芝居を手にした黄兎の日々

芝居を再び手にした私が繰り広げる、やや外れた日々。
でも、きっと面白い日々に違いない。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |

ひとつのジャンルに3つの好きを

こんにちは、のとです。
えみてんの稽古も真ん中くらいでしょうか?
まだ1ヶ月も時間はあります。

そんな中でパンフレットの撮影とか小道具の準備とか
舞台美術とか、やることは山積みなわけですが
思ったよりも追い込まれていません。
すごい!(笑)

目下、パンフレットの撮影準備に追われているのですが、
どんなコンセプトにするかとか仕上がりイメージとか
細かく方向を定めるのも悩みつつ楽しいです。

そんな中で、「自分の好きなもの」っていう話に
なりました。それで思い出したのが、劇団の養成レッスン
だったかで言われたこと。
たぶん声優の安達さんの授業だったと思うのだけれど
(うろ覚え)、

「1つのジャンルやモノに対して、好きなものを
 3つ見つける」

っていう話があって、それは今もずっと思っているなぁ
とふと思いました。

小説だったり音楽だったり、アーティストだったり、
映画や舞台やアニメや漫画や雑貨やブランド...。
そういったものひとつに対して、好きを3つ。
これって意外と難しいと思うのですよね。
これを聴いたとき、私は自分の好きをすぐに決められる
ジャンルが少ないってちょっとびっくりした記憶が
あります。

いざ好きかどうかを決めたり答えるって、それなりに
数を知らなきゃいけないし、実際に触れなきゃいけない。
1つならまだしも、3つを持っているっていうのは
結構多く知らなきゃいけないんじゃないかなって
思っています。

今答えられるのもそんなに多くはないと思います。
作家さん、漫画家さん、小説、漫画、アニメ、声優さん、
役者さん、芸人さん、お菓子、食べ物、飲みもの、
服のブランド、動物...など...。
もしかしたら答えられるものもあるかもしれないけれど、
ぱっと思いつくまでになっていないってことだと
思います。

一時期クラシックとか好きなものを増やしたいなぁと
思って聴いてたこともあったり(笑)
自分の興味の範囲外のものの好きを作るのって
難しいなぁって思います。
それでも、自分の周りにいる人からの影響って
結構あって、最初は興味がなくても何となく
見て行ったり、連れて行かれたりすると面白くなって
きたり。そういうのを沢山くれる周りの人って
大事だなぁと思いました。自分からそこに興味を
もったりできないだろうなぁとか。

ちなみに今増やしたい「好き」は、
脚本家、シリーズ構成、原画(すべてアニメの)を
担当されている方。(ピンポイントすぎる...)
今結構気になっています(笑)
それから映画は結構観ていると思うんだけど、
なかなかずっと好き、何回も見たい、っていう作品が
自分の中でない感じなので、そういう作品を
見つけられたらいいなぁと思っています。
舞台・演劇考察 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ブログに感想を書くということ

こんにちは、のとです。
立て続けにお芝居を観に行って、その感想が
やたらめったらブログに並ぶようになりました。
(まだ感想書いてないやつもあるけど)

特に地元のアマチュア演劇の感想なんかは、
需要があるのか、公開直後はそれなりに
読んでいただけているようです。

私が文章に観劇の感想を残し始めたのは、
まだブログというものが生まれる前の時代でした。
その当時は、自分のHPに養成所の稽古日誌を
書いていて、そのついでに、観劇したお芝居の
感想も残していたと思います。
その後、日記サービスみたいなのが登場して、
ようやくブログが生まれます。

そして、私が観劇の感想を書こう、と思ったのは、
大学時代の演劇サークルのある先輩のお蔭だと
思っています。

役者をやっていて、お客さまからのアンケートに
自分のことが書いてあるというのがどれほど
嬉しいことなのか、役者さんならわかると思います。
それが良い点でも悪い点でも、アンケートに自分の
名前が(あるいは役名が)書かれているというのは
私はとても嬉しいです。
特に、私は演劇を始めた当初から、あまりアンケートに
自分のことを書かれたことがありません。
他の役者さんは沢山名前が書かれているのに、自分の
名前はそこに登場しない。それがどれだけ悔しいことか、
それもわかる役者さんがいるかもしれません。

