芝居を手にした黄兎の日々

芝居を再び手にした私が繰り広げる、やや外れた日々。
でも、きっと面白い日々に違いない。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

【舞台】命ギガ長ス

富山に松尾スズキが来る....マジか...。
と思ってチケットをとりました(笑)

富山での松尾スズキの知名度ってどのくらいか
わからなくて、チケット発売2日後くらいでも
だいじょうぶやろ、と思ったのですが、
その時点で2日目のマチネは残り1枚、
1日目も残りわずかという状態。凄い。
地元にそんなにいるのかー...という気持ちでした。

全席指定でもおかしくないのに、全席自由。
ここが「演劇部」というコンセプトにも
繋がるのでしょうか。緩い感じがありますが、
開場前に並んだ列はガチでした(笑)

開場10分前くらいにホール前に到着しましたが、
列はかなり長く、多分ほぼ最後くらいの入場だった
のではないでしょうか。女性率が多分8割。
普段地元のアマチュア演劇なんて見ないだろうな、
という層でした。演劇も好きそうな雰囲気は
あるけれど、絶対的に違うものを求めている層
だなぁと思いました。もしかしたら、作品によっては
この方々もアマ劇観に来てくれたらいいなぁなんて
淡く思ってしまいました。
(まぁ、そうじゃないんだろうけど)


東京成人演劇部 vol.1
「命ギガ長ス」
作・演出 松尾スズキ

2019年7月24日(水)19:00開演
at オーバードホール特設劇場
中央後方より観劇


http://matsuo-suzuki.com/




いつもは中央席って座らないんだけど、せっかく
なので中央から見ました。しかし...椅子が互い違いに
なっていなかったので、めっちゃ観にくかったなぁ...。
目の前背が高い人だと全然見えないんだよね...。
こういう細かい部分お願いだから改善してほしい、
オーバードさん...。

舞台は最高に面白かったです。
大人の、成人演劇部というコンセプトがとても
感じられました。私もこれくらい力が抜けている
作品やってみたい。
力が抜けているといっても、手抜きというわけでは
なくて、特に松尾さんの力の抜けているお芝居が
とても良かったです。抜けているのにしっかり届く。
固いお芝居をやっているのに抜けている。
このバランス感覚が気持ち良かったです。

客席も結構笑っていて、良い雰囲気だったのですが、
私は全然心から笑えなかったです。もちろん
いい意味でです。
目の前で起こっていることは面白いことなんだけど、
その行動をとっているこの人たちがとても哀れで、
現代を生きる人たちで、もう見ている人たちには
どうしようもできないところで生きている。
それが見えてくると全然笑えて来なかったです。
この感覚は面白いなと思いました。

私たちくらいの、ネットに染まった、SNSを使う
人たちであれば、それはパクツイであったり、
モラルに反したことをアップしてビューをかせぐで
あったり、そういった承認欲求的なことになると
思うのです。そして、それはSNSで見えている部分で、
そのツールの世界で生きている人たちが行っている
こと。

じゃあ、そうじゃない、SNS世界で生きていない人は
どうなのかといったら、この作品のように、同じ
ことが違う形で行われている。
パチンコとアル中の親子は自分たちの承認欲求を
満たすように、取材のための依存症を作り上げていく。
それが私にはSNSで行われている承認欲求の形と
同じように見えました。世界が違うだけで同じことが
起こっている。
定年を過ぎたおじ様たちが、小説の新人賞に、
ラノベのような設定で自分が理想とする環境の小説を
応募するかのような。あるいは、新聞の投稿欄や
テレビの投稿に応募するかのような。
私が知らないだけで、色んな世代で同じことが
起こっている。

