芝居を手にした黄兎の日々

芝居を再び手にした私が繰り広げる、やや外れた日々。
でも、きっと面白い日々に違いない。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

【舞台】夢ぞろぞろ

小沢さんの『夢ぞろぞろ』が期間限定公開ということで
何とか滑り込みセーフで見れました。良かった。




このサムネの雰囲気で、あぁ〜もう楽しそう〜
っていう雰囲気が出されていて、本当に毎回舞台セットが
素敵だな〜と思います。無駄がなくてシンプルで、
でも照明とか音とかがきちんと演出されていて、
全体のまとまりがいいな〜と思います。

今回の舞台セットもめちゃくちゃいいです!(笑)
つい画面の前で「それ回るんかい!」って
突っ込みました。いや〜面白かった。だから箱型に
してたのね!っていう。そして、その回転のしくみを
魅せて笑わせてくれるっていうのも演出込み込みで
面白かったです。

この作品を観て、もう冒頭で
「あ、小沢道成さんの台本だ!!」
って台詞周りと掛け合いの演出でわかるって
凄いな〜って思いました。あぁ、そうなるよね!
っていう安心感と面白さ。それだけで世界観にスッと
入っていけるのがいいなぁと思いました。

そして、最初の段階で、あ、この会社員には何か
あるっていうのと、ここから先動けないんだ、っていう
どん詰まり感がフッと見えて一気にこの先の予感を
させてくれる。こういう味の悪さみたいなものが
時折出るっていうのは好きです。

前半から途中までは歌も挟みつつ、おばちゃん田中と
会社員の会話と交流があって、それぞれを紐解いて
いくんだけど、途中の会社員長台詞で、もう〜〜
来ますよね。多分これは世の会社員、若い世代の
人たちには刺さるんだろうなぁと思いました。
こういう刺し方が本当にいつもうまいって思います。

この作品でおぉ〜って思った所は、この長台詞の後、
一気にシリアスにいかないところ。
『みんなの宅配便』は長台詞の後に歌があって、
そこで一気に巻き返す感じなんだけれど、
それよりも距離感がさっぱりとしていて、この
引きずらない感じが心地よかったりしました。
その後、夢子さんの過去の話に突入していくんだけど、
むしろそっちの方が重い。
でも、その重さのバランスが良くて、重くなり過ぎない。
むしろ、それを見ることで、見ている方が、勝手に
救われていくという感じがして私は好きでした。

この丁度良い距離間で、勝手に見た人が救われていく
って、なんだか今の時代にあっているんじゃないかな
って思うんですよね。
もちろん、人との近い距離が欲しくて、踏み込んで
欲しいのをまっている人もいるかもしれないけれど、
そうじゃない人もいる。
私なんて、結局自分が納得しなければ、何を言われても
人が変われるなんて思っていない。だから、
私は私でこういう過去をもって生きてきていて、
そんな自分を自分ではこう思っている、っていうのを
見せられると、自分のことが浮き彫りにされたような、
自分で自分のことを考えさせられるようなそんな
気持ちになる。
そういう距離感の提示の仕方が、この作品はとても
いいなと思いました。

夢子の手紙のエピソード、私は妙に共感してしまい
ました。わかる。うん、そうだと思うんだよね...。
そういうエピソードを作って織り交ぜていくのが
小沢作品ですごく好きです。
舞台・映画鑑賞 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

【舞台】12人の優しい日本人(を読む会)

素晴らしいキャスト陣、1992年東京サンシャイン
ボーイズでの上演版のオリジナルキャストを中心とした
ドリームマッチ...!まさかこれが見られるとは...!
そもそも、三谷さんの作品は上演許可が下りないと
いうのに、それもOK、キャストも凄い!となれば、
これは見るしかないと思いました。

開演前に三谷さんが出てこられた時にはびっくりした
というよりは、あぁ、三谷さんもこれに関して
後ろ向きというか、そういう感じではなくて、
こうやって出演してくれるくらいには良いと思って
くれているのかなと思えたのがなんか嬉しかったです。
この辺りで「これは三谷さんアレで出るんじゃ...」
と思った人もいて、まさにそうだったんですけど(笑)
本人がめっちゃノリノリで楽しそうだったのが
良かったし、そのシーンの周りのキャスト陣の
ぐちゃっとした感じも面白かったです(笑)

【前半】


【後半】


https://12nin-online.jimdofree.com/

オンライン版キャスト一覧
こちらが舞台版と比較出来て見やすいです。


なんとアーカイブも残してくれる!という...
いやー...これいいんですかね?
というくらいです。ありがたいです。

zoomを使った作品は、先日の『未開の議場』が
あったので、会話劇との相性はいい、というのは
わかっています。12人もワンシチュエーションの
会話劇。youtubeのコメント欄やtwitterにも
あったけれど、会話劇とzoom形式は相性がいい
という感想は多かったです。

実際、観ていて違和感はほとんどなかったし、
むしろ表情が見られるというのは結構いいなと
思いました。「読む会」とうたっていたけれど、
完全に皆さんお芝居になっていたと思いますし、
見ている人も演劇を観ている感覚だったと思います。
会議用のテーブルを囲んでいるという感覚も、
なんとなく皆が正面を向いているというのに
合っているような感覚でした。

隅で拗ねている感じも梶原さんは凄く出ていたし、
カメラとの距離感や、メインになる人が大きめで、
そうじゃない人はちょっと下がって引き気味の
小さめになっているという瞬間もあって、
感覚的に誰に注目すればよいか、みたいなものが
擦りこまれていたような気がします。
こういうのは映像と舞台をうまく合わせたというか、
映画ほど、カットやカメラワークで見ている人の
絵を限定的にはさせないけれど、演出として
なんとなく見るところを誘導する。舞台も見る
ところは見ている人にゆだねられているけれど、
演出で誘導して注目するようにさせている。
それが何となくいい感じになっていたシーンも
あったのかなと思いました。
後半特に議論の中心が移り変わっていく所は
そんな印象があったような気がしました。

個人的には相島さん好きなんですよね...。
甲本さんもこの作品だと別のドラマとかの
イメージとちょっと違う気がするのは
私だけ...?(笑)この感じがめちゃくちゃ好き
でした〜〜〜!!