そんな中、演劇サークルの先輩で、アンケートの表裏に
びっしりと、ひとりひとりの感想やアドバイスを書いて
下さる方がいました。新入生、新人で演劇をはじめた
私にももちろん書いてくれて、それがとても嬉しかった
のを覚えています。
それまで、自分がやったことに対して、誰かがレスポンスを
くれるということ、自分を観ていてくれるというという
ことをあまり感じなかったので、それがどれほど素敵な
ことなのか気が付いていなかったのです。

もちろん、ダメ出しも書いてあったし、それを受け止める
のに一所懸命でした。それでも、その時も上手くなりたくて、
その先輩にまたアンケートを書いてもらえるように、と
頭の片隅で思いながら公演を重ねていきました。
そうなんです。やっぱり、上手くなりたいから、
次はもっと良くなるようにっていう思いがあったわけです。

このことがあってから、私もアンケートは沢山書くように
しました。色々観劇した先々でアンケートを最後の方まで
残りながら書いていました。

そんな中で、感想を書くにあたって、こうしたらいい、
みたいなものを目にしたことがありました。

「なぜ面白いと思ったのか、なぜつまらないと思ったのか。
 それを具体的に言葉で言えるかどうか。
 そして、どうすれば自分が面白いと感じるのか。」

それまで、「面白かった」「つまらなかった」「眠かった」
みたいな感想しか書けなかったわけです。
その文章を見たときに、きちんと自分がどう感じて、
何を面白いと思うのかわかるようになりたい、と思いました。
また、観た作品の評価の適当さも自分で見極められるように
なりたいと思うようになりました。

だから、私のブログの感想は、これがずっとベースになっています。

・感想を沢山書いてもらうことは嬉しい。
・名指しで(あるいは役名で)感想を書いてもらうのは嬉しい。
・自分にとっての面白い、つまらないを
 具体的に言語化できるようになりたい。
・作品の評価を適当にできるようになりたい。

大体この4つが私が感想ブログを書いている理由です。

昔の感想と比較すると、多分その当時よりもずっと具体的に
書けるようになってきていると思います。
何が面白かった、何がつまらなかった、こうしたら私は
面白いと思う。これについても、昔に比べたら具体的に
なってきているんじゃないかと思います。

昔よりも感想が甘くなってきた、毒が薄くなってきた(笑)
と言われることもあり(笑)、昔から読んでくださる方は
本当にありがたいというか、こんなに付き合ってくれて
ありがたいなぁ(笑)なんて思うこともあります。

ただ、この感想は、私が自分の考えを整理するためのもので
あり、自分のために書いているものです。
だから、この個人の、のとえみのブログ以外ではここまでの
感想は書きませんし、Twitterでも、ブログを投稿した時
にしか流れません。こんな辺鄙なブログをわざわざ
ブックマークしたり、Tweetを細かくチェックしてくれたり
していないと、基本的にこのブログには来ないと思っています。
見たい人だけ見に来ている、という認識です。

そんなブログに来てくれる方は本当に稀有な方だと思うし、
きっと、この感想が必要だから来てくれているんだと
思っています。耐性がない方や、私の性格を知らない人、
会ったことのない人には、こいつは何をこんな書いているんだ
という風に捉えられるというのも重々承知しています。
そのための前置きはしているつもりです。
...それでも読んでくれる人がそこそこいるようなので、
皆さん凄いなぁくらいに思ってます。