依存症親子の演出を知った、ドキュメンタリーを
取っている女子大生は、じゃあどうするか。
本当の、本物のドキュメントとは何かを問われ、
そして出した答えもまた、自分を削ることでしか
見つけられなかったという人間っぽさがとても
いい感じに思えました。
あの妊娠検査薬のシーン、どんな風な演出だったのか
後から考えると、凄い、あんなふうに、期待させて
おいて、本当に反応が無かったかのようにできる
お芝居、凄い。一瞬ね、ウソっぽい雰囲気も感じる
んだけど、その後の芝居で、「違う」って念を押す
ような雰囲気のお芝居なんですよね。
そこで、「あ、本当なんだ」って思わされる。
でも実際は嘘で、真実を告げた瞬間をカメラにおさめる
んだけど、そのシーンを見た後に思うと、あぁ、
あそこでそういう芝居(演出)してるんだってわかる。
これ本当に演出も役者さんも凄いんだなぁって思いました。

好きだったのは、最後のキャストとスタッフの紙!(笑)
ああいうところが遊び心が凄くあって、演劇部って
感じがしてとても好きでした。しかも、それを安っぽく
しないようにできるというのが凄い。楽しかったです。


本当に富山でこの作品が見られて得しました!
呼んでくださったオーバードのプロデューサーさん、
スタッフさん、ありがとうございました!
次は是非、根本宗子さんの舞台を観たいので呼んで
欲しいです!よろしくお願いします!!
子供鉅人さんの「真夜中の虹」はとても良いので
富山の方にも観て欲しいし、劇団チョコレート
ケーキさんは生で観たいので何卒お願いしたいです。
関東遠征して見るときは観ますが、やはり資金的な
ごにょごにょもありますので、ぜひ地元で
観たいんです!!(アンケートにも書いてきたよ)


次は11月にアレを見るのにチケットとりました。
色々小劇場系のお芝居が地元で観れたら嬉しいですよね。
舞台・演劇考察 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【舞台】無差別

劇団P.O.D.さんの「無差別」を観てきました。
今回は古株のメンバー少なめ、P.O.D.でも劇団歴が
浅そうな役者さん中心の舞台でした。
この役者さんのチョイス、いいなぁと思いました!
この水準で身体を使ってこれだけの動きをキープ
できるというのは魅力だし、P.O.D.さんの新しい一面を
感じられた舞台だったな〜と思いました。


劇団P.O.D.第52回公演「無差別」
作 中屋敷法仁
演出 南本清美

2019年8月10日(土)18:30開演
at 高岡市生涯学習センターホール
上手中央よりやや後方より観劇




※こちらはご本家柿喰う客のPVです。


最初の語りのシーンから静かに入り、そして
村人を含めた動き、舞。動きと舞が始まった辺りで、
「あぁ〜、PODさんはちゃんと身体を使った舞台
というのに取り組んできたんだな〜凄いな〜!」
という事を思いました。
「広くて素敵な〜」のOPダンスに比べると、
明らかに熱量も、力の入り方も、舞台画面の厚みも
増していて、役者さんや劇団としての成長を感じました。
最低限これが舞台の頭で出るなら大丈夫だな、と
思わされました。
私は体が動かない勢なので(本当、門口さんと私
いい勝負ですからね)、これは純粋に役者さんたち
すごいなぁ〜と思いました。

柿喰う客の作品は、生の舞台でも見ているし、
ネットの映像配信でも観ています。
柿の、中屋敷さんの演出と言えば身体を使った演出と
特徴的な台詞まわしだと思います。
これを別の劇団がやると、「そういう雰囲気になるよね〜」
「どうしても柿っぽさ、という部分になるよね〜」
何ていう風に思ってしまいます。PODさんの演出も
柿っぽさは感じるのですが、PODさんのやれる範囲で、
似せようと思わず、何となくここに収束した、みたいな
感じがしました。等身大の感じがしてあまり嫌味に
思わなかったです。

全体的にも、最後までテンションが下がらず、
熱量で最後まで魅せ切っていたのがよかったなぁと
思いました。

前回の「夕-ゆう-」とは作風が全く違うので、
お客さんの反応も分かれたのではないかなと思います。
「演劇ってこういうのもあるんだ、面白い」
という人と、
「何か全くわからなかった。つまらない」
っていう人。
個人的にはシンプルに台本を起こした、という
感じがしたので、良くも悪くもストーリーや展開は
伝わったと思うし、それを面白いと感じる人も
いるだろうなと思います。