言葉、議論でどう人の心を動かしていくかって
いうのが難しいな〜〜と思いました。
あと、全員が気が付いて、新発見...!という
雰囲気になったりとか、腑に落ちた、という
お芝居と空気の変化が面白かったし、それが見て
わかるっていうのが、お芝居の地力が違うな〜
と思いました。

本当、この作品は台本と役者さんのかみあい方が
はまると強いなぁって思います。
2号のラスト、自分の妻と重ねてしまっている
というのがじわじわ浮き彫りになってくる
あの瞬間は本当に凄いというか怖いというか、
あぁ、人ってこういう所があるんだよね、っていう
ことに気が付かされたりとか(本当はそういう
ことが沢山日常で起こっているのに何となく
流したりしているんだよねとか)、
そこを皆がスッと気持ちを緩めて受け入れてくれる
というか、腑に落ちるというか、その瞬間に
感じる優しさみたいなものを感じるのが本当に
2号本人のことも合わさって切なくて、今回は
普通に泣いてしまいました。

こうやって議論が成立するのだって優しさだし、
弱さだし、強さだし、なんとも思わなければ
ただ当たり前のことなんだけど、思うとそれが
誰かの気持ちによって成り立っている事なんだって
思わされます。本当、この最後のこのシーンのため
にこれは始まって終わるんじゃないかって風にも
思えてきます。
会話劇で議論だからどうしても白熱してきて、
強い感情に疲れてしまう部分もあるんだけど、
それでも最後まで見切れてしまうこの作品の
強さは素敵だなと思います。個人的には最後の
2号のあのあたりのシーンの後はほんの気持ち
間があってもよいかなというか、全体の温度が
少し下がってもいいのかなとか感じました。
台本の性質上、温度が高いままの間とかは結構
あるんだけど、全員の温度が少し下がった
(2号に対しての何らかの感情的な)感覚が
あっても好きだったかなと思いました。
(この辺は演出の好みなのですが)

ラストのはけて行く所は、他のリモート演劇
でもそうだったけど、上手くzoomから退室する
という機能を使っているなと思いました。
きっと最初は、どうやって退室していくかとかも
操作を説明して練習したんだろうなと思うと
胸がいっぱいになります。
最後「8号」とだけ表示されて黒背景になるのが、
暗転っぽくてとても好きでした。
こういう、映像と舞台の合わせ技みたいな演出が
これからも見つかったり生まれたりしていくの
かなと思うと、それはそれで面白いなと思いました。
個人的にはとても面白く見られました。
舞台・映画鑑賞 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

【舞台】治天ノ君

無料配信の演劇作品がかなりありまして、
観たい人で同時再生して、その後感想戦をする、
なんてことを試しにやってみました。

映像と生の舞台って私は違うものだと思っているので、
映像だとどうしても最後まで見られないとか、
途中で寝てしまうとかっていう人もいると思うの
ですよね。それでも、映像で見てもこの画面を
突き破って届いてくるものというのは本物だと
思うので、観たら見たで得るものがあるんじゃ
ないかなと思っています。

そんな同時再生で演劇を観よう!の1本目は、
私が早く生の舞台で観たい劇団の
劇団チョコレートケーキの作品にしました。

通称劇チョコの作品は、これまた録画して貰った
『あの記憶の記録』『熱狂』の2本を見たことがあって、
前者で劇団のファンになり、後者で西尾さんが推しに
なるという、1回で2度おいしいみたいな感じに
なりました。

『治天ノ君』は、新潟のりゅーとぴあに来るっていう
のは実は知ってたんですよね。日時まで調べてました。
観たかったんです...。
なぜ行かなかったかというと、その当時、めちゃくちゃ
仕事が忙しくて、休みも少ない月で、行く元気と時間が
とても限られていたからです。ギリギリまで行こうとは
思っていたけれど、チケットを取る暇もなかったです。
だから、今回無料配信されると聴いて、この作品が
配信されたら絶対見たいと思っていました。



2時間半弱あるんですが、体感は1時間半くらいです。
速い。そして、序盤の方から泣いてました。
観終わった後、もう目が痛くて目が痛くて。
その後玉ねぎのみじん切りをしてさらに目を
痛めつけるという(笑)

多分、先読みの勝手な想像力で、観ているもの
以上の情報とかを自分の中に入れてしまって、
その分泣けてしまう、っていう感じなんだろうなと
思います。観ている人の想像力を上手く使うなぁ
と演出にただただ感心していました。


※作品の感想です↓名前の書き方など、役名です。
 ご注意ください。


最初のシーンは印象的な大正天皇が病にかかっている
最後の方。演劇にもよくある構成ですが、病状が
病状なので、やはり衝撃的に映ります。
そして、その後の節子との対面での明るい嘉仁像。
このやりとりで一気に親近感が湧くのと、周りの堅い
雰囲気などの中で一種の癒しになる、それこそ、
民に慕われるという天皇像を見ている人との間で
構築してしまう。あまり長くはないシーン、やりとりの
中でスッと見ている人を味方につけてしまう演出と
西尾さんが本当に凄い。
ここで見ている人との距離を縮めることで、この後
辿っていく時間も共感してもらえたり、味方になって
みることになる。(まんまと私はそうなりました)
これができる演出と役者って凄いと思うんですよね。
下手したら本当に奔放で、こいつは天皇になることを
どうおもってるんだ、みたいに思われかねない。
明治天皇の厳しさや、帝であることの威厳、器がしっかり
提示されているからこそ、嘉仁の天皇像との対比があって
より明暗、みたいなのがわかりやすくなっているんだと
思う。

