(笑)

やっている方はやっている方で日常とは違う世界に入っていけるし、
観に来る側だったとしても、今回は非日常の世界に入っていける作品
なんじゃないかなと思います。でも、ちょっぴりの現実感。

最初は演出するのもままならなくて、本当にどうしたいいのかなー…と
悩んだこともあったけれど、今はいい流れにのってる感じです。
私も大体形は固まってきたので、相手の芝居に合わせて、これがどう
味付けされていくか……。

ちなみに今回の目標は、
「思い切ってベタな芝居をやってやろう!」
です(笑)

私だけちょっと違う世界の役柄なので、他の人よりもコミカルに、オーバーに
異質な感じが出ていたらいいなぁと思います。
もうそろそろ、昔よりもちょっとは器用になれていたらいいなぁ。(笑)
シアターパラダイス | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

シアターパラダイス公演のお知らせ

第2回公演 チャリティ公演
 「ちぇんじ!THE SHIHO」
脚本 フクイマサヒロ
演出 K−O84


ママが一年前に出て行った。パパは家に毎晩帰ってこない。
家事とアルバイトに追われる私の高校生活もあと2年切っちゃった!

自分がもう一人いたらいいのに・・・

こんな普通の女の子が、ある日 コピーロボットを手に入れた。
私、志穂は変われるのか?
「ちぇんじ!THE SHIHO」



【公演日時】
2009年3月21日(土)
開演 14:00〜/19:00〜

◎開場は開演の1時間前からです。


【公演場所】
シアターフロンティア
http://theater-frontier.com/
(こちらの「MAP」をご確認下さい。)


【チケット】
前売り:800円
当 日:1000円
(高校生以下・障害者手帳をお持ちの方は無料)

【シアターパラダイスブログ】
http://shiapara.jugem.jp/
◎公演の詳細はこちらでもご覧になれます。
 その他稽古日記も増量中〜!

======================================

観に行ってもいいよ!という方は、

◎お名前
◎観劇希望日時
◎必要枚数

を、Yellow Rabbit HPのトップページにあります、
メッセージ送信フォームからお送り下さい。
チケットをご予約させていただきます!
チケット代金(前売り料金になります)は当日受付にてお願いいたします。

私の携帯メール・PCメールをご存知の方はそちらに直接送っていただいて
かまいません!

チケットを予約してないけど気が向いたので来ました
というのも大歓迎です!受付で「のとえみの知り合いです」など言っていただければ
前売り料金で観劇できますー。「のとえみのブログを観て来ましたー」でも
なんでもOKです!

3月の3連休、予定が無いよ〜という方はぜひお越し下さい〜!
友達と家族と恋人と、60分のお芝居ですので気軽に観に来てくださいませ。
よろしくお願いします。

JUGEMテーマ:演劇・舞台


シアターパラダイス | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

愛がなければ視えない

芝居をしながら、楽しいと感じている役者を見るのはとても嬉しい。

芝居の面白さがわからなくて、何を楽しく感じればいいのか、
という空気から、少しずつ自分のできることが増えていって、
それを面白がれるようになっていく。
そんな風に役者が変わっていくのを見るのは凄く気持ちいいです。
誰かをネタにして面白い、ネタで笑わす、っていう以外のことで
面白みを感じられるっていうのは芝居を本当に楽しんでるな
っていう感じがします。

相変わらず、どうやって伝えたら良いのか、私が芝居で引っ張っていく
というのはどういうことか、そんなことで悩んでばっかりいるけれど。
実際相手と動いてみて、一つずつクリアにしていくのが一番いい。
自分だけで芝居をしてるなぁと感じることも沢山あるけれど、
すこしずつそういう空気も馴染んできてる。
もっと私が話を聞いて、セリフを受けて感じることを増やすことでも、
相手との距離を埋められるはず。

なかなか自分達で考えて、それを見てもらって納得させられることは
少ないけど、ようやくそれができるような所まできていて、
これからが面白いところだと思う。
そのお陰か、相手も自主練の提案をしてきてくれたので、よかった。
やっぱり、「もっとやりたい」と思うような稽古をしていきたいと思うのだ。
アマチュアで、趣味で、でもお客さんに観てもらう。
自主的に稽古をしたいと思うような姿勢で芝居をするのが一番だと思う。
そういう教え方なり、演出なりをしなければ、役者もなかなかアマチュアの
環境ではやっていけないと思う。同じ目的を持ったもの同士じゃなくて、
それぞれに、それぞれの形で芝居を楽しみたいと思っているから。
趣味の芝居で苦しいことなんて、そんなにしなくていいじゃないか。

「そんなに自ら苦しい道を進まなくていいと思うんだけどな。」
と、役者をやっている人同士が言っていたなぁ、そういえば。

演出をやる人も、愛がある演出家さんって本当に多かったと思う。
何これ?イジメ?(笑)っていう演出家さんもいたけど。
大抵そういう時は芝居が嫌いになりそうなときでした(笑)

役者を目指してる人たちが芝居を作るとき、演出家さんは、
自分のやりたい芝居の形と、役者にこうなってもらいたいという希望の形と、
演出家さんって、そういうところで悩んだりもするのだろうけど。
(プロの演出家がプロの役者に演出をするときはそうではないと思うけど)
でも、そこで自分のやりたい芝居の形を演出さんは取っていたと思う。
結果的に役者を人形のように動かして芝居を作ることになったとしても、
そういう決断を取れる演出家というのは凄いと思うし、
それだけのイメージで舞台を実現化できる力があるというのが尊敬する。

役者を演出の指示通りに動かすのって、さほど重要じゃないんじゃ
ないかなぁって思う。
キャラメルボックスの成井さんも、最初にミザンスを全部つけて役者が
その動きに感情を埋めていくということをするというのは割と
有名な話だと思うし、私が出会った演出家さんたちも、最初にミザンス
(役者がどう動くかという段取り)をつけてしまう人が多かったと思う。
役者に少しの猶予をくれる演出家さんもいたけど、どうしようもなくなったら、
解答を教えてくれる。
なぜそう動くのか、こう動けば感情はこう表現される…。
そういう一つ一つが凄く勉強になった。
自分の演出というイメージを使って、私たちに学ばせてくれるという。

役者が自分で考えて動けないのは、悪いことじゃないと思う。
それで役者の仕事をしていないという人もいるけど、それはきっと
感情を探し当てられる、そして表現できる役者さんばかりが
周りにいたからだと思う。
いっぱい演出を受けて、自分の中で表現の方法を蓄積できるからそれを使える。
だから、動けない役者さんがいたら、いっぱい表現の方法を教えてあげて欲しい。
一人で出来るのは、役者さんのことだからいつになるかはわからないけど。

5年で出来る人もいれば、10年かかっても出来ない人もいる。
そんな言葉を何回も聞いてきた。
あぁ、私はたまたま、運が良かったんだと思う。
引き出しに色々なものを詰め込んでくれた演出家さんに囲まれていたから。
そして、どれだけ拙い表現でも、それを汲み取ってくれて、形にする方法を
教えてくれた。
「やりたいことはわかる。それだったらこうすればいい。」
そんな言葉を何回も聞いた。

愛がなければ視えない。

どんなに細かいニュアンスも、
私がやりたいことも、
私ができないことも、
全部愛で視えていたんでしょうか。

私もいっぱい視ることができるようになるでしょうか。

JUGEMテーマ:演劇・舞台


シアターパラダイス | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


よく読まれてます☆ どうでもいいことから壮大なことまで答えてます。











 携帯からも!
qrcode
経済指標