ただ、つまらなかった=悪い、ということではなく、
つまらないということが伝わったという事であり、
その人の中で判断ができる仕上がりだった、と
捉える方が良いのかなと思います。
なんにせよ、PODさんが果敢に挑戦した、という風に
私は思っているので、お客さんにとっても、劇団に
とっても良い作品のチョイスだったのかなと思いました。


さて、全体的な感想はここまでにして、
「続きを読む」からは、この部分については私は
こう思う、とか、お芝居ってこういうことじゃ
ないのか?みたいな、私が考えたことをつらつらと
書いていきたいと思います。
結構しんどいことも沢山今回は書くと思うので、
(それだけ難しい作品だということだと思って下さい)
本当、自分の判断で読んでください。
最近はお陰様でSNS等で感想ブログについてアレコレ
見ることが無くなったのでありがたく思っています。
是非酒の席やメンバーさん内でこれについてはアレコレ
言う感じでお願いします。


それでOKという方は「続きを読む」からどうぞ。
続きを読む >>
舞台・演劇考察 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【舞台】CHECK IT OUT

劇団すばるさんの公演を観に行ってきました。
「露出狂」から1年ぶりです。
若い方々も増えてさらに活発になっている劇団さん
だと思います。

今回はすばるの中でもレベルの高い方が演出をされる
ということで、気合の入り方やお芝居の魅せ方も
こだわりがあるんだろうなと期待しつつ観に行きました。


劇団すばる 第56回公演
『Check it out』
作:越川大介(D.K HOLLYWOOD)
演出:麻保良

2019年7月20日(土) 19:00開演
at 砺波市文化会館 多目的ホール

上手中央よりやや後方より観劇



http://subaru1971tonami.sunnyday.jp/



今回の作品は、1950年代初期のアメリカニューヨークが舞台。
TV業界では生放送が全盛期の頃。大手テレビ局は
人気司会者を起用してのバラエティショーなど
オリジナイティ溢れる番組を生み出し、人気を集めていた。

主人公のギャング・ダニーは取り立てに行き、
お金の代わりに弱小テレビ局の権利書を受け取ってしまう。
テレビで稼げる!とふんだダニーは、部下のギャングを
引き連れテレビ局に。そこで待っていたのは、生CMを
放送中の、駆け出しダンサー・ジェニー。
生放送のCM中に乱入したダニーたちはそのテレビ局の
ヘレンに怒られてしまう。ところが、そのヘレンは、
実はダニーの元妻だった...!

弱小テレビ局を乗っ取ったギャングたちと
乗っ取られたテレビ局のヘレンたちが繰り広げる
スタイリッシュコメディ。


海外を舞台にした作品という事は、登場人物ももちろん
日本人ではありません!演じる方も難しいですが、
私なんかは観る前に一瞬ひるんでしまいます。
なかなか日本人が海外が舞台の作品を演じるっていう
ところに自分の中での落としどころや着地点を
見つけられないと見ていてしんどいなぁと思ってしまう
からです。

すばるさんのこの作品も最初のシーンは
オーバーリアクションや洋画のような独特の言い回しを
していたのですが、それがわかりやすくキャラクターや
世界観を出していたなぁと思いました。
演出としてしっかりそういった表現を最初はつけて、
お客さんに世界観を見せるというのは効果的だなぁと
思いました。それがお話が進むにつれ、少しずつ
無くなっていったり、違和感が消えて行ったりしていたので、
役者さんがそういったところから一歩自分の中に進んで
お芝居や表現をしようとしていたからかなと思いました。
そういうところは印象やイメージを残しながら、
自然になっていっていたと思いました。

テレビショーの中でダンサーさんが踊る所や、
ショーのオープニングの雰囲気はとても良かったです。
振りなども含めて、キャストさんが沢山稽古をされたんだなと
思いました。スパンキー坊やのCMは本当に何もかもが
ずるいとしか言いようがなかったです(笑)
きっちりやり切れるのが凄いなぁと思いました!