この後は、私の想像したものが見ているものにどんどん
追加されて、勝手に感動したり感情が揺さぶられて行きます。

息子の裕仁(後の昭和天皇)が生まれて、ここで、
自分の生きている間に知っている天皇が出てきます。
またここで時代に親近感が生まれます。
と同時に、何が起きているかより知っている時代になります。
明治、大正はどうしても教科書に載っている昔、
という印象が強いですが、昭和は自分が生まれて、少しは
生きた時代です。第二次世界大戦が起き、天皇の在り方が
変化し、平成、令和と続いて、私たちが思う天皇への
印象とか親しみやすさに続いていきます。

もちろん、まだ幼かったので、昭和から平成に移った
時は、なんかああだったなぁ〜くらいの印象しか覚えて
いません。ですが、祖父母は皇室に興味がありましたし、
昭和天皇のお姿はテレビなどでも見ています。
それをやっぱり重ねてしまって、裕仁がこれからどう
進んで行くのかっていうのを知っている前提で見ると、
それが感情を揺さぶるきっかけになります。

そう考えると、ある程度、教科書程度で良いのですが、
教養がある方がより楽しめるなぁと思いました。

裕仁が生まれて、なぜ自分たちで育てることができない
んだろう、というシーンも、現上皇様、上皇后様のことを
思うと、そういう時代が実はその後にやってくるんだよ、
という想いが思い出されますし、原敬内閣総理大臣が、
大正天皇に誓ったのを見た時も、あぁ、原さんはこの後
暗殺されてしまうんだよ...というのが思い起こされて
そこで泣いてしまいます。
このあたりのシーンから、実はもう泣いていまして、
序盤の方からずっと泣きながら見ていました。
ところどころに、こういうシーンがあって、もう私は
だめでしたね。
この人たちがどういう想いでこんな話をしているのか、
関わり合っているのか、裏を考えながら見ると、
どうしても抑えることができない気持ちが生まれてきます。

牧野さんも、自分が泥をかぶる、というのはどういうこと
なんだろうというのも思いながら見ていました。
明治60周年を祝う、それは大正をなかったことにするため。
自分がそうすることで、新聞に大正天皇の病状をリークした
そのことが人々の記憶に残り続けるよりも、いっそ、
消してしまった方が、汚点として記憶に残るよりもいいかも
しれない。そういった意図でもしかしたら泥をかぶる、
自分が悪者になり、そういう形で大正天皇のことを想う、
ということなのかもしれない。そう考えると、もうこの人を
責めるけれども、責めきれなくなってしまう。
(こういうこと?と思った瞬間もう号泣でしたが)

裕仁が天皇になり、その後第二次世界大戦後に天皇の
あり方が変わるわけですが、その後って、親しみやすい
天皇という印象になっていくのですよね。それを思うと、
裕仁のことも責められない。どこかで父のことを思っていて、
だからすんなりと変わったように見えたのかもしれない。
あくまでも全部想像の域に過ぎないけれど、本当に愛に
あふれている人たちの作品だなと思ってしまいました。

台詞とか、雰囲気とか、堅苦しそうとか、そういう部分で
なく、そこに何があるのかというのは、自分なりに感じて
行きたいなと思います。


今回は一緒に何人かで同時再生をして見ていて、
終わった後にちょっとだけ感想戦もオンラインでやって
みました。

感想戦をした子は、実は平成生まれの子で、明治も
大正も昭和も知らない。教科書の、歴史の世界でしか
ないという感覚の子だったのですが、ラストの君が代が
流れたところで、なぜか涙が...と感想をくれました。
自分でもびっくりしたみたいで、言葉では現わせないけれど
なにか来るものがあって、自分でもそういうのがあるんだ
というのに驚いたそうです。

いやこれ、これ、本当、演劇だよなぁ〜〜って思いました。

観劇に行って、そういう自分に出会うってあるし、
それに出会えるって感性あるなぁ〜と、感じています。
最近変わってきたな、と思った子だったので、そういうのに
出会える機会が作れて本当に嬉しかったし、劇チョコの
この作品だったからだろうなと思いました。感謝。

舞台・映画鑑賞 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

【舞台】未開の議場(オンライン版)

オンライン演劇の海外公演向け千秋楽を拝見させて
いただきました。過去にやった演劇をこの形にできるって
気が付いた北川さん凄いですよね。過去の演劇なり
演出なりの引き出しがあるからこそだし、公演の形に
する力なり人脈なりがあるっていうのも凄い。
これは今までの地力が無いとこうはいかないと思いました。



https://mikaionline.jimdofree.com/

■日時 2020年
5/1(Fri) 21:00[イギリス夏時間] ※日本時間5/2 05:00
5/2(Sat) 19:00[日本時間]
5/2(Sat) 21:00[アメリカ東部夏時間] ※日本時間5/3 10:00
(上演時間は約2時間を予定)

■会場 画面の前(YouTube LIveにて生放送)
未開の議場オンライン版YouTubeチャンネルはこちらから
■料金 無料カンパ制


日本時間 5月3日(日)10:00の回を観劇
(観劇状況は、デュアルモニタの左で演劇画面、
右のメイン画面でtwitter実況、手元のスマフォで
ソシャゲのイベントランキングをウォッチしながら)

オンライン観劇の良い所は、ながら作業で観られる
ところ。最初に集中して入っていけないと見られない、
っていう人も多いけど、私としては、集中できない、
面白くなかった場合に別のタスクに移行できる、
という心理的ハードルが低かったので、結構気軽に
見始められました。その分、最初だけ「観るぞ」
というか、他のアニメや映画やソシャゲよりも演劇を
見るという設定(リンク先を開く、ハッシュタグを
コピーしておくとか)を優先させる作業ができるか、
っていうところの方が気を遣いました。

面白ければ優先して見る、というのが、今までの
映像を流し見している経験からわかっているので、
そこで面白ければ他の優先度を下げていけると思って
いました。(実際そうなった)
他のネットで動画を見るというのに慣れていない人は
こういうのは無理かもなぁと思います。