けれど、あくまでも私個人の、私のためのメモ書きのような
ものです。感想に対するレスポンスも期待していませんし、
そもそも不要です。どちらかというと、書かれた人同士や
集団内で、「あいつになんか腹が立つことを書かれた」
「よく知りもしないのに好きなこと言って」みたいに、
グチを言い合う材料にしていただくのが一番いいんじゃ
ないかとは思っています。(むしろ、そんな感じではけ口に
でもしてくれるのはいいと思います。)

ちなみに、アンケートからブログでの感想に移行したのは、
単純に時間が無いからです。
終演後の5分10分で書ける量ではありません。
(見ていただけるとわかると思いますが)
出来るだけ自分の考えをまとめたいのと、できるだけ
伝わり方に齟齬が生まれないようにしたいというのも
あります。また、伝えるための文章力を付けたい、という
文章の練習でもあります。
せっかく感想を書くのだから、アンケートだけだと、
その劇団の方々にしか読んでもらえないっていうのもちょっと
勿体ないなという思いもあったり。

そして、書く時は、褒めるとダメだしのバランスをちゃんと
とるということ。基本的に、お客さまからのアンケートって、
褒める事しか書かれていないと思っています。
だから、お客様にたくさんほめてもらえばいいと思います。
また、私はお客様の「面白かった」「よかった」が最終的に
何よりも正解だと思っています。
けれども、中にはそれだけでは満足できない役者さんが
いるかもしれません。そんな人にだけ、おまけのような形で
このメモ程度の感想を使ってもらえばいいと思います。
ありがたいことに、過去にはこのブログから自分のお芝居を
観に来てくれる方や、応援してくれる方、観劇にご招待
してくれた方もいらっしゃいました。だから、まあまあ
役に立つこともあるんだなって思っています。
たぶん今も、ある程度この感想を判断材料のひとつに
してくれているかたもいるかもしれません。

結構厳しい言い方ですが(これでも昔よりは本当に甘く
なったのですが)、その中にも「愛がある」と言ってくれる
方や、「読み物として面白い」と言ってくれるかたもいます。
私の言っていることが全て正しいとは思っていません。
私の感想に対して、自分はこう思う、こうじゃないか、
共感など、また新たな観劇の愉しみが増えてくれたら
素敵だって思っています。
舞台・演劇考察 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【舞台】スケッチブック・ボイジャー

劇団P.O.D.さんの30周年、第50回公演を観にいってきました。
年に2回、コンスタントに舞台公演を続けるというのは
本当に凄いことなのです。

仕事もある、家庭の事もある、地域の事もある。
そんな中沢山の人が時間をつくって、関わって、続けて、繋いで、
演劇がそこにあるということは尊いことなんだなと思っています。

そんなP.O.D.さんを観た感想です。


劇団P.O.D. 創立30周年記念
第50回記念公演
「スケッチブック・ボイジャー」
作:成井豊
演出:南本清美

2018年9月2日(日)14:00開演
at 高岡市生涯学習センターホール
上手側後方より観劇



今回は観る前に、「あ、そうか」と思うことがあったので、
多分2部構成になると思います。
ご自身に合わせて読んでください。
続きを読む >>
舞台・映画鑑賞 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【舞台】人の気も知らないで

東京の方へ観にいきたい劇団さんは観に行く
事が多いのですが、スケジュールが合わなかったり、
そこまでではないなぁ、と思う時もあります。
そんな時に、近くの県で公演があるというのは
本当にありがたいな〜と思います。

今回はそんな感じで、ちょっと観たいなと
思っていたのですが、金沢に来て下さるという
ことで速攻チケットをとりました!


iaku
「人の気も知らないで」ツアー
2018.7/21sat〜9/23sun

http://www.iaku.jp/


春の日曜日の午後。桜は散った。
彼女たちは交通事故で入院中の同僚の
お見舞い帰りにカフェでお茶をしている。
今日は寿退社する別の同僚の結婚式の余興の
打ち合わせをしなければいけないのだけど
気分じゃない。入院中の彼女の治療痕が
あまりにもショッキングだったから。
「目に見える身体の一部欠損」を負った
彼女をどのようにサポートしていくか。
それぞれの事情や思いに“繋がれた”ところから
激しい議論が交わされる…。