キャストさんが多かったにもかかわらず、一人一人や
シーンひとつひとつに演出が付けられていて、
演出さんの熱心さと作品に対する思いが良く伝わって
きました。キャストさんも演出に対してしっかり答えよう
というのが見えて、よい関係で作品作りを
されているんだろうなぁと思いました。
客入れの演出も含めて、サービス精神をもって、
お客さんと関わっていこうというのもとても良かったと
思いました。



全体的な感想を書きつつ、「続きを読む」からは細かい部分や
いつものような感じの感想をまとめていきたいと思います。
すばるさんの大ファンの方、関係者の方など、思い入れの
強い方で、何を言われても良い印象を持てない方、今回の
作品を気持ちよく観終わったお客様はご自身のお気持ちなどと
ご相談の上、読むかどうか判断をお願いいたします。


続きを読む >>
舞台・映画鑑賞 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【舞台】Like Dorothy

同じ舞台作品を違う場所で公演するというご縁をきっかけにして
お知り合いになった、福井の役者さん。その方が公演をする、
というので観光+観劇に、福井に行ってきました。

他の地域で活動しておられるアマチュア劇団さんの公演を
生で観るのは初めてです。少しメールでやりとりを
させていただいた時は、どこも地方では同じような悩みが
あったりするんだなぁ、ととても共感を覚えました。

福井は高校演劇も盛んですし、Twitterを見ていると
自主映画を撮られている団体さんもあります。
そういった、「お芝居をすること」が盛んな地域の
演劇に触れて、勉強できることが沢山あればいいなぁと
思って向かいました。


ZAN-Project 4th act
「Like Dorothy」
作 倉持裕
演出 松代屋薫

2019年6月15日20:00〜
at 越前市 演劇工房道しるべ 第2工房
中央真ん中辺りより観劇


https://zanproinfo.wixsite.com/home


ペンギンプルペイルパイルズの倉持さんの作。
「ファンタジックな設定におけるテンポの良い会話劇」
という一文でどんな作風かは何となくわかりそうです。

そんな倉持さんがM&OPlaysプロデュースに
書き下ろして演出をしたこの作品。
M&OPlaysって面白い作品しかないイメージがあります。
(「みんなシンデレラがやりたい」とかもそうですし)

倉持さんの作品は一度は見てみたいなぁと倉持さんが
PPPPで「ワンマン・ショー」をやった後くらいから
思っていたので、今回見られてラッキーと思いました。

この作品をチョイスしたセンス、とてもいいなぁ〜と
公演情報を見た時から思っていました。
twitterかな?こういう作品がここで見られるとは〜
という事を言っておられた方がいたので、福井では
どんな作品が好んで上演されているのか興味深く思いました。


最初に客席に入って思ったのが、お客さん層が若いな〜
という事でした。高校生〜50代くらいでしょうか?
こんなに若い方々が楽しみにしてお芝居を観に来ている
というのが当たり前のことみたいになっているのが、
本当に素敵だなと思いました。
また、客席の雰囲気もとても良くて、開演前から
楽しく観ようと思っている雰囲気が伝わってきました。
(もちろん、関係者も多いな〜というのは感じましたが、
役者同士うんぬんというのを抜きにして、関係者が
好きで見に来ているというのもとても良くわかりました。)

前説の演出も工夫されていて、そこからお客さんへの
注意事項もそうだけれど、笑いも多く起きていて、
こういう反応がすぐ出てくる雰囲気や空気、そういった
土壌があるんだなっていうのがいいなぁと思いました。
一緒に行った旦那ちゃんは
「お客様を楽しませようという姿勢がとてもいい」
と言っていました。

もちろんどこで舞台をやっても「楽しませよう」という
気持ちはあると思います。それが真面目な方向だけでなく、
お客さんの方を向いていて、自分たちも楽しく、
お客様にもそれを届ける、という余裕のある感じが
いいなぁと思いました。