気を遣ったのは最初だけで、あとは普通に面白く
観られました。開演前に苗山さんが料理?しながら
待っている状況で歌っているところは個人的に
ちょっと辛かった...。始まるまでミュートにしていました。
(こういうのもオンラインの良い所だと思うんだけど)
やっぱり、家で見ていて良くわからない人が歌ってて
それが聞こえてくるっていうのはちょっと違和感。
何回も見ていてキャラがわかっていたらいいのかも
しれないけど。...いや、1回観終わっても、苗山さん
だから私はちょっと無理か....。ちょっと怖い、
っていうのが先立ちますね(笑)

あと、始まりと終わりの区切りみたいなのがよく
わからないので、(暗転がないから)どこから
お芝居に入っているのか、自分が世界観に入って
行けばいいのかが良くわからなかったです。
暗転明転、音楽の上げ下げに捕らわれない、ネット
ならではの演出みたいなものがあったらいいのかもと
思ったりしました。(思いつかないけど)

これはリアル舞台でも起こっている事なんだけど、
役者による音量(声量)の差って、仕方ないのかも
しれないけど、ネットだとすごく気になる。
演出として、その言葉を聞いて欲しいのか、聞かせたく
ないけど呟いて欲しいなのかよくわからなくて、結局
ごにょっと話した言葉が聴き取れなくて諦めた個所が
何箇所か。ゲームセンター向井さんの、最後の語る
部分以外の台詞はほぼ聞こえなくて諦めた。

座り位置が下がって聴こえなくなる、っていうのは、
物理的に変化しているのが目に見えるから、あまり
気にならなかったんだけれど、普通に座ってしゃべって
いるのに聞こえないのはちょっとストレスだった。
しかも、結構良い感じの台詞を言ってるような気が
したので、余計に。
全体の音量はユーザー側でも調整できるけど、
個別の音量が違うのは、次に誰が台詞を言うのか
わからない状況で、ミキサー操作みたいに上げ下げ
できない。聴こえなくてもいいのかもしれないけど、
真面目なので、全部聞かなきゃいけないかもと思って
一所懸命聞こうとして疲れてしまう。
その点は、家で見ているので、劇場で見ているよりは
諦めがつきましたが...(笑)


ネットでの会議が当たり前のような世間になってくると、
こうやってリモート会議をしている状況がとても受け入れ
やすくて、理解しやすいなぁと思いました。
ただ、これは何度も使える手ではないかもなぁというのも
思ったので、この画面形式で成立するシチュエーション等を
これから探していくんだろうなぁと思いました。
遠距離恋愛中の恋人同士とかありだよね。
zoomの個人固定IDとパスを知ってて浮気相手が乱入でき
ちゃうとか。(こういう細かい仕様がわからないと
いけないのが困りものだけど)

個人的には、この後ゆるゆると色んなものの制限がゆるく
なって、劇場演劇も少人数ならいいんじゃない?みたいな
流れで、2人芝居が多くなってくれたら私としてはそういう
台本が増えて嬉しいなって思いました。

話がそれましたが...背景とかzoomの背景設定を上手いこと
つかってるなぁと思いました。スーパーのバックヤード!
わかる〜〜!(笑)勿体なかったのは、JA大崎(夫)の
背景が設定されてるやつ、って途中で映像が乱れてわかって
しまったところ。こういうのがあるんですよね、ネット。
でも、劇場でも現実に戻される瞬間ってあると思うんですよね。
噛んだりとか、劇場の外の音が聞こえる、とか。
そういうのと同じかなと思いました。ただ、ネットだから
起こりうること、というだけで。そういうのもネットなら
ではで面白かったというのも同時にありました。
この背景設定、うまいことつかったら演出に使えるかも
しれないですよね...。
ちなみに、他の方も言われていたと思うのですが、噛むのは
あまり気にならなかったです!元々ネットだからクリアに
聴こえない、と思っているからなのかもしれないです。

あと、思いつくままだと、動物!在宅演劇だと動物を気軽に
出せていいなぁ〜〜〜と思いました。劇場に猫連れてくるとか
やっぱり手間がかかるじゃないですか。それが出来る。
これはいい...と思いました。凄い変化に見えます。
この前、リモートで演劇講座をやっていたのですが、生徒さん
の後ろに、突然お子さんが映って(笑)あぁ、リモートで
自宅でやってるとこういうこと起きるわな!って思って
面白かったです。あと、よくネット配信者で面白がられるのが、
お母さんとか家族の乱入!(笑)だからそういうのも演出と
していけるよね、と思いました。


最後まで見て、思ったよりも演劇だったなぁ〜と思いました。
面白く最後まで見れました。映像だけど、表情の変化とか、
動作とか意外と細かく伝わってきて、意外とわかるな...と
思いました。
スナック升遠さんの興味のなさっぷりとか。
スマフォ触ったり、ネイル気にし始めたりとか。
そうそう、こうなるよね〜〜っていうのが面白かったです。
元々リアルで交流があって、色々知っている仲という前提が
あって、その上での会議、なのですが、それぞれが距離感を
はかっているような、同じ場所にいないからこそ気を遣って
いるというのが面白かったし、それゆえに、言葉を選んで、
その結果結局言い争いになったり、同じ場所に居ないからこそ
喧嘩になったり、というのがありそうだなと思いました。

動きが制限されているので、行動で示すお芝居が少なく
なってしまうのは感じましたが、その分、身体と画面の距離
とか、相手がいないのに身振り手振りしちゃうとか、
(よく電話で相手が見えないのにお辞儀しちゃうみたいな)
制限されている中でどう動いて見せるか(フレームイン、
アウトとかも)っていうのが、リアル舞台とは少し違う
演出のつけ方になっていくんだろうなと思いました。


キャラはどのキャラもわかるな〜〜〜と思いました。
個人的に好きなのは、弊社の営業部常務になんか感じが
似ている(顔とはそんなに似てないけど、態勢というか、
やりとりの思考とか?話し方?が似てる気がする)
馬場さん。あの馬場さんの、トメニア人のエピソードを、
「オレ知らない」→「あー、それ知ってるかも」の所が
めっちゃ好きです。(あれ、まんま弊社常務っぽいって
思いました)あるわ〜、これあるわ〜って思いました。