7月28日(土)〜29日(日)
金沢21世紀美術館
シアター21

7月28日(土)19:00〜
客席中央より観劇




続きを読む >>
舞台・映画鑑賞 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【舞台】私は世界

弾丸ツアーでちょっと東京まで行く予定で、
別の予定をいれるつもりだったのですが、
予定が変わってしまったので観劇の予定を
いれちゃいました!


劇団ワンツーワークス #25
『私は世界』
作・演出 古城十忍

2018年7月20日(金)〜 29日(日)
at 赤坂レッドシアター

7月23日(月)19:00開演
下手最前列より観劇


http://www.onetwo-works.jp/index.html


多分皆さんも名前は聞いたことがあると
思うのですが、ワンツーワークスさんを
観にいってきました。前身は一跡二跳さん。
長い劇団さんで、役者さんもベテランの
方が多いという印象です。

思った以上に客層が若いなと思ったら、
客演の阿部丈二さん、砂原健佑さん、
池田努さん目当ての方かなぁという感じでした。
いいですよね〜。

そんな感想をやわやわとメモ程度に書いて
おこうと思います。


続きを読む >>
舞台・映画鑑賞 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【舞台】露出狂(劇団すばる版)

ここ何回か観に行けていなかった劇団すばるさん、
ひさしぶりに観にいくことができました。
よかったよかった。

劇団すばる 第55回公演
「露出狂」
作:中屋敷 法仁(劇団 柿喰う客)

2018年7月21日(土)19:00
at 高岡文化ホール 多目的小ホール
中央上手側やや後方より観劇


http://subaru1971tonami.sunnyday.jp/


ここ最近、県内のアマチュア劇団には
新しい人が結構入っていて、若返ったり、
人数が増えたりしています。
すばるさんもそうだと聞いています。

人が増えることによっていいこともあるし、
今までがままならなくなってしまうことも
あるしと様々ですが、基本的にはいいことだ!
と思っています。

もっとこうしたらいいのにな、これは演劇として
はずして欲しくないな、ということがなかなか
引き継がれないということもあるかもしれません。
そんなことが引き継ぐきっかけであったり、
逆にもっと新しいことをやりたいけどやれない
ということを踏み出すきっかけになったらいいなと
思います。

すばるさんは、基本的にうまい役者さんが
揃っています。多分いろんな物をすっとばして、
いきなり演出をつけ始めるという稽古スタイルも
できる劇団さんだと思っています。
そのため、多分いつもよりも辛目の予定です。
最近すばるさんに入られて、
「あ、感想書いてくれてる!嬉しい!見よう!」
と思って読み始めると、なんだか悲しい気持ちに
なる可能性もありますので、注意して読んで
いただければ幸いです。

それでも心の臓大丈夫!という方は
「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む >>
舞台・映画鑑賞 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【舞台】オズの魔法使い(さざなみ企画)

お隣、石川県の演劇は多彩な印象があります。
分かりやすくて誰からも愛されるような集団、お芝居を
作る所もあるし、ひっそりと作品を作る所もあるし、
尖った作品を、演劇を目指しているようなところもあるし、
という印象です。

足を延ばして金沢までお芝居を観に行きたいんですけどね。
なかなか時間を作れなくて、ちょっと勿体ないなって思ってます。
石川のお芝居をやっている方とも顔見知りとかに
なりたいですしね。

そんな中、結構前作の「déjà-vu」で、すっごい素敵な
フライヤーを見て、おぉ、これはやったるぜ、みたいな
集団、石川にあるなぁマジだなぁって感じたのが、
さざなみ企画さんでした。
わたし、どっちかというとわかりやすい感じのより、
こういう感じの方が好きです。わかりやすいお芝居って、
楽しいけど、それで終わっちゃうから、私のお芝居の
楽しみ方に沿ってないんだよね...。