※本家CM

「オズの魔法使い」のドロシーのように、3人の従者を従えて、
天敵に挑むヒロインの活躍をシュールに、ユーモラスに、
ファンタジックに描く、倉持ワールド全開のコメディー。
(youtubeのコメント欄より引用)



シーンの切り替わりでドロシーのような立ち位置である
マッツのナレーションが入ります。
このナレーションを生かして、回転舞台を使った
場転が面白いと思いました。
(回転舞台は自分も東京で舞台をやった時に使った
ことがあるのと、新潟のえんとつシアターでダルカラの
「演劇」を観た時の2回くらいしか観たことがないかも)

倉持さんの「テンポの良い会話劇」も、台詞量が結構
あったと思うのですが、気にならないテンポの良さで
進んでいって、地力のある役者さんたちが出演している
舞台だなと思いました。
なかなか、聴きとれるレベルできちんと台詞を言える
っていうのは簡単にできることではないと思います。
また、舞台に立つということもしっかりできていて、
基本がしっかりしている役者さんたちだなとも思いました。


登場人物は8人と、そこそこの人数なので、下手をすると
似たような感じになってしまって混乱も起きそうです。
ですが、キャラクターがそれぞれ立っていて、キャラで
それぞれの立ち位置がわかるというのが凄いなと思いました。

また、動ける役者さんがほとんどで、身体が動くことで
できること、伝えられること、演出としてできることが
増えるんだなというのがとても分かりました。
そういうお芝居と演出が可能になるというのは強みだなと
思ったし、きちんと身体からお芝居をつくるということを
やっているんだなと思いました。

個人的にはあの犬(魔物)的なやつが最高に好きでした。
ああいう感じで全力でバカなことやるの最の高です!!
や〜、いいな〜あれ、わたしも混ざりたい〜(笑)
あそこまで振り切ってやり切れるというのは強いなと
思いました。



全体的な感想をまとめてみました。
さて、ここからはいつものように、気になったこと、
もっとここを気にしたらよくなるんじゃないかな、
というようなことを自分なりにまとめておこうと思います。

あくまでも私が思ったことなので、これが正解ではないし、
むしろ、お客様からのアンケートが全てだと思います。
お客様からのアンケートで充分な方は、必要ないかなと
思います。

また、出演されていたキャストさんや、団体さん、
福井の演劇、お芝居全てが大好きで、それら全てに
何かを言ってほしくない、という方は読まない方が
よいと思います。
私の感想を初めて読む、という方は特に注意を
お願いいたします。他の観劇の感想を読んでから、
読むかどうかの判断をお願いいたします。


それでも良いという方のみ、「続きを読む」から
お願いいたします。




続きを読む >>
舞台・映画鑑賞 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【舞台】芸術家入門の件





2019年5月25日(土)13:00の回
上手最前列より観劇
at 吉祥寺シアター



この日に東京に行く予定になったので、何を観ようかな〜
と思って色々検索。最近、東京に行く日と観たい劇団が
かみ合わなかったのですが、今回は気になる劇団が3つ...。
これは嬉しい悲鳴!


そんな三つ巴を制したのがブルドッキングヘッドロックさん。
理由としては
・事前予約からの当日精算が可能
(振込とか手数料がかかるのが嫌だし面倒。クレカを使いたくない)
(遠方からなので、急な不幸とかあった時にキャンセルができないと
 非常に憂鬱。地方住みなのに、行けなくなったチケットを誰が
 買ってくれるというんだい?なので、当日精算はとてもありがたい)
・時間が13:00で丁度よい
・東京駅着なので、交通の便がよい
・名前は知っているけど観たことがなくて、是非観たい
・喜安さんの台本に信頼がある(=「風強」「幕が上がる」大好き)
・うらじさんと佐野さんが出ているから役者さんも上手いし
 作品も外れがなさそう
・吉祥寺シアター1回行ってみたかった
・吉祥寺のカフェとか行ってみたい


デメリットとしては、おしゃれな街吉祥寺に来ていく服が無い、
くらいですね。(田舎特有の発想)