葉浦さんのああいう理論派なのも私は好きです。
町屋さんとか。後半スーパーって言い直さなくなった
あの感じもなんかいいなぁと思いました。
JA大崎(夫)の知らなくて良かったことを知ってしまった
辺りとか、もう結構私も泣きそうでした。あのエピソード
はぁ〜〜〜〜、いい(笑)そうだよね...って思いました。

逆に、森さん苗山さんは私は無理だなぁ......。
こういう感じの人とは相いれない、っていうのがわかり
ました(笑)苗山さんは、こういう人の存在っている、
っていうのは知っているし、きっと出会ってきている
んだけど、あー、だめだ、こういう裏表が悪い意味で
無い人っていうのは苦手だなと思いました。
それ以外の人って、好き嫌いの感情とか、表裏とかあって、
それがこの作品の中で見える。実はこういう事情や過去が
あって裏があったり、池畑ケーブルテレビみたいに、
実は外国人側、というのだったり。

好き嫌いなどの前提があって、その上で人間関係を
構築していたり、社交を身につけているというのが
私の生きている中での当たり前なので、その前提に
乗っかっていない苗山さんは本当に怖い存在でしかない。
だから、冒頭にも書いたように、1回観ても、客入れで
苗山さんが歌って待っているのが怖すぎる。
本当にこういう人は生き辛いと思うと同時に、こういう
思考で今まで生きてこられたというのは幸せだったん
だろうなと思ってしまう。可哀そうだけど幸せ。

この誰が誰をどう思っていてなり、トメニア人に対して
まずどういう感情を持っていて、それがある前提で
自分はこういうスタンスをとっている、というのが
もっとはっきりしていれば早い段階で評決をとれる
位置に来れたんだろうなと思うけれど、それができない
のが、日本人、なんだろうなと思いました。
(それが最後の池畑さんたちの会話にも込み込みなんだ
ろうけれど)誰だって悪者にはなりたくないっていうのが
あるし、それをどうごまかしながら自分が標的にならない
ように立ち回るかってありますよね。


赤・青でどちらの立場かを掲げる所は、色で画面映えする
のもあるし、掲げ方でその人のキャラクターがわかるなぁ
と思って面白かったです。カメラを通してどう映っているか
見えるかっていうのはまだ考えたら使い道がありそう
だなぁって思いました。
他にも映像ならでは、zoomならではだなと思ったのが、
舞台なら出ハケになる部分が、会議画面から落ちる、って
いうのに置き換わるんだなと思いました。
これも視覚の変化が大きくて面白かったです。
回線が悪くて落ちる、別の何かのために画面を切る、
休憩ではけていく、っていう色んな抜け方があるんだなぁ。
落ち方もパタパタパタって落ちていくから、面白い!

あと、この入ってくる順番で、画面の配置が変わるじゃ
ないですか。そこも演出としてコントロールしたら
隣り合う険悪な人とか、離れていたのに距離が近づく、
みたいな距離感の演出につながるんだろうなと
思いました。(今回やっていたのかわからないけれど)

画面と言えば、空気感が画面分割されていても
空気感って全体で共有できるんだなぁと思いました。
隣の画面と温度差や空気感が同じくらいなら、
繋がって見える。最後の、苗山さんがひとりで違う
感覚を持っている所も、そこと他で持っている空気感が
違うなっていうのがわかりました。
私は温度とか空気感とか、色合いとか何となく視覚で
見える派なので、なんとなくそういうのがあるなと
感じました。また、画面に映る人間の大きさもそこは
何となく統一された大きさになっていて、苗山さんは
大きめに映っているっていうのも関係性が伝わった
感じがして好きでした。
稽古をして、間とテンポはかなり演出の手が入って
いるんだろうなと思ったのですが、逆にきれいに決まり
過ぎて、お芝居なんだなって思った瞬間がありました。
観やすくてとてもよかったのですが、演出として
よかったのかなと思いつつ。人によってはラグが一瞬
あって、それが予期せぬ面白さになったり、噛み合わ
ないっていう演出にるっていうのも作品によっては
あるんだろうなと思いました。

映像は映像、生の舞台は生の舞台、という感じで
私は切り離して見られるので、オンライン演劇も面白い
なぁと思いました。思ったよりも演劇に見えました。
人間の価値観の話とか、関係性が変わっていく所、
立場が入れ替わったりするところ、生の舞台で見て
面白い部分が、オンライン演劇でも伝わってきて、
言葉の情報量がどうしても多くなってしまうけれど、
役者さん全員がそこを操れていたので、観ていて
飽きませんでした。
オンラインで稽古をしていて、演劇を始めたばかりの
人たちのお芝居を観ているせいか、それよりもお芝居の
強度が強かったですし(当たり前だけど)、逆に言えば
そのくらいのお芝居の強度が無いとオンライン演劇には
立ち向かえないなと思いました。
お芝居はやっぱり面白いなぁという安心感と、もっと
研究できそうなオンライン演劇っていうジャンルだな、
っていうのと、早く生のお芝居をしたいし観たいと
思いました。

舞台・映画鑑賞 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

【舞台】果実

劇団P.O.D.さんの公演が、今年の初観劇になりました。
今年は3か月に1回くらいは遠征して観劇に行きたいなぁ〜と
思っていたのですが、世の中の事情もあるので、
県内中心になってしまうかもしれないですね〜。
(だったら悲しいので、早く収束してほしい...)