そんな余談は置いておいて、それで「オズの魔法使い」は
時間作れたら生で観たいなぁと思ってました。
結局観にいけなくて残念だなぁと思ってたら、
動画を公開していただいて、めっちゃありがたかったです。

そんなわけで、メモ程度に思ったこととか書いておこうと
思います。ほんとにメモになるかも。(笑)
いや、これ正直めっちゃ難しいよ。(笑)
台本も難しいし(笑)わからん正直(笑)




さざなみ企画第6回公演
「オズの魔法使い」
作・演出 ​南光太朗

2018.6.1〜6.3
at 金沢21世紀美術館 シアター21



解説とか、そういうのは一切期待しない方がいいです。
わたしもヒントが欲しくてむしろ感想とか調べました。
(出てきませんでした)
こうかな?くらいのことは書くかもしれません。

続きを読む >>
舞台・映画鑑賞 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

どやまらんど「朝日(あけび)キャンプ場」BBQレポート

先日、演劇ムーブメントえみてんのメンバー、
サポートメンバー&ゲストさんでバーベキューを
してきました!大変な天候の中だったのですが、
大きな屋根つきの場所、ということで雨でも
バーベキューはできるのか!?という検証を兼ねて
行ってきました(笑)

場所は、黒部市宇奈月町の
「どやまらんど朝日(あけび)」さん。
天気が良ければ景色も素敵な場所だそうです。

どやまらんど「朝日(あけび)キャンプ場」
〒938-0171
富山県黒部市宇奈月町土山133
電話: 0765-65-1567

https://doyamarando.jimdo.com/


webサイトのギャラリーに詳しい写真も
沢山載っていますので、それ以外の情報も
合わせつつ、バーベキューレポートを書いて
行ければと思います。

続きを読む >>
  富山地元情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

「のとえみと天神祐耶が会いに行くツアー」第4回!

先日、魔導演劇結社インポッシブルさんという、
明らかに怪しそうな団体のメンバーさん(党員さん?)と
演劇のワークショップ(稽古)をしてきました。

その様子はえみてんブログの方でざっくりと
書かせていただいております。

私個人のブログでは、どうでもいい細かい部分を
メモ程度に書き留めたり、補足として説明したり、
解説したりする感じで、長々と書いていこうと思います。

ちなみに、参加したメンバーさん、その場に居た
えみてんサポートメンバーのみにわかるような
書き方、説明の仕方になる予定です。

稽古に参加してくれたからこそ得られるものって
あると思うので、稽古に参加してくれたメンバーさんの
ために、という意味合いでも書いておこうと思います。
知りたかったら一緒に稽古をすればいいですしね。

というわけで、長々と書いていきますので、
お時間のある時に暇つぶしとしてでも読んで
いただければ幸いです。

続きを読む >>
演劇ムーブメントえみてん | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【舞台】ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと

BSスカパーで放送したマームとジプシーを
録画してもらっていたものをようやく観ました。

舞台写真1枚をみてもとても素敵で、雰囲気が
写真の隅っこにまでも埋められている感じが
する舞台がしていて、ずっと気になっていました。
映像でみるのは勿体ないなぁ、生で体感したいなぁ
という気はずっとあるのですがなかなか巡りあわせ
がこない集団のひとつでもあります(笑)


BSスカパー! ON STAGE STAGE LEGEND #41
マームとジプシー 10th Anniversary Tour vol.1
「ΛΛΛ かえりの合図、
 まってた食卓、そこ、きっと──────」
(2017年彩の国さいたま芸術劇場)


http://mum-gypsy.com/events/aizu2


思ったこととかを覚書程度で書き留めておきます。

続きを読む >>
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


よく読まれてます☆ どうでもいいことから壮大なことまで答えてます。











 携帯からも!
qrcode
経済指標