全公演が終了しているのでネタバレとか勝手な考察とかありで
書く予定です。それでもいいよという方は「続きを読む」から
どうぞ。


続きを読む >>
舞台・映画鑑賞 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

黒部峡谷鉄道 トロッコ電車の旅 〜雨編〜

トロッコ電車の旅、「晴れ編」に続いて「雨編」です。

地元民は雨の日に乗りに行くということはまずないです。
それでも、ご旅行の日程が雨になってしまって、
どうしても雨の日にトロッコに乗る必要がある場合も
あるかと思いますので、何かの参考になればと思います。


トロッコ電車の旅レポート

「晴れ編」はこちらから↓
http://yellowrabbit.jugem.jp/?eid=1730



本編は「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む >>
  富山地元情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

黒部峡谷鉄道 トロッコ電車の旅 〜晴れ編〜

黒部で有名な観光スポットで真っ先に
挙げられるのは、黒部峡谷鉄道、トロッコ電車
と呼ばれる列車です。

公式サイト
http://www.kurotetu.co.jp/


室井滋さんのアナウンスと共に列車に揺られて
欅平までの旅です。
列車に乗りながらの景色は何度見てもいいもの
だなぁと思います。

そんなトロッコ電車の旅を、
「晴れ編」と「雨編」に分けてご紹介しようと
思います。

車両がいくつかあるのですが、
「晴れ編」は「普通客車」(オープン車両)
「雨編」は「特別客車」(窓付)
での旅となっています。

http://www.kurotetu.co.jp/about_troko/

「雨編」はこちら↓
http://yellowrabbit.jugem.jp/?eid=1731


地元民だとなかなかこれに乗ろうと思って
行ったりしないのですが、県外から来た友達
なんかにはよく聞かれたり、乗りに行きたいと
言われることが多いので、説明するためにも
乗っておかなければなぁと思って出掛けました。

ちなみに地元民ですが、小さい頃に2回くらい
乗ってそれっきり乗ったことはなかったです(笑)
(ましてや、雨の日に乗るなんてことはまず
ないです。なぜ地元なのにわざわざ...)

基本的にトロッコ電車は「普通客車」、
オープン車両一択です。
これに乗らずしてトロッコの面白さはない、と
私は思っています。なので、天気が良ければ
迷わずオープン車両を選んでいただきたいです。
逆に雨の日や寒い日は窓付がいいと思います。
とにかく寒いので、乗っているだけで体力が
奪われます。行きは何とかなっても、帰りは
疲れもあり、少しでも体に負担がかからない方が
いいと思います。




こちらが乗車駅。
この下に黒部地方鉄道の宇奈月駅があるので、
そちらと間違わないように注意です。


切符売り場。10月下旬の平日、だったかな?
空いていますが、シーズンの休日は混雑しているので、
事前に切符を予約しておくのがいいと思います。
予約した場合は、奥のカウンターで発券して貰えます。



記事は「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む >>
  富山地元情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

朝日町 舟川べり桜

黒部周辺のお花見スポットがいくつかあります。

黒部は宮野山運動公園
魚津はミラージュランド、魚津水族館横
朝日町は舟川べり

という感じです。

私は大体朝日町の舟川べりに行きます。
お弁当を作っていったり、買っていったりします。

昨年は行けなかったのですが、今年行きましたら、
周辺に臨時駐車場がつくられていました。
有料で300円。
そのお陰で、舟川べりに駐車する車はなくなっていて、
とても快適なお花見ができました。

春の四重奏をかなり売りにしているようになって
いました。ちなみに春の四重奏というのは、

手前から
・チューリップ
・菜の花
・桜
・立山連峰の山々
という色の違う4つが重なっている景色です。

富山県朝日町観光サイト
https://www.asahi-tabi.com/sijuusou/

今年は遠方から電車で見に来られている方も
多数いらっしゃったような印象を受けました。


ラジオで聞いたのですが、
「今どのくらい花は咲いていますか」
という連絡が結構あるそうです。
遠くの方はどうしても来る日が限定されてしまいますが、
お近くの方であればお天気を選べるので、天気のいい日に
来るのがいいと思いますよ、と話されていました。