そんなPODさんの今年1発目の公演は、素敵なセレクト。
札幌・弦巻楽団さんの「果実」という作品です。
弦巻さんの台本は、私も候補的なものの中に持っていて、
注目している劇団さんなのです。
そんな劇団さんに目をつけるとは、流石は...!という
感じです。

弦巻楽団
https://www.tsurumaki-gakudan.com/


弦巻楽団さんの作品は、シンプルで、王道。
ストーリーがわかりやすく、登場人物の動きも
明確なのですが、さっぱりにも、深くにも演出によって
味付けが色々変えられる作品だと私は思います。

だからこそ、基礎がしっかりできているか、
台本をしっかり読み込めているか、どれくらいの
深さで演出をとどめるか、行きつく先、着地点を
しっかりと定めているかなどなど、当たり前、という
ようなことを当たり前にできるかどうかが問われる
のかなぁと思っています。

P.O.D.さんは、台本の選び方がいつもうまいなと
思っているので、今回も役者さんと台本の力加減が
丁度よいかなと思いました。
キャスティングも本番前に色々あったかと思いますが、
個人的にはいい感じだなと思いました。

小泉君は「夕」と「無差別」と見ましたが、
主役辺りを一度やってもよいんじゃないかなぁと
思った時があったので、とても良い機会になったなと
思いました。本人はとても大変だったと思いますが、
できることをできるだけやれていたのかなと思いました。

しっかり公演の形にしてお客さんに届ける所まで
持っていけたのは、流石P.O.D.さんだなと思いました。


さて......今回は、ちょっと、ちょっとちょっと!
どころか、全体的に厳しめな感想や考察が多くなって
おります。P.O.D.さんに思い入れがある方、ファンの方、
関係ある方々で、ちょっとでも何か言われたらいやだな、
という方や読むことによって言い返したくなるような方は
読まない方が良いかと思います。
出来るだけこうしたいならこうするという方法がある、
私だったらこうする、という書き方をしたいとは思いますが、
劇団内の事情などは全く考慮いたしませんので、
情報の取捨選択をお願いいたします。

それでもよいよ、という方のみ、「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む >>
舞台・映画鑑賞 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

【舞台】掬う

前からロ字ックさんの舞台は観たいなぁと思って
いたのですがなかなか見る機会がなく、ようやく
今回の東京遠征で観に行くことができました!
観劇したい作品を狙って見に行くことよりも、
東京に行くから観劇しよう、というスタイルが昨今は
多いので、その時に観られるものを選ぶようにすると、
観たくても期間がずれている、ということが
起こるのですよね。

ロ字ックが気になっているのは、タイトルがまず
気になる。そしてフライヤーの印象が強いっていうことが
ありました。また、CSで放送されていた
「演劇人は、夜な夜な、下北沢で飲み明かす」
https://www.bs-sptv.com/yonayona/archive/1608-09/
という番組に、ロ字ックの山田さんが出ていて、
それを見てやっぱり観たいな〜と思ったのもきっかけです。

そんなわけで、初の三軒茶屋、シアタートラムに行って
来ました。シアタートラム、雰囲気好きだわ〜。
吉祥寺シアターも良かったけど、ここも好きです。


10周年前夜祭企画 第13回本公演
「掬う」
作・演出 山田佳奈

11月17日(日)14:00〜 ※東京千秋楽
at シアタートラム
前方下手より観劇


http://www.roji649.com/




続きを読む >>
舞台・映画鑑賞 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【舞台】天守物語

シアターオリンピックス、「天守物語」を観てきました。
地元での開催でしたが、チケットの売れ行きが予想以上に
はやくて、どうしようかなぁ〜と思っていた内に
埋まってしまいました。(笑)

特に絶対に観たかったというわけでもないのと、あまり
古典作品を観るのが好きではないので、まぁ、観られたら
みればいいや、くらいでした。
あと、利賀演劇祭に集まってくる作品は芸術的な要素が
多い気がして、私はどちらかというと小劇場みたいな
作品が好きなので、そこまで好き、という感じではない
というのも大きいです。

そんな感じだったのですが、たまたまチケットがまだ
あるけど、観たい人いる?みたいな感じで劇団のメンバー
から話がまわってきたので、じゃあ行きます、という
感じで行ってきました。チケットが喉から手が出るほど
欲しかった人にしてみたら贅沢な状況ですみません。

いくつか作品を選べたのですが、日時的なものと、
海外作品よりは国内演出家の作品が観たかったので、
宮城聡さん演出の「天守物語」をチョイスしました。


「天守物語」
演出:宮城聡
2019年8月28日(水)19:00開演
at 黒部・前沢ガーデン
円形劇場上手中央やや後ろより観劇


天守物語(青空文庫より)
https://www.aozora.gr.jp/cards/000050/files/3065_24401.html


宮城さんと言えば、静岡のSPACですよね。
もうこれ以外に想像するとしたらなんだろう、って
くらいなんじゃないかと思ってしまいます。
個人的には同じくらい「幕が上がる」に出てた!
っていうのがありますが(笑)

SPAC
https://spac.or.jp/

静岡の演劇祭とかでも観られて、一回は行ってみたいな
とは思っているのですが、なかなか...。
そんな中地元で観られるのはめっちゃ嬉しかったです。

というわけで、物凄い質量のものを観てきましたが、
メモ程度に感想などを書いておこうと思います。

続きを読む >>
舞台・映画鑑賞 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【舞台】命ギガ長ス

富山に松尾スズキが来る....マジか...。
と思ってチケットをとりました(笑)

富山での松尾スズキの知名度ってどのくらいか
わからなくて、チケット発売2日後くらいでも
だいじょうぶやろ、と思ったのですが、
その時点で2日目のマチネは残り1枚、
1日目も残りわずかという状態。凄い。
地元にそんなにいるのかー...という気持ちでした。

全席指定でもおかしくないのに、全席自由。
ここが「演劇部」というコンセプトにも
繋がるのでしょうか。緩い感じがありますが、
開場前に並んだ列はガチでした(笑)

開場10分前くらいにホール前に到着しましたが、
列はかなり長く、多分ほぼ最後くらいの入場だった
のではないでしょうか。女性率が多分8割。
普段地元のアマチュア演劇なんて見ないだろうな、
という層でした。演劇も好きそうな雰囲気は
あるけれど、絶対的に違うものを求めている層
だなぁと思いました。もしかしたら、作品によっては
この方々もアマ劇観に来てくれたらいいなぁなんて
淡く思ってしまいました。
(まぁ、そうじゃないんだろうけど)


東京成人演劇部 vol.1
「命ギガ長ス」
作・演出 松尾スズキ

2019年7月24日(水)19:00開演
at オーバードホール特設劇場
中央後方より観劇


http://matsuo-suzuki.com/




いつもは中央席って座らないんだけど、せっかく
なので中央から見ました。しかし...椅子が互い違いに
なっていなかったので、めっちゃ観にくかったなぁ...。
目の前背が高い人だと全然見えないんだよね...。
こういう細かい部分お願いだから改善してほしい、
オーバードさん...。

舞台は最高に面白かったです。
大人の、成人演劇部というコンセプトがとても
感じられました。私もこれくらい力が抜けている
作品やってみたい。
力が抜けているといっても、手抜きというわけでは
なくて、特に松尾さんの力の抜けているお芝居が
とても良かったです。抜けているのにしっかり届く。
固いお芝居をやっているのに抜けている。
このバランス感覚が気持ち良かったです。

客席も結構笑っていて、良い雰囲気だったのですが、
私は全然心から笑えなかったです。もちろん
いい意味でです。
目の前で起こっていることは面白いことなんだけど、
その行動をとっているこの人たちがとても哀れで、
現代を生きる人たちで、もう見ている人たちには
どうしようもできないところで生きている。
それが見えてくると全然笑えて来なかったです。
この感覚は面白いなと思いました。

私たちくらいの、ネットに染まった、SNSを使う
人たちであれば、それはパクツイであったり、
モラルに反したことをアップしてビューをかせぐで
あったり、そういった承認欲求的なことになると
思うのです。そして、それはSNSで見えている部分で、
そのツールの世界で生きている人たちが行っている
こと。

じゃあ、そうじゃない、SNS世界で生きていない人は
どうなのかといったら、この作品のように、同じ
ことが違う形で行われている。
パチンコとアル中の親子は自分たちの承認欲求を
満たすように、取材のための依存症を作り上げていく。
それが私にはSNSで行われている承認欲求の形と
同じように見えました。世界が違うだけで同じことが
起こっている。
定年を過ぎたおじ様たちが、小説の新人賞に、
ラノベのような設定で自分が理想とする環境の小説を
応募するかのような。あるいは、新聞の投稿欄や
テレビの投稿に応募するかのような。
私が知らないだけで、色んな世代で同じことが
起こっている。

依存症親子の演出を知った、ドキュメンタリーを
取っている女子大生は、じゃあどうするか。
本当の、本物のドキュメントとは何かを問われ、
そして出した答えもまた、自分を削ることでしか
見つけられなかったという人間っぽさがとても
いい感じに思えました。
あの妊娠検査薬のシーン、どんな風な演出だったのか
後から考えると、凄い、あんなふうに、期待させて
おいて、本当に反応が無かったかのようにできる
お芝居、凄い。一瞬ね、ウソっぽい雰囲気も感じる
んだけど、その後の芝居で、「違う」って念を押す
ような雰囲気のお芝居なんですよね。
そこで、「あ、本当なんだ」って思わされる。
でも実際は嘘で、真実を告げた瞬間をカメラにおさめる
んだけど、そのシーンを見た後に思うと、あぁ、
あそこでそういう芝居(演出)してるんだってわかる。
これ本当に演出も役者さんも凄いんだなぁって思いました。

好きだったのは、最後のキャストとスタッフの紙!(笑)
ああいうところが遊び心が凄くあって、演劇部って
感じがしてとても好きでした。しかも、それを安っぽく
しないようにできるというのが凄い。楽しかったです。


本当に富山でこの作品が見られて得しました!
呼んでくださったオーバードのプロデューサーさん、
スタッフさん、ありがとうございました!
次は是非、根本宗子さんの舞台を観たいので呼んで
欲しいです!よろしくお願いします!!
子供鉅人さんの「真夜中の虹」はとても良いので
富山の方にも観て欲しいし、劇団チョコレート
ケーキさんは生で観たいので何卒お願いしたいです。
関東遠征して見るときは観ますが、やはり資金的な
ごにょごにょもありますので、ぜひ地元で
観たいんです!!(アンケートにも書いてきたよ)


次は11月にアレを見るのにチケットとりました。
色々小劇場系のお芝居が地元で観れたら嬉しいですよね。
舞台・映画鑑賞 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【舞台】無差別

劇団P.O.D.さんの「無差別」を観てきました。
今回は古株のメンバー少なめ、P.O.D.でも劇団歴が
浅そうな役者さん中心の舞台でした。
この役者さんのチョイス、いいなぁと思いました!
この水準で身体を使ってこれだけの動きをキープ
できるというのは魅力だし、P.O.D.さんの新しい一面を
感じられた舞台だったな〜と思いました。


劇団P.O.D.第52回公演「無差別」
作 中屋敷法仁
演出 南本清美

2019年8月10日(土)18:30開演
at 高岡市生涯学習センターホール
上手中央よりやや後方より観劇




※こちらはご本家柿喰う客のPVです。


最初の語りのシーンから静かに入り、そして
村人を含めた動き、舞。動きと舞が始まった辺りで、
「あぁ〜、PODさんはちゃんと身体を使った舞台
というのに取り組んできたんだな〜凄いな〜!」
という事を思いました。
「広くて素敵な〜」のOPダンスに比べると、
明らかに熱量も、力の入り方も、舞台画面の厚みも
増していて、役者さんや劇団としての成長を感じました。
最低限これが舞台の頭で出るなら大丈夫だな、と
思わされました。
私は体が動かない勢なので(本当、門口さんと私
いい勝負ですからね)、これは純粋に役者さんたち
すごいなぁ〜と思いました。