写真は2011年、2014年、2019年が入り混じって
いますが、こんな感じですというのを紹介しようと
思います。




一番良く撮られている構図で。
こちらは2014年の写真です。


川の両側はこんな感じになっています。
桜のトンネルになっているのが特徴的、でしょうか。
こちらは2011年。


これは今年2019年。
桜の額縁に入った山々、という感じで撮ったやつです。
4月の初旬に行って、桜はこの感じでしたが、
菜の花が咲いておらず、三重奏、といった感じでした。


2014年。こういう感じの構図も結構撮っている方が
いるかなぁって思います。


手持ちの写真で四重奏や三重奏になっているものが
なかったのでまたの機会に撮れたらいいなぁと
思います。(また来年かな?)


  富山地元情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ももクロ春の一大事2019 in 黒部市 初心者参戦レポート

地元黒部!しかも宮野山でももクロのライブが!
ということで、地元民ならば行かねばなるまい、
ということで行ってきました。

私が行きたかったのもありますが、お義母さんが
「ライブに行ったことが無いから行きたいし、
 ももクロちゃんなら行きたい。」
と言ってくれたので、ならば行きましょう!という
ことで、お義母さんの接待も兼ねつつ行ってきました。

モノノフさんはマナーもすごくいいと聴きますし、
メンバーも4人と覚えやすいので、お義母さんも
大丈夫だな!と思いました。

私もホットフィールドくらいしか野外は行ったことが
ないのですが、コールやサイリウムのあるライブは
大丈夫なので何とかなるかなと思っていました。


そんな超初心者がももクロライブに初参戦した
レポートを覚書程度にまとめておきたいと思います。
土地土地によって色々違うと思いますが、来年の
春の一大事に参加してみたいと思った方々の
参考や足しになったらいいなと思います。


ももクロ春の一大事2019 in 黒部市
〜笑顔のチカラ つなげるオモイ〜

【DAY1】 2019年4月20日(土)
【DAY2】 2019年4月21日(日)
<両日共通>
open 13:15 / start 15:00 / (17:30終演予定)


https://www.momoclo.net/haruichidaiji2019/

【!】あくまでも黒部市の場合です。
必ず開催地の要綱を確認してください。
自治体や会場によって待機場所等は異なりますので、
あくまでも「黒部市はこうだったよ」という参考に
お願いいたします。



続きを読む >>
レポート色々 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

演劇を始めた頃に言われた注意することあれこれ

以前から注目しているtwitterとブログがありまして、
そのブログにちょっと気になった記事があったので
私も倣ってメモ程度に書いておこうと思います。





演劇初心者で、どんな些細なことでも知っておきたい、
という方がいましたらお役に立てるかもしれません。

あくまでも私が聴いたり教えてもらったりした
ことなので、他では常識ではないかもしれません。
実行するかどうかは置いておいて、知っておくだけでも
何か役に立つ場面があるかもしれないので、
読んでおくのもいいかと思います。


ちなみに、
・演劇を始めた演劇サークルで言われたこと
・劇団、あるいは劇団付属養成所で言われたこと
・演出家(恩師)から言われたこと
が混ざっています。
言われた場所によって、それはアマチュアレベルで
気を付けることなのか、プロレベル(目指す段階でも)
で気をつけることなのか度合いが違う可能性も
あるので、そこは取捨選択してみてください。


◎袖幕を触らない
演劇サークルで言われたことです。
当時、演劇サークルでは「けこみ」といって、
出ハケが見えないように上手、下手に黒い幕を張って
いました。上から吊り下げて下をガムテープで
止めただけだったので、袖幕を触ると落ちてくる
場合があり、そのために触らない、と言われた気が
します。
また、本番中、出ハケの時に袖幕に触ると、
袖幕が揺れて見ている人が気になります。
そういう意味でも、お客さんの集中を切らさないために
触るな、ということを言っていたと思います。


◎足音を立てない
演劇サークルで言われたことです。
ハケた後もそうですが、足音が必要なシーン以外では
舞台上でも足音が気にならないように歩くというのを
言われました。歩き方も結構練習させられました。
また、足音が出ないように、リノやカーペットを
敷くのが演劇サークルでは鉄則でした。

他の舞台でもリノはよく敷かれていたので、
敷かれているからといって無意識にならないように
というのは気を付けていました。


◎挨拶をする
これは劇団の研究生時代に先輩に教えてもらいました。
挨拶をするのは当然ですが、本番前に、音響さん、
照明さん、受付の制作さんに挨拶をしに行くことを
教わりました。これは今も私は気を付けています。


◎小屋入りしたら舞台監督に声かけをする

これは恩師の演出家と公演をやったときに言われたことです。
(ちなみに、この時の舞台監督と劇団研究生のときの
舞台監督さん、実は同じ方でした。笑)

小屋入りしたら舞台監督さんがスケジューラーに
なり、指示などはすべて出されます。
なので、まず小屋入りしたら、舞台監督さんに来たことを
お知らせ(挨拶)します。用事があれば、舞監さんに
一声かけてその用事の場所や仕事をしにいきます。
特に用事がない人は、客席等、劇場内にいて、
呼ばれたり、お手伝いなどを求められたりしたときに
すぐ駆け付けられるようにします。

ちなみに、呼ばれたり、頼まれたときは必ず「はい」と
返事をします。

特に場当たり、きっかけ練のときは、実際のシーンを
返しながらやるので、役者さんは必ず客席にいるように
します。呼ばれたらすぐ舞台にでる。おしゃべりはしない、
など、ピリピリした空気になることがあるので、
テキパキ動かないと怒られます。(当然)


◎黒い服を着る

恩師と公演をしたときに言われたことです。
スタッフで袖付きの時は黒子に徹するので、動きやすい
黒い服にすること。

また、劇団研究生の時に受付をしていた時は、
キレイ目の服でスカート着用にしていました。
これは他でも、ホール系の公演にお手伝いに行くときは
そうしています。本番前は動きやすい黒い服、受付時は
キレイ目のスカート。黒いカーディガンなどを羽織って
おくと、客席誘導の時に重宝するので、持っておくか
着ていることが多いです。
今のフロンティアの時は、黒っぽいパーカーとかに
しています。小さな小屋なので、動きやすさを優先
しています。


◎舞台上には土足で上がらない
恩師と公演の稽古中にに言われたことです。
スリッパなどそういうものであがらない。
衣装としての履物や、履き物を脱いであがるように
言われました。うん、舞台上ってそういうものですよね。

また、制作のみで座組に入った時は、一切舞台上には
あがりませんでした。舞台上は役者の場所なので、
いつもは役者をやっていたとしても、公演に出ない時、
役者でない時、スタッフの時はきちんと線引きをする、
というのを教えてもらいました。

これは結構私はノリでやってしまいがちなのですが、
昔そういうことを教えられたのがとても印象深かったので、
これは今も気を付けるようにしています。
あ、舞台上を掃除するときはスタッフのみとして
関わっている場合も掃除をさせてもらっています。
その時は、役者さんが来る前にすませるようにしています。


◎台本のテキレジは下の文字が見えないように
塗りつぶして消す

これは養成所のアフレコの授業か何かで言われたような
気がします。(忘れました)
アニメのアフレコの時は、台詞を変えたり消したりが
発生することが多いそうです。その時に、適当に消すと
間違って読んでしまうことがあるので、きっちり
読めないように消しておく、と言われたような気がします。
それから、台本もテキレジがあるときは見えないように
消すようにしています。 



今思い出せることはこのくらいです。
忘れているだけで、もしかしたらまだ言われたことが
あるかもしれません。
特殊な場合もありますが、挨拶などはどこへ行っても
通用するようなことだと思うので、役に立てそうな
ものがあったら頭の片隅に入れておいてみては
いかがでしょうか。


舞台・演劇考察 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


よく読まれてます☆ どうでもいいことから壮大なことまで答えてます。











 携帯からも!
qrcode
経済指標