柿喰う客の作品は、生の舞台でも見ているし、
ネットの映像配信でも観ています。
柿の、中屋敷さんの演出と言えば身体を使った演出と
特徴的な台詞まわしだと思います。
これを別の劇団がやると、「そういう雰囲気になるよね〜」
「どうしても柿っぽさ、という部分になるよね〜」
何ていう風に思ってしまいます。PODさんの演出も
柿っぽさは感じるのですが、PODさんのやれる範囲で、
似せようと思わず、何となくここに収束した、みたいな
感じがしました。等身大の感じがしてあまり嫌味に
思わなかったです。

全体的にも、最後までテンションが下がらず、
熱量で最後まで魅せ切っていたのがよかったなぁと
思いました。

前回の「夕-ゆう-」とは作風が全く違うので、
お客さんの反応も分かれたのではないかなと思います。
「演劇ってこういうのもあるんだ、面白い」
という人と、
「何か全くわからなかった。つまらない」
っていう人。
個人的にはシンプルに台本を起こした、という
感じがしたので、良くも悪くもストーリーや展開は
伝わったと思うし、それを面白いと感じる人も
いるだろうなと思います。

ただ、つまらなかった=悪い、ということではなく、
つまらないということが伝わったという事であり、
その人の中で判断ができる仕上がりだった、と
捉える方が良いのかなと思います。
なんにせよ、PODさんが果敢に挑戦した、という風に
私は思っているので、お客さんにとっても、劇団に
とっても良い作品のチョイスだったのかなと思いました。


さて、全体的な感想はここまでにして、
「続きを読む」からは、この部分については私は
こう思う、とか、お芝居ってこういうことじゃ
ないのか?みたいな、私が考えたことをつらつらと
書いていきたいと思います。
結構しんどいことも沢山今回は書くと思うので、
(それだけ難しい作品だということだと思って下さい)
本当、自分の判断で読んでください。
最近はお陰様でSNS等で感想ブログについてアレコレ
見ることが無くなったのでありがたく思っています。
是非酒の席やメンバーさん内でこれについてはアレコレ
言う感じでお願いします。


それでOKという方は「続きを読む」からどうぞ。
続きを読む >>
舞台・映画鑑賞 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【舞台】CHECK IT OUT

劇団すばるさんの公演を観に行ってきました。
「露出狂」から1年ぶりです。
若い方々も増えてさらに活発になっている劇団さん
だと思います。

今回はすばるの中でもレベルの高い方が演出をされる
ということで、気合の入り方やお芝居の魅せ方も
こだわりがあるんだろうなと期待しつつ観に行きました。


劇団すばる 第56回公演
『Check it out』
作:越川大介(D.K HOLLYWOOD)
演出:麻保良

2019年7月20日(土) 19:00開演
at 砺波市文化会館 多目的ホール

上手中央よりやや後方より観劇



http://subaru1971tonami.sunnyday.jp/



今回の作品は、1950年代初期のアメリカニューヨークが舞台。
TV業界では生放送が全盛期の頃。大手テレビ局は
人気司会者を起用してのバラエティショーなど
オリジナイティ溢れる番組を生み出し、人気を集めていた。

主人公のギャング・ダニーは取り立てに行き、
お金の代わりに弱小テレビ局の権利書を受け取ってしまう。
テレビで稼げる!とふんだダニーは、部下のギャングを
引き連れテレビ局に。そこで待っていたのは、生CMを
放送中の、駆け出しダンサー・ジェニー。
生放送のCM中に乱入したダニーたちはそのテレビ局の
ヘレンに怒られてしまう。ところが、そのヘレンは、
実はダニーの元妻だった...!

弱小テレビ局を乗っ取ったギャングたちと
乗っ取られたテレビ局のヘレンたちが繰り広げる
スタイリッシュコメディ。


海外を舞台にした作品という事は、登場人物ももちろん
日本人ではありません!演じる方も難しいですが、
私なんかは観る前に一瞬ひるんでしまいます。
なかなか日本人が海外が舞台の作品を演じるっていう
ところに自分の中での落としどころや着地点を
見つけられないと見ていてしんどいなぁと思ってしまう
からです。

すばるさんのこの作品も最初のシーンは
オーバーリアクションや洋画のような独特の言い回しを
していたのですが、それがわかりやすくキャラクターや
世界観を出していたなぁと思いました。
演出としてしっかりそういった表現を最初はつけて、
お客さんに世界観を見せるというのは効果的だなぁと
思いました。それがお話が進むにつれ、少しずつ
無くなっていったり、違和感が消えて行ったりしていたので、
役者さんがそういったところから一歩自分の中に進んで
お芝居や表現をしようとしていたからかなと思いました。
そういうところは印象やイメージを残しながら、
自然になっていっていたと思いました。

テレビショーの中でダンサーさんが踊る所や、
ショーのオープニングの雰囲気はとても良かったです。
振りなども含めて、キャストさんが沢山稽古をされたんだなと
思いました。スパンキー坊やのCMは本当に何もかもが
ずるいとしか言いようがなかったです(笑)
きっちりやり切れるのが凄いなぁと思いました!

キャストさんが多かったにもかかわらず、一人一人や
シーンひとつひとつに演出が付けられていて、
演出さんの熱心さと作品に対する思いが良く伝わって
きました。キャストさんも演出に対してしっかり答えよう
というのが見えて、よい関係で作品作りを
されているんだろうなぁと思いました。
客入れの演出も含めて、サービス精神をもって、
お客さんと関わっていこうというのもとても良かったと
思いました。



全体的な感想を書きつつ、「続きを読む」からは細かい部分や
いつものような感じの感想をまとめていきたいと思います。
すばるさんの大ファンの方、関係者の方など、思い入れの
強い方で、何を言われても良い印象を持てない方、今回の
作品を気持ちよく観終わったお客様はご自身のお気持ちなどと
ご相談の上、読むかどうか判断をお願いいたします。


続きを読む >>
舞台・映画鑑賞 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


よく読まれてます☆ どうでもいいことから壮大なことまで答えてます。











 携帯からも!
qrcode
経済指標